インドの巨大市場で50%のシェア獲得見込み|リップル(Ripple/XPR)

by BITTIMES   

仮想通貨時価総額ランキング3位*のRippleはインド市場で50%のシェアを獲得する可能性があると報じられています。リップル社の商品部門副代表であるAsheesh Birla(アシェシュ・ビルラ)氏は、同社が発行する仮想通貨XRPを世界経済に根付かせるための方法について語りました。
*2018年7月時点

RippleNetにインド三大銀行を

ripplenet

Rippleの製品担当シニアバイスプレジデントであるアシェシュ・ビルラ氏は、世界で最も高い評価を受けるビジネススクールであるペンシルバニア大学ウォートンスクール(Wharton School of Business)で行われたフィンテック(fintech)やデジタル化に関する会合に参加し、リップルがインド市場でシェアを獲得するための方法について語りました。

ビルラ氏はこの会合の中で、Ripple社が以前からインドの巨大な市場に関心を向けてきたことを語り、同国の20億人もの国民をどのようにして迎え入れれば良いか?という議論が行われていたことを明かしています。

仮想通貨リップル(XRP)の総発行数量は1,000億XRPに設定されており、現在Ripple社は発行量全体の60%に当たる約600億XRPを保有していると言われています。

彼はインドの国民が非常に多いことから「私たちの保有する通貨の全てをインドの人々に渡すべきでしょうか?」という疑問を投げかけた上で「もしくはそれを諦めるベきか?」とも述べています。

しかしそれはあくまでも一つのアイデアであり、彼はその後に「インドの3大銀行がRippleNetに参加できるようにすることによって、市場シェアの80%を獲得することができることに気が付いた」と説明しています。

ビルラ氏は、「今後5年間で10億人のインドの国民が携帯電話を通して銀行にアクセスできるようになるだろう」と語っており、携帯電話を提供している企業や通信会社をターゲットにしてきたことを明かしました。

現時点ではリップルを採用した機関や取引機関を含めると、市場シェアの50%を獲得する見通しが立っていると言われています。

Ripple(XRP)取引ペアが8つ|仮想通貨取引所KOINEX

koinex

Ripple(XRP)を基軸通貨とする世界初の仮想通貨取引所KOINEXはインドを拠点としています。KOINEXは、合計8つのリップル(XRP)ペアを追加しており、リップルに対して強い期待を示しています。

「リップルは流動性が高く、取引が簡単であるため、仮想通貨投資をする人々に長い間人気を維持してきた通貨です。KOINEXは仮想通貨業界で初めて、8つの通貨ペアがある"XRPを基軸通貨とした取引市場"を提供することを誇りに思っています。」

インドの仮想通貨取引所KOINEXの記事はこちら

インドにおけるリップルの普及は、流動性を劇的に向上させることに繋がると考えられます。すでに50%の市場シェアを獲得しているというインドでの、リップルに関するこれらからのニュースにも注目が集まります。

リップル(XRP)の購入は取引量世界1を記録した仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国銀行連合会「大量のアルトコイン取扱う仮想通貨取引所のリスク」について警告

韓国銀行連合会「大量のアルトコイン取扱う仮想通貨取引所のリスク」について警告

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

仮想通貨企業がスペインのサッカークラブ「エルチェCF」を買収|運営にトークン活用

仮想通貨企業がスペインのサッカークラブ「エルチェCF」を買収|運営にトークン活用

BINANCE:システムの「大型アップグレード」無事完了|入出金など各種サービス再開へ

BINANCE:システムの「大型アップグレード」無事完了|入出金など各種サービス再開へ

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

注目度の高い仮想通貨ニュース

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

不動産売買サイト「Viila」公開|仮想通貨決済対応・所有権のトークン化なども予定

不動産売買サイト「Viila」公開|仮想通貨決済対応・所有権のトークン化なども予定

ジョージア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタル・ラリ」の発行を検討

ジョージア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタル・ラリ」の発行を検討

【Chiliz&Socios】NASCAR所属のレーシングチーム「Roush Fenway Racing」と提携

【Chiliz&Socios】NASCAR所属のレーシングチーム「Roush Fenway Racing」と提携

ドージコイン(DOGE)価格上昇「70円台」に突入|時価総額ランキング4位に

ドージコイン(DOGE)価格上昇「70円台」に突入|時価総額ランキング4位に

Coinbase:暗号資産データ分析プラットフォーム「skew」を買収

Coinbase:暗号資産データ分析プラットフォーム「skew」を買収

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

暗号資産取引所Phemex「ENJ・BAT・CHZ」など8銘柄取扱い開始|XRP取引も再開

暗号資産取引所Phemex「ENJ・BAT・CHZ」など8銘柄取扱い開始|XRP取引も再開

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

BINANCE:GMO Trustの日本円ステーブルコイン「GYEN」取扱いへ

BINANCE:GMO Trustの日本円ステーブルコイン「GYEN」取扱いへ

タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す