百度(Baidu)も仮想通貨規制を強化!中国で相次ぐSNSアカウントの停止

by BITTIMES   

中国(China)のGoogleとも言われる大手テクノロジー企業「Baidu(百度)」は、Tencent(テンセント)やAlibaba(アリババ)などの企業と同様に仮想通貨(Cryptocurrency)やイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に関する取り締まりを強化しています。同社は自社サービス内で開かれていた「暗号通貨関連のチャットフォーラム」を少なくとも2つは閉鎖していると報じられています。

こちらから読む:その他の国や企業での仮想通貨規制の現状は?過去のニュースから

Baidu(百度/バイドゥ)とは

Baidu

Baidu(百度/バイドゥ)は、中国で最も多く利用されている「検索エンジン」を提供している大手企業です。世界における検索エンジン業界でも非常に有名な企業でもあり、Google(グーグル)の次に多いシェアを誇っています。

Googleなどと同様に、インターネット上に公開されたテキストファイルや画像、動画などのあらゆるコンテンツを閲覧することができるサービスを提供している同社は、画像などの知的財産権を保護・管理するためにブロックチェーン技術を活用した「Totem(トーテム)」というサービスも発表しています。

Baiduは自社でブロックチェーン技術を活用しているものの、仮想通貨業界に未だに多く存在する「誇大広告」や「ICO参加への勧誘」に対しては厳しい対応をとっています。

仮想通貨関連のチャットフォーラムを閉鎖

bitcoin-no

現地メディアの報道によると、「Baiduは少なくとも2つの仮想通貨関連のチャットフォーラムを閉鎖している」と伝えられています。

また閉鎖の理由については「関連法、規則、ポリシーに準拠するため」と説明されています。中国政府はここ最近で仮想通貨に対する規制をさらに強化しているため、Baiduは国の法律に準拠してサービスを提供していくために今回の対応を取ったと見られています。

Baiduの担当者は、フォーラムの中でICOに関連する勧誘行為が行われていたことなどを語り、中国政府が定める規制に沿ってサービスを継続していく方針を明らかにしています。

「Alibaba」や「Tencent」なども

wechat-alipay

仮想通貨に関する規制を強化しているのはBaiduだけではありません。

10億人のユーザーに利用されている「Tencent(テンセント)」のSNSアプリである「WeChat(ウィーチャット)」は、ICO関連のアカウントや仮想通貨取引を禁止することを発表しています。同社はそれらの取引をリアルタイムで監視することによって、疑わしい通信履歴が発見された場合にはブロックすると説明しており、既に「Huobi NEWS(フォビ・ニュース)」などの有名なアカウントを永久に停止しています。

Eコマースの大手企業「Alibaba(アリババ)」の傘下である「Ant Financial(アント・フィナンシャル)」は、決済アプリである「Alipay(アリペイ)」の仮想通貨取引に関わりのあるアカウントを禁止すると発表しています。

Alipayは同社のネットワーク上でビットコイン(BTC)の店頭取引(OTC)を行なっているアカウントをブロックすることを24日に発表しており、主要なWebサイトやアカウントを監視するためのシステムを立ち上げるとも述べています。

同社はこの他にも仮想通貨に関連する様々な危険をユーザーに伝え、教育を行うための「リスク防止プログラム」を導入することも計画していると伝えられています。

ブロックチェーン技術の活用は世界中で進められているものの、国の資本が外部に流出することなどの懸念もある仮想通貨に対しては、国や地域によって受け入れるか否かの方針に大きな違いがでています。世界各国の政府や大手企業からの仮想通貨関連の新しい規制の発表は、今後も特に注目すべきニュースの一つなるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ネスレ:コーヒーブランドでも「ブロックチェーン技術」活用へ

ネスレ:コーヒーブランドでも「ブロックチェーン技術」活用へ

仮想通貨の「証拠金取引・空売り」が禁止に?カナダ証券管理局が規制提案

仮想通貨の「証拠金取引・空売り」が禁止に?カナダ証券管理局が規制提案

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ビットコイン(BTC)の底値は「ゼロ」投資会社Creative Planning CIO:Peter Mallouk

ビットコイン(BTC)の底値は「ゼロ」投資会社Creative Planning CIO:Peter Mallouk

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

仮想通貨取引所HTX:ハッキング攻撃で「約12億円相当のETH」が流出

仮想通貨取引所HTX:ハッキング攻撃で「約12億円相当のETH」が流出

注目度の高い仮想通貨ニュース

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

ビットフライヤー「自己対当取引防止機能」を導入|相場操縦行為を未然に防ぐ

ビットフライヤー「自己対当取引防止機能」を導入|相場操縦行為を未然に防ぐ

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す