FantomとNEAR Protocolの投資家がプレセール中の「WW3 Shiba」にシフト?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

主流の仮想通貨であるFantom(FTM)とNEAR Protocol(NEAR)は価格下落の問題に直面しています。しかしその一方では、ICO段階にある新しいミームトークン「WW3 Shiba」が大口投資家やリテール投資家から注目を集めています。

仮想通貨市場が調整段階にある中で投資家は慎重になっています。しかし、市場の方向性はすぐに変わる可能性があるため、その変化に対応できないと大きな利益を逃す可能性があります。WW3 Shibaはそのような中で今注目のアルトコインの1つとなっています。

Fantomの価格動向:Sonicアップグレード後にFTMが失速

Sonicアップグレードは、Fantomの価格が市場全体の売り圧力に押されて下落するのを防ぐことができませんでした。Fantomの最新アップグレードは、ネットワークの速度を1秒あたり2,000以上のトランザクションに増加させることを目的としていましたが、FTMは市場状況に伴って下落しました。

アナリストは、アップグレード後にトレーダーが利益を確定するため、Fantomの価格が下がると予測していましたが、予想以上の大幅な下落は見込んでいませんでした。Fantomの価格予測では、FTMが第3四半期には0.30ドル未満で取引されるとされています。執筆時点で、Fantomは0.4645ドルで取引されており、過去1か月で43%下落しています。

NEAR Protocolの予測:依然としてベア市場が支配

NEAR Protocolは年間チャートで238%の上昇を見せましたが、あまり良いニュースは見られなかったようです。レイヤー1のブロックチェーンであるNEAR Protocolは、トレーダーからの注目を集め、2024年3月15日に8.88ドルの最高値に達しました。アナリストはNEAR Protocolの価格が10ドルに向かうと予測していました。

執筆時点で、NEAR Protocolは4.79ドルで取引されており、1か月で34%の下落を示しています。このベア市場が支配するNEAR Protocolの価格動向により、アナリストはさらに売り圧力がかかる可能性があると懸念しています。NEAR Protocolの価格予想では、4ドル未満まで落ち込む可能性があるとの見方も出ています。

WW3 Shibaの画像

WW3 Shibaは投資家を惹きつける

仮想通貨業界は、どこを見ればよいかを知っている投資家にとっては金鉱のようにも見えます。シバイヌ(SHIB)を超える可能性があると期待する声も出ている新しいミームコイン「WW3 Shiba」は、プレセール参加者に580%の利益をもたらす可能性があるとも予想されており、このサイクルで最高のパフォーマンスを発揮するかもしれないと注目されています。

テスト済みのEthereumネットワーク上に構築されたWW3 Shibaは、4.3億枚のWW3Sトークンを発行します。このトークンは、WW3 Shibaエコシステム内でのステーキング報酬の支払いなど、複数のユーティリティを持ちます。WW3 Shibaはスマートコントラクト監査に合格しているため、安全性の高い投資先であるとも考えられています。

WW3 Shibaは、パッシブインカムを得る可能性があるため、投資家からの注目を集めています。従来のゲーマーも、Play-to-Earnプラットフォームを立ち上げる予定のWW3 Shibaに興味を持っています。一部の投資家は、WW3 Shibaに大規模な投資を行なっているとも報告されているため、WW3Sトークンは注目のアルトコインの1つとなっています。なお、プレセール初期段階では、各WW3Sトークンがわずか0.001ドルで販売されています。

WW3 Shibaの詳細については、以下のリンクを参照してください。

ウェブサイト:ww3shiba.com
Twitter:https://x.com/WW3SHIBA
Telegram:https://t.me/ww3shiba_portal


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

AI仮想通貨プラットフォームが人気急上昇、アルトシグナルのプレセールが勢いを増す

AI仮想通貨プラットフォームが人気急上昇、アルトシグナルのプレセールが勢いを増す

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説