インドの巨大市場で50%のシェア獲得見込み|リップル(Ripple/XPR)

by BITTIMES   

仮想通貨時価総額ランキング3位*のRippleはインド市場で50%のシェアを獲得する可能性があると報じられています。リップル社の商品部門副代表であるAsheesh Birla(アシェシュ・ビルラ)氏は、同社が発行する仮想通貨XRPを世界経済に根付かせるための方法について語りました。
*2018年7月時点

RippleNetにインド三大銀行を

ripplenet

Rippleの製品担当シニアバイスプレジデントであるアシェシュ・ビルラ氏は、世界で最も高い評価を受けるビジネススクールであるペンシルバニア大学ウォートンスクール(Wharton School of Business)で行われたフィンテック(fintech)やデジタル化に関する会合に参加し、リップルがインド市場でシェアを獲得するための方法について語りました。

ビルラ氏はこの会合の中で、Ripple社が以前からインドの巨大な市場に関心を向けてきたことを語り、同国の20億人もの国民をどのようにして迎え入れれば良いか?という議論が行われていたことを明かしています。

仮想通貨リップル(XRP)の総発行数量は1,000億XRPに設定されており、現在Ripple社は発行量全体の60%に当たる約600億XRPを保有していると言われています。

彼はインドの国民が非常に多いことから「私たちの保有する通貨の全てをインドの人々に渡すべきでしょうか?」という疑問を投げかけた上で「もしくはそれを諦めるベきか?」とも述べています。

しかしそれはあくまでも一つのアイデアであり、彼はその後に「インドの3大銀行がRippleNetに参加できるようにすることによって、市場シェアの80%を獲得することができることに気が付いた」と説明しています。

ビルラ氏は、「今後5年間で10億人のインドの国民が携帯電話を通して銀行にアクセスできるようになるだろう」と語っており、携帯電話を提供している企業や通信会社をターゲットにしてきたことを明かしました。

現時点ではリップルを採用した機関や取引機関を含めると、市場シェアの50%を獲得する見通しが立っていると言われています。

Ripple(XRP)取引ペアが8つ|仮想通貨取引所KOINEX

koinex

Ripple(XRP)を基軸通貨とする世界初の仮想通貨取引所KOINEXはインドを拠点としています。KOINEXは、合計8つのリップル(XRP)ペアを追加しており、リップルに対して強い期待を示しています。

「リップルは流動性が高く、取引が簡単であるため、仮想通貨投資をする人々に長い間人気を維持してきた通貨です。KOINEXは仮想通貨業界で初めて、8つの通貨ペアがある"XRPを基軸通貨とした取引市場"を提供することを誇りに思っています。」

インドの仮想通貨取引所KOINEXの記事はこちら

インドにおけるリップルの普及は、流動性を劇的に向上させることに繋がると考えられます。すでに50%の市場シェアを獲得しているというインドでの、リップルに関するこれらからのニュースにも注目が集まります。

リップル(XRP)の購入は取引量世界1を記録した仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ネム(NEM/XEM)上場:仮想通貨取引所「BTC-Alpha」で取引可能に

ネム(NEM/XEM)上場:仮想通貨取引所「BTC-Alpha」で取引可能に

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Samsung Galaxy Store:トロン(Tron/TRX)関連の「DApps」取扱い開始

Samsung Galaxy Store:トロン(Tron/TRX)関連の「DApps」取扱い開始

Ripple社「ローン関連の新事業」展開か|公式サイトで製品管理ディレクターの求人募集

Ripple社「ローン関連の新事業」展開か|公式サイトで製品管理ディレクターの求人募集

仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

JPモルガン:米仮想通貨取引所2社に「銀行サービス」を初提供=WSJ報道

JPモルガン:米仮想通貨取引所2社に「銀行サービス」を初提供=WSJ報道

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

韓国・寿城大学「AIブロックチェーンキャンパス」設立へ|人工知能協会とMoU締結

韓国・寿城大学「AIブロックチェーンキャンパス」設立へ|人工知能協会とMoU締結

【bitFlyer×ブレヒロ】イーサリアム(ETH)がもらえる「コラボキャンペーン」開催

【bitFlyer×ブレヒロ】イーサリアム(ETH)がもらえる「コラボキャンペーン」開催

元UFCチャンピオン:ついにビットコインを購入「もう傍観してられない」と発言

元UFCチャンピオン:ついにビットコインを購入「もう傍観してられない」と発言

金融庁:日本仮想通貨交換業協会・日本STO協会を「金融商品取引業協会」として認定

金融庁:日本仮想通貨交換業協会・日本STO協会を「金融商品取引業協会」として認定

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

EOSブロックチェーンを「企業間取引」に活用:大手会計事務所グラントソントン

EOSブロックチェーンを「企業間取引」に活用:大手会計事務所グラントソントン

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す