イーサリアムは必ず生き残る、私がいなくても ー ヴィタリック・ブテリン

by BITTIMES

イーサリアム(ETH)の考案者として知られるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、Twitter(ツイッター)上で行われた一連の会話の中で『最終的にプロジェクトを離れることを計画しているか?』という問いに対して、そういった動きがすでに始まっていることを語り『自分自身がいなくてもEthereumネットワークは必ず生き残る』と回答しました。

こちらから読む:イーサリアムの考案者「ヴィタリック・ブテリン」とは

Vitalik Buterin:イーサリアムからの離脱

Vitalik-Buterin

ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、イーサリアムをベースとしたアルトコインプロジェクトのサポートなどに関する様々な問題についての話し合いを行っている中で、彼が"保有しているETHを使って「ポンピング(*1)」しているのではないか?"という避難を受けました。
(*1)ポンピング:時価総額の低い仮想通貨をあらかじめ安い価格で購入した後に、その他の人々に「買い」を煽って価格が高騰した時に売り抜ける手法

これらの議論の中で、ある一人のユーザーから『最終的にプロジェクトを離れる計画はあるか?』という質問も受けた際に、すでに計画は進行中だと語った上で「Ethereum」はすでに自立して機能しているため、プロジェクトから彼自身が身を引いたとしても、Ethereumは必ず継続して繁栄していくことができるとの考えを語りました。

もうすでに進行中です。レポートを見ると、@dannyryan(Danny Ryan)、@drakefjustin(Justin Drake)、@icebearhww(Hsiao-Wei Wang)などの人々よって多くの研究が行われています。

明日私がこの場から突然いなくなったとしても、イーサリアムは絶対に生き残っていくことができると私は思います。

イーサリアム関連の技術を扱っている開発者はすでに世界中に数多く存在しています。現在ではそれらの多くの人々がそれぞれの企業や団体で積極的にイーサリアムを用いた製品を開発しています。また、Ethereum財団も新しい技術者の育成などに力を注いでおり、世界各国の大学でスマートコントラクト分散型アプリケーション(DApps)の構築方法を学ぶことができる授業なども行われています。

このようなことから、ブテリン氏が述べているように彼自身がプロジェクトを離れた後もEthereumの研究開発はさらに勢いを増して進められていくことが予想されます。しかしながら、長い間イーサリアム業界の最先端で活動を行なってきたブテリン氏でもあるため、実際にプロジェクトを抜けることが決定した際には、業界にも大きなショックを与えることは間違いなさそうです。

その時がいつ訪れるのかについてはまだわからないものの、まだ年齢も若いブテリン氏がEthereumを離れた後に「どのような事業に取り組んでいくのか」などにも注目です。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格|2018年10月6日

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は、先月12日頃に19,000円近くまで下落したものの、その後は25,000円前後で推移しており、2018年10月6日時点では「1ETH=約25,700円」で取引されています。

2018年10月6日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月6日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|11月4日〜11月10日

仮想通貨ニュース週間まとめ|11月4日〜11月10日

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

スマートコントラクト分散型取引所Dex.topが今月中に取引を開始

スマートコントラクト分散型取引所Dex.topが今月中に取引を開始

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

イーサリアムとビットコインの決定的な違い

イーサリアムとビットコインの決定的な違い

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:抽選で「約1万円相当のBNBがもらえる」キャンペーン開催

BINANCE:抽選で「約1万円相当のBNBがもらえる」キャンペーン開催

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

仮想通貨取引所の法人口座「凍結」か:ブラジル4大銀行バンコ・ブラデスコ

仮想通貨取引所の法人口座「凍結」か:ブラジル4大銀行バンコ・ブラデスコ

欧州サッカー連盟:イーサリアムブロックチェーンで「UEFA EURO 2020」のチケット発行へ

欧州サッカー連盟:イーサリアムブロックチェーンで「UEFA EURO 2020」のチケット発行へ

ブロックチェーン認証された「ジャージ・ユニフォーム」を導入:ACFフィオレンティーナ

ブロックチェーン認証された「ジャージ・ユニフォーム」を導入:ACFフィオレンティーナ

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す