仮想通貨投資で200万円を5億円に変えた投資家たち

by BITTIMES   

仮想通貨投資アンケートという名目で「ビットコイン研究所」を運営する大石哲之氏が興味深い社会調査を行ないました。
大石氏が行なったツイッターの調査によれば、366名が仮想通貨投資で億超えの利益を出している回答した。なんとそのうちの 28%の 102人が、仮想通貨投資で 5億円以上の資産を構築していることが判明した。(ビットコイン研究所調べ
更に驚くべきことに彼らが投資した金額は200万円程度と投資名目としては少額であり、短期間で資産を平均50倍に増加させたことになる。

仮想通貨投資で億万長者が多数誕生

今回の社会調査の範囲は大石氏のツイッターフォロワー内での調査で回答数は 366人と若干少ないことと、彼のフォロワーが日本でも意識の高い仮想通貨投資家であることから偏った調査結果には間違いないが、
それでも資産 5億円を超える仮想通貨ホルダーが 100人を超えている事実はかなり衝撃的な内容だった。

更に調査結果を見てみると最も多い層が仮想通貨資産 1億円のゾーンである。
投資業界では「長期投資を始める最適な資産は 1億円から」という言葉があるが、まさにの仮想通貨で本格的な投資家の仲間入りをしている方が、仮想通貨業界に 350人以上存在するのが驚きである。
彼のフォロワーは 22,000人ほどなので、アンケートに答えた 366人から比率を考えると「積極的に仮想通貨の情報を取りに行っている人たちで億の資産を築けた人の割合は、1.66%」という数字が出てくる。
彼のフォロワーは仮想通貨業界でも積極的な人が多いがそれでも「億万長者率 1.66%」は驚異的な数字ではなかろうか。

仮想通貨投資家は「いくら」投資したのか?

今回、仮想通貨業界から生まれた億万長者投資家は元々「投資はいくらから始めたのか?」ということも大石氏はアンケートを取っているが、その内容が仮想通貨らしい結果になっている。
面白いことに 6割の投資家が元本「 200万円ほど」から始めていることが分かっている。

この200万円の割合と 1億円の資産を持っている人の割合が同じであることから、大石氏は
「典型的な仮想通貨長者は 200万円の投資を 1億円にし、50倍のリターンを得ている。」という結果にたどり着いている。
この「50倍」という数値が仮想通貨投資の 1つの指標になるだろう。
下記内容は同調査結果でも語られているが、ここ最近で大幅な価格変動を見せている通貨によって多くの仮想通貨長者が生まれたという結論に行き着いている。
特に、
リップル(Ripple/XRP)
ネム(NEM/XEM)
の2通貨に関しては日本で人気が高く、発売当初から数百万円分を保有していた層が今回、全て億万長者になっていると予測している。
価格が安い時期や ICO の時にアルトコインを保有し、その後アルトコインの価格上昇によって引き上げられたパターンが最も割合が多いパターンだろうと予測できる。
また、同アンケートで大きく投資した層(2000万円)の割合は 2割に満たない人数であり、これは 5億円以上の資産を保有する投資家の割合よりも少数となっている。
この数値からも仮想通貨投資家のほとんどは 50倍以上のリターンを得ていることがわかる。
しかし、最もリターンの数値が小さな2000万円 → 1億円ですら短期で 5倍という驚異的な投資結果であることからも仮想通貨投資がいかに効率的な投資になっているかが理解できる。

仮想通貨長者たちの今後

大石氏のアンケートでは最後に「今、保有している資産をどうするのか?」という内容もあった。結果については下記画像で確認していただきたい。

こちらのアンケート結果では「仮想通貨でホールドする」がおよそ 8割を占めることが分かりました。つまり、現時点で仮想通貨にプールされている資産の移動は2割程度と考えて良いということになります。これは仮想通貨業界にとって極めて重要な調査結果です。

仮想通貨で財を成した人はそのまま仮想通貨で資産形成を望む人が多い。という調査結果は、仮想通貨業界の将来にとっても市場維持・拡大にとって大切な要素だからである。(利益確定で通常通貨に流れてしまうと仮想通貨はあくまで投機の道具として扱われるため)
ただし、仮想通貨全般に言えることだが、まだまだ仮想通貨業界は通常の経済圏と比べると市場規模が小さく変動率が大きい。
よって保有資産の上下はいくらでも起きることから、この数値は一定ではない可能性もあるので、あくまでご参考までに。
現状の市場を見渡すと今後もこのような「仮想通貨長者」は次々と生まれ、それに伴い仮想通貨の価格上昇・業界人口もますます増加の一途をたどっていくだろう。
今回、仮想通貨業界にとって極めて重要な社会調査を行なっていただいた大石哲之氏に謝意を示す。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

迫る「半減期」がビットコイン価格上昇をもたらす|転換期は5月:アナリスト予想

迫る「半減期」がビットコイン価格上昇をもたらす|転換期は5月:アナリスト予想

ビットコイン(BTC)価格「再び下落」今後どこまで下がるのか?

ビットコイン(BTC)価格「再び下落」今後どこまで下がるのか?

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

「ビットコイン価格は1億円に達する可能性がある」マーク・ユースコ氏が大胆予測

「ビットコイン価格は1億円に達する可能性がある」マーク・ユースコ氏が大胆予測

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

仮想通貨Gram専用ウォレットが「iOS端末」でテスト可能に

仮想通貨Gram専用ウォレットが「iOS端末」でテスト可能に

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す