ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

by BITTIMES   

スタンフォード大学の学生はDApps(分散型アプリケーション)を作成するのに、数千万円ものICO(イニシャル・コイン・オファリング)が必要ないことを証明しています。彼らはイーサリアムベースのDAppsを自らの力で16個も構築し、仮想通貨業界の新たな道をリードしています。

ICO本来の目的とは

ico

現在の主流な仮想通貨プラットフォームは、そのほとんどがトークンを販売するためにICOを利用して開発を行なっています。しかし、スタンフォード大学の学生は、これまでの典型的な方法にとらわれずに、ICOを行うことなく独自のDApps(分散型アプリケーション)を開発することを決めました。

ここ数年間に渡って、多くの企業が利益を生み出すためにICOの使用を推進してきました。一部の企業はこの方法を使用することで実際に大きな成果を上げていますが、ユーザーは価値が上がる前に最低料金でトークンを購入することができます。ほとんどの開発者は、ICOを資金調達の容易な方法として見なしていますが、投資家はそれらのトークンの価値を適切に見極めて、米国証券取引委員会(SEC)のルールに違反していないか?などもしっかりと確認する必要があります。

プロトタイプや作業用の製品がなければ、ブロックチェーンプロジェクトの開発者は、ICOを使用して数日で数百万ドル(数億円)を稼ぐことができます。そして開発者は開発を開始しますが、これはプロジェクトが確実に実行されることを保証するものではないため、多くの場合、これらのモデルは巨大な詐欺である可能性があります。

スタンフォード大学ブロックチェーン研究センター

スタンフォード大学(Stanford University)のブロックチェーン研究センター(Blockchain Research Center)が推進する『CS 359Bプログラム-ブロックチェーン上の分散型アプリケーションの設計』に参加した学生には、イーサリアムプロトコルに基づいたブロックチェーンを使用して16種類のアプリケーションを開発するプロジェクトが割り当てられました。

イーサリアム財団も支援するスタンフォード大学のブロックチェーン研究センター

CS 359Bプログラムの公式説明では、分散型アプリケーション開発の要素を説明することに焦点を当てた講義とは別に、スマートコントラクトプロトコルでDAppsを積極的に作成し開発することを強調しています。

講義のほかにも、生徒がイーサリアム(ETH)やネオ(NEO)のような現代のブロックチェーン上の新しい分散型アプリケーションを設計、実装、評価するためのプロジェクトもあります。

このプログラムに参加した学生たちは、ICOを行うことなく見事なピア・ツー・ピア(P2P)の分散型アプリケーションを構築しました。

Kickstarterは詐欺なのか?

Stanford

スタンフォード大学の学生が2018年春に開発した画期的な分散型アプリケーションには、
・Web Workflow(カスタマイズされたマーケットプレイス)
・Marlin(分散型コンテンツ配信ネットワーク)
・ImageTrust(ソフトウェア資産流通プラットフォーム)
などがあります。

2018年にスタンフォード大学で展示されたプロジェクトには、ブロックチェーンを活用した地方分権を最大化するアプリケーションがあります。これは「高性能プロトコル」や「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」などのブロックチェーンの流行に基づいており、革新性と独自性が欠如している多くのICOとは非常に対照的です。

6月26日、コーネル大学のエミン・ガン・シェアラー(Emin Gun Sirer)教授は、潜在的な投資家を「ブロックチェーン」という言葉で欺くことによって、大きな資本を調達しようとしているKickstarter(キックスターター)のキャンペーンを強く非難しました。

和訳:物理学を否定する別の詐欺Kickstarter、そしてもちろんそれはブロックチェーン上にあります。

イーサリアム財団の称賛

イーサリアム(ETH)のコミュニティは、数億円の資金調達を目的とした『"流行"や"ブロックチェーンの専門用語"ベースのプロジェクト』に頼っているICOとは違い、異なるアプローチでアプリケーションの開発に取り組んでいる学生たちが開発したプロジェクトに感銘を受けています。

イーサリアムの創設者の一人であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が以前から指摘しているように、ブロックチェーン技術はデータベースとして利用するには非常に非効率的です。

Amazon(アマゾン)などの集中型プラットフォームとは対照的に、イーサリアムのスーパーコンピュータを使用して問題を解決しようとすると、分権型アプリケーションの開発に必要な費用が100万倍に増加します。

しかしスタンフォードの学生たちは、先日イーサリアムの技術を統合して以来、ほとんど時間をかけずにこれらのアプリケーションを構築することができました。この事実は仮想通貨の世界に大きな影響を与えるでしょう。

DApps開発の知識が身につく無料ゲーム

最近は、パソコンだけあれば無料でDAppsの作成方法を勉強できるゲームなども公開されているので、興味のある方はこちらを使って勉強されてみてはいががでしょうか?

イーサリアム(ETH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

NAGAcoin発行元のフィンテック企業がドイツのサッカークラブ「ハンブルガーSV」と提携

NAGAcoin発行元のフィンテック企業がドイツのサッカークラブ「ハンブルガーSV」と提携

SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

eスポーツ×ブロックチェーンのTVアプリ「THETA.tv」Galaxyデバイスに搭載へ

eスポーツ×ブロックチェーンのTVアプリ「THETA.tv」Galaxyデバイスに搭載へ

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す