タイ銀行:仮想通貨投資やトークン発行を条件付きで許可

by BITTIMES   

仮想通貨の規制に取り組んでいるタイ中央銀行(Bank of Thailand/BOT)は、同国の商業銀行や金融機関が証券取引委員会からの承認を得ることによって、子会社を通じた暗号通貨の売買が許可されることを発表しました。以前から定められていた複数の取り決めは引き続き適用されているものの、投資に関連するいくつかの項目が新たに許可されています。

こちらから読む:タイに関連するこれまでの仮想通貨ニュース

BOTが8月1日に公表した発表では、タイ国内のすべての銀行や金融機関は、仮想通貨を直接取り扱うことを禁止していました。この規制は依然として有効ではあるものの、最新の発表ではそれらの銀行や金融機関は、子会社を経由することによって、仮想通貨に投資することができるようになっています。

金融機関の子会社は、次のようなものを対象に投資を行うことができます。

  • デジタルトークン
  • デジタル資産に関与する子会社
  • デジタルトークン提供システム
  • デジタル資産

タイの銀行は現在、仮想通貨取引の子会社を設立することは許可されていますが、顧客や一般向けに仮想通貨関連のサービスを提供することは禁止されており、タイの証券取引委員会や保険委員会(OIC)によって承認されたその他のビジネスとだけ対話を進めることができるようになっています。

現地のニュースメディアである「Blognone」は、子会社は個人に仮想通貨関連サービスを提供することも禁止されていると報じています。

同国の証券取引委員会は金融機関が仮想通貨を含む金融取引に従事することは依然として禁止しているため、銀行や金融機関自体が直接仮想通貨を取り扱うことを許可していませんが、投資のアドバイスや提案を行うことは許可しています。

これらの新しい決定は、金融業界と経済部門を増強するとともに、同国と仮想通貨コミュニティにとって重要な一歩となるでしょう。

タイに関連する最近の仮想通貨ニュース

BOTは今年初めに、タイの銀行機関が仮想通貨への投資や取引、仮想通貨取引所の設立などを禁止し、顧客が仮想通貨の購入にクレジットカードを使用することなども禁止しています。

タイ政府は、5月に仮想通貨を「デジタル資産とデジタルトークン」と定義して、タイ証券取引委員会の規制下に置く規制枠組みを発表しました。

6月には、中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)を利用して「インターバンク決済を行う新しい方法」を提供することを検討していることが明らかになっています。銀行は独自の仮想通貨を導入することによってトランザクションコストが削減され、「現在のシステムと比較して必要とされる仲介プロセスが少ないため、トランザクションと検証時間が短縮される」と説明しています。

7月の初めには、タイ政府がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の規制を制定しており、ICOが完全に規制された環境で活動することができる世界初の司法権の1つとなっています。

この数ヶ月間で大きな進展を見せているタイの仮想通貨への取り組みには今後も注目が集まります。同国に最近設立されたばかりの仮想通貨取引所bitkub(ビットカブ)には、最近ビットコインキャッシュ(BCH)カルダノエイダコイン(ADA)が追加されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Poloniex「Symbolのエアドロップ」サポートへ|公開後はXYM取扱いも予定

Poloniex「Symbolのエアドロップ」サポートへ|公開後はXYM取扱いも予定

仮想通貨決済対応の旅行予約サイト「Travala.com」Agoda(アゴダ)と提携

仮想通貨決済対応の旅行予約サイト「Travala.com」Agoda(アゴダ)と提携

BINANCE:テゾス(Tezos/XTZ)の「先物取引」提供へ

BINANCE:テゾス(Tezos/XTZ)の「先物取引」提供へ

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

エルサルバドル「約17億円相当のビットコイン」を追加購入|保有量は1,801BTCに

エルサルバドル「約17億円相当のビットコイン」を追加購入|保有量は1,801BTCに

Coinbase NFT「マスターカード」との提携でクレカ決済対応へ|2022年春リリース

Coinbase NFT「マスターカード」との提携でクレカ決済対応へ|2022年春リリース

NFTコレクション「BAYC・MAYC」のiOS向けモバイルゲーム近日公開へ

NFTコレクション「BAYC・MAYC」のiOS向けモバイルゲーム近日公開へ

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

Twitter Blue「NFTをプロフィール画像に設定できる機能」提供開始

Twitter Blue「NFTをプロフィール画像に設定できる機能」提供開始

ビットフライヤー:ビットコインがもらえる「bitFlyerかんたん積立キャンペーン」開始

ビットフライヤー:ビットコインがもらえる「bitFlyerかんたん積立キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す