ポルトガル語で「ブロックチェーン技術」が学べるコース提供へ ー Blockchain Academy

by BITTIMES

ブラジルの「Blockchain Academy」は、ポルトガル語でブロックチェーン技術を学ぶことができる新しいコースを開始すると発表しました。受講内容は主にイーサリアム(Ethereum/ETH)関連の技術を中心とした指導が行われることになっており、11月から学生向けに提供される予定となっています。

こちらから読む:ブラジルでも技術者の育成が進む「ブロックチェーン」とは?

ブロックチェーン技術の教育プロジェクト|Blockchain Academy

Blockchain-academy

Blockchain Academy(ブロックチェーン・アカデミー)は、ブロックチェーンや分散型台帳技術(DLT)を用いた新しいビジネスモデルや、革新的な生態系の開発に焦点を当てた教育プロジェクトです。

ブロックチェーン企業である「ConsenSys(コンセンシス)」との協力によって2016年10月にブラジルで立ち上げられたこのプロジェクトは、開発者、エコノミスト、ビジネス、イノベーションなどの各分野の経験豊富な専門家たちによって構成されており、2018年10月の時点で34種類のコースを提供し、受講者の数は2,000人を超えるとされています。

イーサリアムに特化した2つのコース

今回新たに発表されたコースは、
・開発者向けのイーサリアム
・ビジネス向けのイーサリアム
という二つのコースとなっており「開発者に特化した内容の授業」もしくは「イーサリアムを基盤としたビジネスに特化した授業」を学ぶことができる受講プログラムとなっています。

どちらのコースも「コンピュータ科学」と「データベース」に関する業界で20年以上仕事をこなしてきた経験を持つブロックチェーン技術の専門家Solange Gueiros氏による指導が行われます。彼女はブラジルで初めてイーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクトを発表した女性でもあり、教育者としての豊富な知識や経験も有しています。

トークンの作成からDAppsの構築まで

授業の内容は、トークンの作成、スマートコントラクト、分散型アプリケーション(DApps)の開発などといったイーサリアムに関連する専門知識をしっかりと学ぶことができるように設計されています。

このコースは「Blockchain Academy」と「Mosaica University」のパートナーシップによるオンラインコースによって、2018年11月から提供される予定となっています。

ブロックチェーン技術の専門家を育成するための教育プログラムは世界中で進められており、リップル(Ripple/XRP)イーサリアム(Ethereum/ETH)などの開発者たちもこれらのプロジェクトの支援を行なっています。「Blockchain Academy」のように複数の市域の言語に特化した教育プログラムがさらに進むことによって、ブロックチェーン技術の開発はより多くの地域で進められ、今後も世界中の様々な地域でブロックチェーン技術の研究開発が進んでいくと考えられます。それらの大学やオンラインコースでブロックチェーン技術を学んでいる学生たちが、これから数年後に開発する新しいアプリケーションには期待が高まります。

イーサリアム(ETH)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

David Schwartz「リップル(XRP)は完全に分権化されたデジタル通貨だ」

David Schwartz「リップル(XRP)は完全に分権化されたデジタル通貨だ」

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す