世界初!リップル基軸の仮想通貨取引所がインドに誕生

by BITTIMES   

インドの仮想通貨取引所KOINEXは、インド国内最大となる合計23組の仮想通貨ペアの取り扱いを開始したと発表しました。 さらに全ての仮想通貨ペアの取引手数料を無料にするとも伝えています。

取扱ペア数国内最多の取引所が誕生

KOINEXは「私たちのプラットフォームで仮想通貨ペアの取引開始発表ができたことを喜んでお知らせします」と述べています。

先日インドの主要取引所であるZebpayも仮想通貨ペアの取引を開始しましたが、取引ペアはETH/BTCの一種類のみでした。

私たちは、1つや2つの仮想通貨ペアだけの取扱ではありません。 私たちは、合計15種類の仮想通貨ペアを同時に立ち上げています。これは、インド国内で最大の取扱数です。 これに加え、取引手数料はゼロになります。

その後、4月28日の夜に8つのリップル(XRP)ペアを追加しました。
新たに追加されることとなった通貨ペアは次の通りです。

  • LTC/XRP
  • OMG/XRP
  • REQ/XRP
  • GNT/XRP
  • AE/XRP
  • TRX/XRP
  • NCASH/XRP
  • EOS/XRP

世界初のリップル基軸の取引所へ

新たに8種類の対リップルペアの取引を開始した背景にはリップルに対するKOINEXの大きな期待が伺えます。

「リップルは流動性が高く、取引が簡単であるため、仮想通貨投資をする人々にずっと人気の通貨です。仮想通貨業界で初めて、KOINEXは8つの通貨ペアがある"XRPを基軸通貨とした取引市場"を提供することを誇りに思います。」

また、KOINEXの共同設立者でありCEOのRahul Raj氏は次のように述べています。

「当社のプラットフォームは、多様な市場要件に適応する俊敏性と技術力を持って構築されています。多くのトレーダーが仮想通貨ペアの取引を求めていたので、プラットフォームを統合し、シームレスな取引のために新たなペア市場を提供します。」

インドならではの流動性の高い取引が可能に

KOINEXでは、インドルピー(INR)の入金手段としてUPI(*1)とネットバンクの2つが提供されており、19種類の仮想通貨をインドルピー(INR)で直接購入することができます。
UPIとは、Unified Payments Interface(統合支払インタフェース)の略で、インド国内の銀行間取引を円滑にするために開発されたインスタントリアルタイム支払いシステムです。インド中央銀行によって運用され、モバイルプラットフォーム上の2つの銀行口座間で即座に送金することが可能となっています。

現在のすべての仮想通貨の24時間取引量は約550万ドル(約6億円規模)と発表されています。

取り扱う仮想通貨ペアの内訳

KOINEXでの仮想通貨ペアの内訳は、対ビットコイン(BTC)が9種類、対イーサリアム(ETH)が6種類、対リップル(XRP)が8種類の合計23種類となっています。

BTCETHXRP
BTC-
ETH-
XRP-
LTC
BCHx
OMG
TRX
NACASHx
EOS
REQx
CNTxx
AExx

リップル(Ripple/XRP)への影響は?

4月初旬に50円近くまで下落していたリップル(Ripple/XRP)は、その後3週間ほどで100円を超える大幅な上昇を記録し、4月30日現在の価格は約94円前後で推移しています。

リップルの購入には、bitbank(ビットバンク)がおすすめです

bitbank(ビットバンク)は仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の取引量で世界一になった取引所です。

それだけでなく、現在開催中の取引手数料無料キャンペーンや高いセキュリティーを備えていることなどの魅力も備えた取引所でもあります。

ビットバンクで取り扱っている仮想通貨は次の通りです

  • ビットコイン(bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(bitcoin cash/BCH)
  • イーサリアム(ethereum/ETH)
  • リップル(ripple/XRP)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • モナコイン(monacoin/MONA)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×ChainlinkNEW

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

暗号資産運用大手:大口ファンドの「BTC・ETH比重」増加|XRPはマイナス調整

暗号資産運用大手:大口ファンドの「BTC・ETH比重」増加|XRPはマイナス調整

リップル(ripple)今後の行方「詐欺で業者代表逮捕」

リップル(ripple)今後の行方「詐欺で業者代表逮捕」

スイスのデジタル資産銀行「シグナムバンク」仮想通貨XRPの取扱い開始

スイスのデジタル資産銀行「シグナムバンク」仮想通貨XRPの取扱い開始

仮想通貨市場への参入「2019年内に」米国のマネックス子会社が発表

仮想通貨市場への参入「2019年内に」米国のマネックス子会社が発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」エントリー受付開始

価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」エントリー受付開始

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

前澤友作氏:暗号資産交換業大手の幹部らと「電子決済関連の新事業」立ち上げへ

前澤友作氏:暗号資産交換業大手の幹部らと「電子決済関連の新事業」立ち上げへ

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す