フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

by BITTIMES   

アルトコインとフィアット(法定通貨)の取引ペアを追加する仮想通貨取引所が徐々に増えてきています。このような動きは、今後の市場をより確実なものへと進化させる可能性を秘めています。

こちらから読む:仮想通貨取引所に関する過去のニュースはこちら

仮想通貨取引所は多くの人々が仮想を購入するための重要な役割を担ってきました。
これらの取引所は、法定通貨を仮想通貨に交換するための主な手段として仮想通貨経済にとって必要不可欠な存在となっています。

取引所はこれまでにも、数年間に渡って様々な形に進化してきました。
初期段階では、ビットコイン(BTC)だけの取り扱いだった国内の大手仮想通貨通貨取引所も、現在は複数のアルトコインにも対応しています。

そしてここ最近では、海外を拠点に活動している複数の大手仮想通貨取引所が法定通貨とアルトコインの取引ペアの提供を開始し始めています。これらの取り組みによって、仮想通貨の世界ではより多くのアルトコインが採用され、さらなる市場の成長につながることが期待されています。

現在のような限られた通貨でしか購入することができないという現状は、アルトコインの成長を妨げる要因の一つとなっていると考えられています。

Bittrex(ビットレックス)
Binance(バイナンス)
Poloniex(ポロニエックス)
などの主要な仮想通貨取引所では、アルトコインを購入するためにはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨が必要となりますが、徐々に法定通貨での購入にも対応しはじめています。

Bitfinexの対応通貨のリストには現在、
・米ドル(USD)
・ユーロ(EUR)
・英ポンド(GBP)
・日本円(JPY)
が追加されています。

日本円で購入できる通貨には、ビットコインやイーサリアムの他に、
イオス(EOS)
ネオ(NEO)
アイオータ(IOTA)
ステラ(XML)
・バージ(XVG)
などがリストされています。
また、BINANCEはウガンダで初めての法定通貨との取引サービスの提供を発表しています。

法定通貨での取引が多数のアルトコインに対応することによって大きな影響がもたらされることは確かです。仮想通貨市場全体の時価総額を増加させる可能性が高く、多くの取引所でそれらの通貨の価格が上昇することが予想されます。

また、ビットコインは仮想通貨取引の世界に参加するための重要な通貨としての存在ではなくなるため、ビットコインの価格に仮想通貨全体が左右されることも少なくなり、本当に需要の高い通貨が正当に評価され、価格として反映されることになるでしょう。

また、これによって政府には評価されている仮想通貨を正当な資産として認識する必要があるという強い圧力がかかります。ブロックチェーン技術が進化するにつれて、それらの新しい通貨が"新しいお金"として受け入れられていく可能性はさらに高まっていくことになるでしょう。

アルトコインと法定通貨の取引ペアの導入は重要な発展ではありますが、それらの導入はゆっくりと拡大していくといわれています。この発展に伴い、それに関連する規制や技術の両方には多くの課題が生まれることになると考えられるため、それらへの対処も必要になります。

Bittrexは初期の段階では少しの米ドル取引ペアが利用可能になり、他国への拡大は徐々に行われると発表しました。しかしこれらの取り組みがゆっくりと着実に進むにつれて、今後の仮想通貨市場は少しづつ成熟していくことになると考えられています。

フランスの仮想通貨取引所であるBitit(ビットイット)は、このようなことを考慮した上ですでに多くの法定通貨でのアルトコインの購入に対応しています。

多くの法定通貨に対応しているBititの記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月4日〜10日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月4日〜10日

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

PRIVATIX(プライバティックス)とは?「未使用のネット通信を販売できるトークン」

PRIVATIX(プライバティックス)とは?「未使用のネット通信を販売できるトークン」

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

革新的なビットコイン決済を取り入れたラスベガスのクラブとは

革新的なビットコイン決済を取り入れたラスベガスのクラブとは

人気歌手AKON:ステラブロックチェーン上で仮想通貨「Akoin」発行へ

人気歌手AKON:ステラブロックチェーン上で仮想通貨「Akoin」発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

コインチェック:国内初「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取り扱いへ

コインチェック:国内初「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取り扱いへ

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す