ビットコインが使えるお店一気に57倍へ!ビックカメラも参入決定

by BITTIMES   

国内シェア第 2位の仮想通貨取引所 coincheck は株式会社リクルートライフスタイルと業務提携を行い、 2017年中にビットコインが使えるお店を 26万店舗に増やすことを発表した。
また、世界一のビットコイン取引量を誇る bitFlyer もビックカメラ 2店舗にビットコイン決済システムを試験的に導入することが決定している。
 

ビットコインが使えるお店が26万店舗を超える


リクルートライフスタイルは、国内最大規模の決済レジアプリ「 Airレジ」を運営している。
リクルートは今回 coincheck と業務提携を行なうことで、Airレジを導入している 26万店舗にビットコイン決済が導入できる環境を提供する方針だ。
Airレジを導入している店舗はスマートフォンやタブレット端末で商品販売を行うことができ、これまでは決済を行うと消費者のカード・口座から決済額が引き落とされる仕組みだったが、今回は決済時にcoincheck 上のビットコイン口座から自動的にひきおとされるシステムを構築した。
またAirレジでは、世界最大のユーザーを誇るモバイル決済アプリ「 Alipay(アリペイ) 」にも対応し、外国人観光客に標準を合わせている。

ビックカメラとbitFlyerの業務提携

今回のビックカメラのビットコイン決済導入は試験的なもので、4月7日から「有楽町店」「新宿東口店」の 2店舗からスタートする。
試験的な導入ということで決済上限額は 10万円分のビットコインまでとしているが、評判が良ければ他店舗への導入も視野に入れていると発表した。
国内最大手の家電量販店のビックカメラが今回ビットコイン決済導入を決定した理由は、増加する海外旅行客の消費拡大を促すためと国内のビットコインユーザー数の増加を見込んだ上での判断だと考えられる。

仮想通貨元年は着々と現実のものに

bitFlyer が昨年末に「仮想通貨元年」と新聞一面広告を掲載、仮想通貨法案も施行され、いよいよ国内でも本格的なビットコイン決済導入の動きが待った無しの状況になってきた。
2016年末の段階で ビットコインが使えるお店 は、2015年比で 4.6倍だったが、今年は更に規模が拡大し 57倍である。
この急激な店舗数の増加は、仮想通貨ユーザー数の急増に合わせた動きである。
現在ビットコイン人口は 2000万人を超えているが、日本国内だけで見ると、まだまだ数十万人規模である。
また、ビットコインは使用できる店舗の少なさから実経済はほとんど存在せず、短期投資が保有目的になっている。
今回の店舗拡大の報道で一般利用者をいかに増やせるかが、今後の各社の仮想通貨攻略のカギになりそうだ。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

楽天ウォレット:仮想通貨の「現物取引サービス」を開始|主要銘柄3種類に対応

楽天ウォレット:仮想通貨の「現物取引サービス」を開始|主要銘柄3種類に対応

bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

トランプ大統領はビットコインのビックサポーターとなるのか?

トランプ大統領はビットコインのビックサポーターとなるのか?

仮想通貨取引所「コインチェック」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「コインチェック」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す