世界初!リップル基軸の仮想通貨取引所がインドに誕生

by BITTIMES   

インドの仮想通貨取引所KOINEXは、インド国内最大となる合計23組の仮想通貨ペアの取り扱いを開始したと発表しました。 さらに全ての仮想通貨ペアの取引手数料を無料にするとも伝えています。

取扱ペア数国内最多の取引所が誕生

KOINEXは「私たちのプラットフォームで仮想通貨ペアの取引開始発表ができたことを喜んでお知らせします」と述べています。

先日インドの主要取引所であるZebpayも仮想通貨ペアの取引を開始しましたが、取引ペアはETH/BTCの一種類のみでした。

私たちは、1つや2つの仮想通貨ペアだけの取扱ではありません。 私たちは、合計15種類の仮想通貨ペアを同時に立ち上げています。これは、インド国内で最大の取扱数です。 これに加え、取引手数料はゼロになります。

その後、4月28日の夜に8つのリップル(XRP)ペアを追加しました。
新たに追加されることとなった通貨ペアは次の通りです。

  • LTC/XRP
  • OMG/XRP
  • REQ/XRP
  • GNT/XRP
  • AE/XRP
  • TRX/XRP
  • NCASH/XRP
  • EOS/XRP

世界初のリップル基軸の取引所へ

新たに8種類の対リップルペアの取引を開始した背景にはリップルに対するKOINEXの大きな期待が伺えます。

「リップルは流動性が高く、取引が簡単であるため、仮想通貨投資をする人々にずっと人気の通貨です。仮想通貨業界で初めて、KOINEXは8つの通貨ペアがある"XRPを基軸通貨とした取引市場"を提供することを誇りに思います。」

また、KOINEXの共同設立者でありCEOのRahul Raj氏は次のように述べています。

「当社のプラットフォームは、多様な市場要件に適応する俊敏性と技術力を持って構築されています。多くのトレーダーが仮想通貨ペアの取引を求めていたので、プラットフォームを統合し、シームレスな取引のために新たなペア市場を提供します。」

インドならではの流動性の高い取引が可能に

KOINEXでは、インドルピー(INR)の入金手段としてUPI(*1)とネットバンクの2つが提供されており、19種類の仮想通貨をインドルピー(INR)で直接購入することができます。
UPIとは、Unified Payments Interface(統合支払インタフェース)の略で、インド国内の銀行間取引を円滑にするために開発されたインスタントリアルタイム支払いシステムです。インド中央銀行によって運用され、モバイルプラットフォーム上の2つの銀行口座間で即座に送金することが可能となっています。

現在のすべての仮想通貨の24時間取引量は約550万ドル(約6億円規模)と発表されています。

取り扱う仮想通貨ペアの内訳

KOINEXでの仮想通貨ペアの内訳は、対ビットコイン(BTC)が9種類、対イーサリアム(ETH)が6種類、対リップル(XRP)が8種類の合計23種類となっています。

BTCETHXRP
BTC-
ETH-
XRP-
LTC
BCHx
OMG
TRX
NACASHx
EOS
REQx
CNTxx
AExx

リップル(Ripple/XRP)への影響は?

4月初旬に50円近くまで下落していたリップル(Ripple/XRP)は、その後3週間ほどで100円を超える大幅な上昇を記録し、4月30日現在の価格は約94円前後で推移しています。

リップルの購入には、bitbank(ビットバンク)がおすすめです

bitbank(ビットバンク)は仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の取引量で世界一になった取引所です。

それだけでなく、現在開催中の取引手数料無料キャンペーンや高いセキュリティーを備えていることなどの魅力も備えた取引所でもあります。

ビットバンクで取り扱っている仮想通貨は次の通りです

  • ビットコイン(bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(bitcoin cash/BCH)
  • イーサリアム(ethereum/ETH)
  • リップル(ripple/XRP)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • モナコイン(monacoin/MONA)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

bitFlyerでも仮想通貨のクレジットカード購入停止へ

bitFlyerでも仮想通貨のクレジットカード購入停止へ

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

エルサルバドル政府:ビットコイン法定通貨化に向けた「動画広告」を公開

エルサルバドル政府:ビットコイン法定通貨化に向けた「動画広告」を公開

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」イーサリアム決済に対応

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」イーサリアム決済に対応

仮想通貨ステーキングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨ステーキングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

Shopping.io「エンジンコイン」をサポート|ENJ決済でAmazon商品などが購入可能に

Shopping.io「エンジンコイン」をサポート|ENJ決済でAmazon商品などが購入可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す