Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

by BITTIMES

仮想通貨(Cryptocurrency)を発行することを望んでいるスポーツ選手や歌手、アイドルなどのような様々な有名人に「独自トークン」を発行できる方法を提供しているGlobal Crypto Offering Exchange(GCOX/ジーコーエックス)は、元WBC世界フライ級チャンピオンであるボクシング界のレジェンドManny Pacquiao(マニー・パッキャオ)氏の公式暗号通貨「PAC TOKEN」の発行に向けて本格的な取り組みを開始していると伝えられています。

こちらから読む:プロックチェーン企業との提携で変革を起こす「スポーツ業界」

Global Crypto Offering Exchange(GCOX)とは

Global Crypto Offering Exchange(ジーコーエックス/GCOX)は、シンガポールに拠点を置きスポーツ選手やアイドルなどの有名人の「公式仮想通貨」発行を支援しているプラットフォームです。

GCOXのプラットフォームを利用する有名人は「独自の仮想通貨」を発行し、プラットフォーム上でそれらの仮想通貨を管理することができます。同社は、世界中で活躍するスポーツ選手やアイドルなどの人気度をトークン化することによって、有名人の「人気指数」を確立することに取り組んでいます。

発行された有名人独自の仮想通貨はグッズの購入などにも使用できるようになっており、それぞれの有名人の誕生日や記念日などのイベントを通じて直接的な繋がりを持つこともできると説明されています。

同社のパートナーには、元WBC世界フライ級チャンピオンであるManny Pacquiao(マニー・パッキャオ)氏や、元イギリス代表でありサッカー界のレジェンドとも言われるMichel Owen(マイケル・オーウェン)氏なども参加しており、先日ブロックチェーン・スマートフォン「XPhone」を発表した話題の仮想通貨企業PundiXなどもパートナー企業として参加しています。

「有名人の人気度をトークン化する」ことが大きな特徴であるこのプラットフォームは、ボクシングやサッカーだけでなく、
あらゆるスポーツの「アスリート」
音楽家、女優、お笑い芸人などの「アーティスト」
YouTube、Instagramなどで活躍する「インターネットセレブ」
政治家や起業家などの「専門家」
マンガ、アニメ、映画などの「有名キャラクター」
といった幅広いジャンルの有名人が参加できるようになっています。

パッキャオ「希少アイテム」売買の権利も|Pacトークン

マニー・パッキャオ氏の公式仮想通貨「PAC TOKEN」は、2018年内には発行されると言われています。

「StraitsTimes」の報道によると、現在このプロジェクトで遅れをとっているのは「フィリピン証券取引委員会」のICO規制枠組みだけだと説明されており、この規制枠組みに関しても2018年末までには準備されると考えられるため、年末までには「Pacトークン」が発行されることになるだろうと伝えられています。

現在GCOXは「Pacトークン」の価格や発行枚数などを話し合っている段階であると言われており、「Pacトークン」はボクシングのグローブやジャケットなどの購入に使用することができると説明されています。

また同社のプラットフォームでは、承認を得たファンの人々であれば、パッキャオ氏の商品をプラットフォーム上で販売する権利を得ることができるとも説明されており、販売時の支払いには「PAC TOKEN」が使用されることになっているため、プラットフォーム上でパッキャオ氏の商品を販売して「PAC TOKEN」を集めることもできる仕組みとなっています。

この他にも試合で実際に使用されたグローブなどのオークションなどをプラットフォーム上で開催できるようになっているため、GCOXでしか手に入らない商品などもこれから出てくることも予想されます。

スポーツ業界のスター選手が「仮想通貨発行」へ

Michael-Owen

GCOXのプラットフォームで仮想通貨を発行する有名人はボクシング界のスター選手だけではありません。現時点でも「Pac Token」の立ち上げとは別に、アメリカの歌手であるJason Derulo(ジェイソン・デルーロ)氏や、マイケル・オーウェン氏のトークンも公開される予定だと報じられています。

これから本格的に有名人たちのトークン発行が開始されれば「GCOX」のプラットフォームの成長とともに、今後はさらに多くの有名人たちが仮想通貨の世界に参加することも予想されます。まだ開始されたばかりのGCOXのプロジェクトには、大きな期待が寄せられています。

GCOXの公式サイトは日本語にも対応しているので、より詳しい情報を知りたい方はこちらのリンクからどうぞ。
>GCOXの公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨暴落の原因。今回はCoinbaseもダウン

仮想通貨暴落の原因。今回はCoinbaseもダウン

バンドルカードとは?手数料が安い・使えるお店使えないお店一覧

バンドルカードとは?手数料が安い・使えるお店使えないお店一覧

ビットコインは詐欺なのか?「法定通貨は価値の裏付けがある」の真っ赤なウソ

ビットコインは詐欺なのか?「法定通貨は価値の裏付けがある」の真っ赤なウソ

【戦略ゲーム編】イーサリアム(ETH)が稼げる「DApps」まとめ

【戦略ゲーム編】イーサリアム(ETH)が稼げる「DApps」まとめ

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

最適なブロックチェーン活用方法は「仮想通貨と国際送金」Vitalik Buterin

最適なブロックチェーン活用方法は「仮想通貨と国際送金」Vitalik Buterin

注目度の高い仮想通貨ニュース

ネム(NEM/XEM)情報プラットフォーム「Binance Info」への正式参加を発表

ネム(NEM/XEM)情報プラットフォーム「Binance Info」への正式参加を発表

リップル(XRP)先物取引「近日公開」の可能性|機関投資家の参入を促進:Huobi Global

リップル(XRP)先物取引「近日公開」の可能性|機関投資家の参入を促進:Huobi Global

SBIバーチャル・カレンシーズ「Cool X Walletサービス無料キャンペーン」対象者を拡大

SBIバーチャル・カレンシーズ「Cool X Walletサービス無料キャンペーン」対象者を拡大

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

高級時計店「ジェムキャッスルゆきざき」ビットコインキャッシュ決済導入へ

高級時計店「ジェムキャッスルゆきざき」ビットコインキャッシュ決済導入へ

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月27日〜2月2日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月27日〜2月2日

ビットコインが投資家に選ばれている「5つの理由」Weiss Ratingsが調査結果を公開

ビットコインが投資家に選ばれている「5つの理由」Weiss Ratingsが調査結果を公開

暗号資産の「規制明確化・税制変更」を求める要望を提出:新経済連盟

暗号資産の「規制明確化・税制変更」を求める要望を提出:新経済連盟

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月20日〜1月26日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月20日〜1月26日

ウズベキスタン「セキュリティトークン・STO」を調査|新たな仮想通貨投資の可能性へ

ウズベキスタン「セキュリティトークン・STO」を調査|新たな仮想通貨投資の可能性へ

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す