フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

by BITTIMES

アルトコインとフィアット(法定通貨)の取引ペアを追加する仮想通貨取引所が徐々に増えてきています。このような動きは、今後の市場をより確実なものへと進化させる可能性を秘めています。

こちらから読む:仮想通貨取引所に関する過去のニュースはこちら

仮想通貨取引所は多くの人々が仮想を購入するための重要な役割を担ってきました。
これらの取引所は、法定通貨を仮想通貨に交換するための主な手段として仮想通貨経済にとって必要不可欠な存在となっています。

取引所はこれまでにも、数年間に渡って様々な形に進化してきました。
初期段階では、ビットコイン(BTC)だけの取り扱いだった国内の大手仮想通貨通貨取引所も、現在は複数のアルトコインにも対応しています。

そしてここ最近では、海外を拠点に活動している複数の大手仮想通貨取引所が法定通貨とアルトコインの取引ペアの提供を開始し始めています。これらの取り組みによって、仮想通貨の世界ではより多くのアルトコインが採用され、さらなる市場の成長につながることが期待されています。

現在のような限られた通貨でしか購入することができないという現状は、アルトコインの成長を妨げる要因の一つとなっていると考えられています。

Bittrex(ビットレックス)
Binance(バイナンス)
Poloniex(ポロニエックス)
などの主要な仮想通貨取引所では、アルトコインを購入するためにはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨が必要となりますが、徐々に法定通貨での購入にも対応しはじめています。

Bitfinexの対応通貨のリストには現在、
・米ドル(USD)
・ユーロ(EUR)
・英ポンド(GBP)
・日本円(JPY)
が追加されています。

日本円で購入できる通貨には、ビットコインやイーサリアムの他に、
イオス(EOS)
ネオ(NEO)
アイオータ(IOTA)
ステラ(XML)
・バージ(XVG)
などがリストされています。
また、BINANCEはウガンダで初めての法定通貨との取引サービスの提供を発表しています。

法定通貨での取引が多数のアルトコインに対応することによって大きな影響がもたらされることは確かです。仮想通貨市場全体の時価総額を増加させる可能性が高く、多くの取引所でそれらの通貨の価格が上昇することが予想されます。

また、ビットコインは仮想通貨取引の世界に参加するための重要な通貨としての存在ではなくなるため、ビットコインの価格に仮想通貨全体が左右されることも少なくなり、本当に需要の高い通貨が正当に評価され、価格として反映されることになるでしょう。

また、これによって政府には評価されている仮想通貨を正当な資産として認識する必要があるという強い圧力がかかります。ブロックチェーン技術が進化するにつれて、それらの新しい通貨が"新しいお金"として受け入れられていく可能性はさらに高まっていくことになるでしょう。

アルトコインと法定通貨の取引ペアの導入は重要な発展ではありますが、それらの導入はゆっくりと拡大していくといわれています。この発展に伴い、それに関連する規制や技術の両方には多くの課題が生まれることになると考えられるため、それらへの対処も必要になります。

Bittrexは初期の段階では少しの米ドル取引ペアが利用可能になり、他国への拡大は徐々に行われると発表しました。しかしこれらの取り組みがゆっくりと着実に進むにつれて、今後の仮想通貨市場は少しづつ成熟していくことになると考えられています。

フランスの仮想通貨取引所であるBitit(ビットイット)は、このようなことを考慮した上ですでに多くの法定通貨でのアルトコインの購入に対応しています。

多くの法定通貨に対応しているBititの記事はこちら

日本では購入することができない多くのアルトコインはBINANCE(バイナンス)などから購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

次の標的は

次の標的は"仮想通貨取引禁止"のインド中央銀行|John McAfee

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

オーストラリア初「安定仮想通貨」発行へ!2019年に公開予定

オーストラリア初「安定仮想通貨」発行へ!2019年に公開予定

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

注目度の高い仮想通貨ニュース

眠っていた「クジラ」が活動開始|BTC・XRPなど複数の仮想通貨で大量の資金移動

眠っていた「クジラ」が活動開始|BTC・XRPなど複数の仮想通貨で大量の資金移動

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

米空軍工科大学:ブロックチェーン学習を支援する「教育ツール」を公開

米空軍工科大学:ブロックチェーン学習を支援する「教育ツール」を公開

米国証券取引委員会:CBOEの「ビットコインETF」判断期日の延期を発表

米国証券取引委員会:CBOEの「ビットコインETF」判断期日の延期を発表

国際問題解決に向けブロックチェーン企業6社に「10万ドル」を投資|UNICEF

国際問題解決に向けブロックチェーン企業6社に「10万ドル」を投資|UNICEF

最適なブロックチェーン活用方法は「仮想通貨と国際送金」Vitalik Buterin

最適なブロックチェーン活用方法は「仮想通貨と国際送金」Vitalik Buterin

【重要】Huobi(フォビ):日本居住者向けの「仮想通貨取引サービス」終了へ

【重要】Huobi(フォビ):日本居住者向けの「仮想通貨取引サービス」終了へ

アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

リップルの採用が進むまでブロックチェーンは使わない|TransferWise CEO

リップルの採用が進むまでブロックチェーンは使わない|TransferWise CEO

仮想通貨取引所bitFlyer:日本円の入金が「24時間365日」利用可能に

仮想通貨取引所bitFlyer:日本円の入金が「24時間365日」利用可能に

CARDANO(ADA)ウォレット「DAEDALUS」Ver0.11.1リリース|ユーザーは再ダウンロードを

CARDANO(ADA)ウォレット「DAEDALUS」Ver0.11.1リリース|ユーザーは再ダウンロードを

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

人気のタグから探す