ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

by BITTIMES

スタンフォード大学の学生はDApps(分散型アプリケーション)を作成するのに、数千万円ものICO(イニシャル・コイン・オファリング)が必要ないことを証明しています。彼らはイーサリアムベースのDAppsを自らの力で16個も構築し、仮想通貨業界の新たな道をリードしています。

ICO本来の目的とは

ico

現在の主流な仮想通貨プラットフォームは、そのほとんどがトークンを販売するためにICOを利用して開発を行なっています。しかし、スタンフォード大学の学生は、これまでの典型的な方法にとらわれずに、ICOを行うことなく独自のDApps(分散型アプリケーション)を開発することを決めました。

ここ数年間に渡って、多くの企業が利益を生み出すためにICOの使用を推進してきました。一部の企業はこの方法を使用することで実際に大きな成果を上げていますが、ユーザーは価値が上がる前に最低料金でトークンを購入することができます。ほとんどの開発者は、ICOを資金調達の容易な方法として見なしていますが、投資家はそれらのトークンの価値を適切に見極めて、米国証券取引委員会(SEC)のルールに違反していないか?などもしっかりと確認する必要があります。

プロトタイプや作業用の製品がなければ、ブロックチェーンプロジェクトの開発者は、ICOを使用して数日で数百万ドル(数億円)を稼ぐことができます。そして開発者は開発を開始しますが、これはプロジェクトが確実に実行されることを保証するものではないため、多くの場合、これらのモデルは巨大な詐欺である可能性があります。

スタンフォード大学ブロックチェーン研究センター

スタンフォード大学(Stanford University)のブロックチェーン研究センター(Blockchain Research Center)が推進する『CS 359Bプログラム-ブロックチェーン上の分散型アプリケーションの設計』に参加した学生には、イーサリアムプロトコルに基づいたブロックチェーンを使用して16種類のアプリケーションを開発するプロジェクトが割り当てられました。

イーサリアム財団も支援するスタンフォード大学のブロックチェーン研究センター

CS 359Bプログラムの公式説明では、分散型アプリケーション開発の要素を説明することに焦点を当てた講義とは別に、スマートコントラクトプロトコルでDAppsを積極的に作成し開発することを強調しています。

講義のほかにも、生徒がイーサリアム(ETH)やネオ(NEO)のような現代のブロックチェーン上の新しい分散型アプリケーションを設計、実装、評価するためのプロジェクトもあります。

このプログラムに参加した学生たちは、ICOを行うことなく見事なピア・ツー・ピア(P2P)の分散型アプリケーションを構築しました。

Kickstarterは詐欺なのか?

Stanford

スタンフォード大学の学生が2018年春に開発した画期的な分散型アプリケーションには、
・Web Workflow(カスタマイズされたマーケットプレイス)
・Marlin(分散型コンテンツ配信ネットワーク)
・ImageTrust(ソフトウェア資産流通プラットフォーム)
などがあります。

2018年にスタンフォード大学で展示されたプロジェクトには、ブロックチェーンを活用した地方分権を最大化するアプリケーションがあります。これは「高性能プロトコル」や「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」などのブロックチェーンの流行に基づいており、革新性と独自性が欠如している多くのICOとは非常に対照的です。

6月26日、コーネル大学のエミン・ガン・シェアラー(Emin Gun Sirer)教授は、潜在的な投資家を「ブロックチェーン」という言葉で欺くことによって、大きな資本を調達しようとしているKickstarter(キックスターター)のキャンペーンを強く非難しました。

和訳:物理学を否定する別の詐欺Kickstarter、そしてもちろんそれはブロックチェーン上にあります。

イーサリアム財団の称賛

イーサリアム(ETH)のコミュニティは、数億円の資金調達を目的とした『"流行"や"ブロックチェーンの専門用語"ベースのプロジェクト』に頼っているICOとは違い、異なるアプローチでアプリケーションの開発に取り組んでいる学生たちが開発したプロジェクトに感銘を受けています。

イーサリアムの創設者の一人であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が以前から指摘しているように、ブロックチェーン技術はデータベースとして利用するには非常に非効率的です。

Amazon(アマゾン)などの集中型プラットフォームとは対照的に、イーサリアムのスーパーコンピュータを使用して問題を解決しようとすると、分権型アプリケーションの開発に必要な費用が100万倍に増加します。

しかしスタンフォードの学生たちは、先日イーサリアムの技術を統合して以来、ほとんど時間をかけずにこれらのアプリケーションを構築することができました。この事実は仮想通貨の世界に大きな影響を与えるでしょう。

DApps開発の知識が身につく無料ゲーム

最近は、パソコンだけあれば無料でDAppsの作成方法を勉強できるゲームなども公開されているので、興味のある方はこちらを使って勉強されてみてはいががでしょうか?

スタンフォード大学を支援しているイーサリアム(ETH)などの仮想通貨はGMOコインなら各種手数料無料で購入することができます。さらに今なら「20,000Satoshi」ももらえます。

GMO FX 取引の画像仮想通貨取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュの慈善団体が南スーダンで食糧供給

ビットコインキャッシュの慈善団体が南スーダンで食糧供給

ビットコイン初の不動産投資プロジェクトがドバイでスタート

ビットコイン初の不動産投資プロジェクトがドバイでスタート

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

ビットコイン規制からの脱出「中国取引所ViaBTC国外へ」

ビットコイン規制からの脱出「中国取引所ViaBTC国外へ」

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

注目度の高い仮想通貨ニュース

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

仮想通貨が銀行を崩壊させる!バノン氏の強い期待

仮想通貨が銀行を崩壊させる!バノン氏の強い期待

仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

ロナウジーニョ「Blockchainで世界に貢献したい」ICOやVRスタジアム開発予定

ロナウジーニョ「Blockchainで世界に貢献したい」ICOやVRスタジアム開発予定

エンドール・プロトコル(EDR)がKuCoinに上場

エンドール・プロトコル(EDR)がKuCoinに上場

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

次の標的は

次の標的は"仮想通貨取引禁止"のインド中央銀行|John McAfee

Blockchain Smartphone「FINNEY」のデザイン公開!SIRIN LABS

Blockchain Smartphone「FINNEY」のデザイン公開!SIRIN LABS

coincheckが海外送金サービス停止

coincheckが海外送金サービス停止

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す