イーサリアムは必ず生き残る、私がいなくても ー ヴィタリック・ブテリン

by BITTIMES

イーサリアム(ETH)の考案者として知られるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、Twitter(ツイッター)上で行われた一連の会話の中で『最終的にプロジェクトを離れることを計画しているか?』という問いに対して、そういった動きがすでに始まっていることを語り『自分自身がいなくてもEthereumネットワークは必ず生き残る』と回答しました。

こちらから読む:イーサリアムの考案者「ヴィタリック・ブテリン」とは

Vitalik Buterin:イーサリアムからの離脱

Vitalik-Buterin

ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、イーサリアムをベースとしたアルトコインプロジェクトのサポートなどに関する様々な問題についての話し合いを行っている中で、彼が"保有しているETHを使って「ポンピング(*1)」しているのではないか?"という避難を受けました。
(*1)ポンピング:時価総額の低い仮想通貨をあらかじめ安い価格で購入した後に、その他の人々に「買い」を煽って価格が高騰した時に売り抜ける手法

これらの議論の中で、ある一人のユーザーから『最終的にプロジェクトを離れる計画はあるか?』という質問も受けた際に、すでに計画は進行中だと語った上で「Ethereum」はすでに自立して機能しているため、プロジェクトから彼自身が身を引いたとしても、Ethereumは必ず継続して繁栄していくことができるとの考えを語りました。

もうすでに進行中です。レポートを見ると、@dannyryan(Danny Ryan)、@drakefjustin(Justin Drake)、@icebearhww(Hsiao-Wei Wang)などの人々よって多くの研究が行われています。

明日私がこの場から突然いなくなったとしても、イーサリアムは絶対に生き残っていくことができると私は思います。

イーサリアム関連の技術を扱っている開発者はすでに世界中に数多く存在しています。現在ではそれらの多くの人々がそれぞれの企業や団体で積極的にイーサリアムを用いた製品を開発しています。また、Ethereum財団も新しい技術者の育成などに力を注いでおり、世界各国の大学でスマートコントラクト分散型アプリケーション(DApps)の構築方法を学ぶことができる授業なども行われています。

このようなことから、ブテリン氏が述べているように彼自身がプロジェクトを離れた後もEthereumの研究開発はさらに勢いを増して進められていくことが予想されます。しかしながら、長い間イーサリアム業界の最先端で活動を行なってきたブテリン氏でもあるため、実際にプロジェクトを抜けることが決定した際には、業界にも大きなショックを与えることは間違いなさそうです。

その時がいつ訪れるのかについてはまだわからないものの、まだ年齢も若いブテリン氏がEthereumを離れた後に「どのような事業に取り組んでいくのか」などにも注目です。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格|2018年10月6日

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は、先月12日頃に19,000円近くまで下落したものの、その後は25,000円前後で推移しており、2018年10月6日時点では「1ETH=約25,700円」で取引されています。

2018年10月6日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月6日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イタリアのバイクブランド「Soriano Motori」仮想通貨決済に対応【世界初】

イタリアのバイクブランド「Soriano Motori」仮想通貨決済に対応【世界初】

ドバイの仮想通貨投資ファンド「約800億円分のADA・DOT購入計画」を発表

ドバイの仮想通貨投資ファンド「約800億円分のADA・DOT購入計画」を発表

イーサリアム考案者「ローンで仮想通貨投資すべきではない」と警告

イーサリアム考案者「ローンで仮想通貨投資すべきではない」と警告

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

イーサリアム関連通貨のウォレットアプリ「COINCOME Wallet」公開:Makers Farm

イーサリアム関連通貨のウォレットアプリ「COINCOME Wallet」公開:Makers Farm

MetaMask:Chromeウェブストアから一時的に除外|突然消えた理由とは

MetaMask:Chromeウェブストアから一時的に除外|突然消えた理由とは

注目度の高い仮想通貨ニュース

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

テゾス(Tezos/XTZ)フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携

テゾス(Tezos/XTZ)フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携

Coincheckつみたて:ビットコインがもらえる「スタートダッシュキャンペーン」開始

Coincheckつみたて:ビットコインがもらえる「スタートダッシュキャンペーン」開始

ビットバンク:国内初「メイカー(Maker/MKR)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:国内初「メイカー(Maker/MKR)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

GMOコイン「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始|販売所とつみたて暗号資産で

GMOコイン「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始|販売所とつみたて暗号資産で

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Twitter Blue「NFTをプロフィール画像に設定できる機能」提供開始

Twitter Blue「NFTをプロフィール画像に設定できる機能」提供開始

シンボル(Symbol/XYM)海外取引所「BTCEX」に上場|上場ラッシュに期待高まる

シンボル(Symbol/XYM)海外取引所「BTCEX」に上場|上場ラッシュに期待高まる

カルダノ(Cardano/ADA)「BITPOINT PRO」で板取引可能に|指値・逆指値注文も可能

カルダノ(Cardano/ADA)「BITPOINT PRO」で板取引可能に|指値・逆指値注文も可能

NFTを発行できるSymbol基盤の「新COMSA」31日公開へ|記念キャンペーンも開催

NFTを発行できるSymbol基盤の「新COMSA」31日公開へ|記念キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す