仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

by BITTIMES

ブロックチェーン技術に魅了された国々や大手企業が続々と参入を発表する中で、ワールドカップで世界を沸かせたスポーツ界のスターたちも次々に仮想通貨の世界に参加しています。今後に期待されているサッカー選手とそのプロジェクトを「Cryptocurrency×Football Player」と題しまとめて紹介します。またその他の関連ニュースや話題のゲームも掲載しているのでそちらも合わせてご覧ください。

こちらから読む:仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

本田圭佑(Keisuke Honda/KSK)|本田通貨

オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーFCに所属する(*1)日本代表の本田圭佑(ほんだ けいすけ)氏は、独自の仮想通貨「本田通貨」を発行するという噂が以前から囁かれています。
(*1)2018年8月時点

それらの情報によると、今回の「ロシアW杯」で引退を発表するとともに本田通貨を発行する可能性がある言われています。

5月の時点でも本田選手は自身のツイッターで、『本田圭佑が自身初のCEOを務めるスポーツC2Cサービス事業「Now Do」にて、優秀なプロダクトマネージャーを募集開始した』という記事をシェアしており、そのほかにもブロックチェーンに関する複数のコメントも投稿していることなどから、実際に本田通貨を発行する可能性は高いと言われています。

2018年8月20日:本田選手は仮想通貨交換所BITPointのイメージキャラクターに起用されました。この契約金の支払いはビットコイン(BTC)行われたと報告されています。

ハメス・ロドリゲス|JR10

rodriguez

ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに所属するコロンビア代表のハメス・ロドリゲス(James David Rodríguez Rubio/ハメス・ダビド・ロドリゲス・ルビオ)選手は、「JR10トークン」という独自の仮想通貨を発行しています。

JR10トークンは、ファンとのコミュニケーションを深めて、より良い関係を築いていくことを目的として発行されており、この通貨の所有者は「JR10トークン」を使ってサッカーのお土産を購入したり、クラブミーティングに出席したり、その他の特典を受け取ることができます。

ブロックチェーンベースのスタートアッププラットフォームである「SelfSell」と協力して発行されたこのトークンは、発売後わずか12秒で50万ドル(約5,500万円)もの資金が調達されています。

イニエスタとプジョル|Olyseum

iniesta-puyol

Jリーグ・ヴィッセル神戸に所属するスペイン代表のアンドレス・イニエスタ(Andrés Iniesta)氏と元スペイン代表のカルレス・プジョル(Carles Puyol)氏は、ブロックチェーン技術を活用したソーシャルネットワーク「Olyseum」を発表しています。

スポーツを愛する人々との交流の場を作ることなどを目的として開発された「Olyseum」は、2016年にスペインで初めて公開された時には、6カ国のApp Storeで最も多いダウンロード数を記録しています。

2018年内にはブロックチェーン技術を搭載したアプリケーションとして、正式に立ち上げられることが予定されており、ロシアでのFIFAワールドカップを通してネットワークテストが実施されると言われています。

このサービスには、スマートコントラクトを活用したインセンティブプログラムも導入される予定となっており、コミュニティに貢献したユーザーは貴重なグッズやVIPチケットのほか、実際に憧れの選手に会える機会なども提供されると言われています。

マイケル・オーウェン|OWN

Owen

元イギリス代表のマイケル・オーウェン(Michael Owen)氏は、仮想通貨OWNの発行を予定しています。

2001年に年間最優秀選手に贈られる賞であるバロンドールを獲得し、2013年に現役を引退したオーウェン氏は、現在チャリティー活動などの多彩な方面で活躍しています。

そんなオーウェン氏が発行を予定している仮想通貨OWNは、スポーツ選手が指定した慈善団体との間での個人的なやり取りに活用することができます。また、OWNは商品の購入や寄付などにも利用することができるようになっているほか、オーウェン氏が手がけているサッカー練習場や選手育成プログラムの資金にも利用されるとのことで様々な利用機会を備えています。

シンガポールを拠点に仮想通貨取引所などのサービスを提供する「ジーコ―エックス(GCOX)」によると、OWNは来期四半期にも発行される予定であるとのことです。

リオネル・メッシ|Sirin

リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナに所属するアルゼンチン代表のリオネル・メッシ(Lionel Messi)氏は、SIRIN LABS Token(SRN)を発行しているSIRIN LABSのアンバサダーを務めています。

SIRIN LABSは世界初のブロックチェーンスマートフォンとして知られる「FINNEY™phone」などの開発に取り組んでおり、SRNはそれらのサービスで利用できるほか、実際にFINNEY™phoneを購入する際などにも利用することができます。

このSIRIN LABSの広告塔であるメッシ氏は、近日公開が予定されているFINNEY™phoneのCMなどにも登場します。

ルイス・フィーゴ|STRYKZ

figo

サッカー界のレジェンドと呼ばれる元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ(Luís Figo)氏は、STRYKZトークンを発行している「Stryking Entertainment」の公式アンバサダーを務めています。

スポーツ界とデジタルの世界を融合することを目指している「Stryking Entertainment」は、「Football-Stars(フットボールスターズ)」というプラットフォームを開発しており、様々なコンテンツを通じてサッカーファンがチームや選手たちと関わり合うことを可能にします。

STRYKZのICOは、2018年6月29日に開始されています。

ロナウジーニョ|RS Coin

Ronaldinho

元ブラジル代表のロナウジーニョ(Ronaldinho/ロナウド・デ・アシス・モレイラ)氏は、ICOを行い「ロナウジーニョ・サッカー・コイン(RC Coinと)」呼ばれる仮想通貨の発行を予定しています。

このプロジェクトは、サッカー専門学校の設立や、世界各地でアマチュアとのグローバルリーグを開催するほか、賭博プラットフォームと市場の開発・運営、さらには人工知能(AI)やVRを活用してデジタル分野での開発も目指す野心的な仮想通貨プロジェクトとなっています。

VRスタジアムの設立やeSportsトーナメントも開催されるこのプロジェクトの詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ディディエ・ドログバ|all.me

drogba

コートジボワール代表の元キャプテンを務めたDidier Drogba(ディディエ・ドログバ)氏は、独自トークンや取引所の機能を備えたソーシャルネットワーク(SNS)プラットフォームを開発している仮想通貨プロジェクト「all.me」のアンバサダーに就任しています。

all.meを利用するユーザーは、独自のコンテンツを投稿することによって、自分のページに広告を設置し報酬を得ることができます。「MEトークン」と呼ばれる独自の仮想通貨も発行している同社のサービスは、「SNS」「仮想通貨銀行」「取引所」を組み合わせた初のデジタルプラットフォームであると説明されています。

ハンブルガーSV|NAGA Group AG

naga-hsv

ドイツのハンブルクに本拠地を置く総合スポーツクラブ「Hamburger SV(ハンブルガーSV)」は、同国でフィンテック企業である「NAGA Group AG」と提携しています。ハンブルガーSVは様々な種目のスポーツ部門で構成されていますが、その中でもサッカー部門は特に有名であり、ドイツで最も成功を納めたサッカーチームと言われています。

NAGAグループは、仮想通貨ナーガコイン(NGC)を発行しており、金融サービスやゲームなどに仮想通貨を融合した革新的なサービスを幅広く提供しています。

この提携に伴い、ハンブルガーSVのスタジアム周辺には「NAGAグループ」のブロックチェーンエコシステムの広告が設置されています。両社はこの協力を通して全く新しいプロジェクトに取り組み、今後はそれらの成功事例を発表していくと説明しています。

Derby County FC(ダービー・カウンティ FC)|Jetcoin Instituteとの提携

Derby-County-FC

イングランド・ダービーシャー州ダービーを拠点とするDerby County FC(ダービー・カウンティ FC)は、仮想通貨Jetcoin(JET)を発行している「Jetcoin Institute(ジェットコイン・インスティテュート)」とパートナーシップを結んでいます。

ダービー・カウンティ FCのユニフォームには「Jetcoin」のロゴマークがプリントされており、チーム内で利用する道具なども新しいものへと置き換わっています。

Jetcoin Instituteは、仮想通貨「JET」を用いた独自の報酬制度を通じて、スポーツファン人々やサポーターの人々にサッカー選手たちとの新たな繋がりや、そこから利益を得ることができる機会を提供しています。

Wolves(ウルブズ)|CoinDeal(コインディール)

wolves

イギリスのプレミアリーグに所属するWolverhampton Wanderers(ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ/Wolves)は、同国のキプロスを拠点とする仮想通貨取引所CoinDeal(コインディール)とのスポンサー契約を交わしています。

CoinDealのロゴマークは、ユニフォームにプリントされているだけでなく、Wolvesが所有する「Molineuxスタジアム」のLED広告ボードやチームで利用しているトレーニングキットなどにも印刷されています。

イングランド・プレミアリーグの7チーム|eToro(イートロ)

Premier-League

世界最高峰リーグの一つであるイングランドのPremier League(プレミアリーグ)に加盟する7つのサッカークラブは、仮想通貨も扱う世界最大級のSNS取引プラットフォーム「eToro(イートロ)」とのスポンサー契約を結んでいます。

「eToro」と提携しているサッカークラブは、
・Brighton&Hove Albion FC(ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC)
・Cardiff City FC(カーディフ・シティFC)
・Crystal Palace FC(クリスタル・パレスFC)
・Leicester City FC(レスター・シティFC)
・Newcastle United FC(ニューカッスル・ユナイテッドFC)
・Southampton FC(サウサンプトンFC)
・Tottenham Hotspur(トッテナム・ホットスパー)
の7チームであり、契約金の支払いはビットコイン(BTC)で行われたと報じられています。

各チームの代表者たちは、仮想通貨やブロックチェーンに大きな可能性を感じていると語っており、eToroとの提携を歓迎しています。

欧州サッカー連盟(UEFA)|ブロックチェーンを活用したチケット販売

uefa-blockchain

欧州サッカー連盟(UEFA)は、ブロックチェーン技術を活用したチケット販売システムを導入しています。

この新しいシステムは、iOSとAndroidの専用アプリを通して試合のチケットを管理することができるため、より簡単に安全な方法でチケットを保管・使用できるだけでなく、偽造や複製なども防止することができます。

この技術はすでに実際に導入されており、今のところ大きな問題も起きていないとのことで、今後はさらなる研究開発が進められ、より幅広く利用していく予定であると伝えられています。

Paris Saint-Germain FC(パリ・サンジェルマン FC)|仮想通貨投票プラットフォーム

Paris-Saint-Germain-FC

フランス・パリを拠点とするParis Saint-Germain FC(パリ・サンジェルマン FC)は、マルタ共和国のブロックチェーン企業である「Socios.com」とのパートナーシップを結び、「仮想通貨投票プラットフォーム」を導入して、ファンの人々と積極的にコミュニケーションをとっています。

このプラットフォームは仮想通貨チリーズ(ChiliZ/CHZ)を通じて、ファンの人々がサッカーチームの運営に関わりを持つことができるサービスを提供しています。

「パリ・サンジェルマン FC」はこのサービスを利用することによって、スタジアムで流す音楽の選曲や今後のプロジェクトの具体的な内容などを決定する際にファンの人々の意見などを取り入れ、投票システムを利用して最も支持率の高かったプランを採用するといった「ファン参加型」の運営方法を採用しています。

Rimini F.C. 1912(リミニFC)|仮想通貨による株式買収

Rimini-F.C

イタリア・リミニを拠点とするRimini F.C. 1912(リミニFC)は、仮想通貨による株式の買収を受け入れた世界初のサッカークラブとなりました。

リミニFCは、スポーツ関連の投資会社であるHeritage Sports Holdings(ヘリテージ・スポーツ・ホールディングス/HSH)に株式の25%を売却した際に、仮想通貨「Quantocoin(QTCT)」で支払いを受け取ることに合意しました。

Quantocoin(QTCT)の開発者はHSHのオーナーでもあるPablo Dana(パブロ・ダナ)氏であるため、この仮想通貨はHSHなどの関連企業との間で行われる取引に幅広く利用することができます。

リミニFCは、クラブに関連する支払いを全てQTCTで行うことによって、取引の詳細を厳しく管理し、サッカー業界に潜む賄賂などの汚職行為を排除することを目指しています。

Gibraltar United FC(ジブラルタル・ユナイテッドFC)|仮想通貨による報酬

Gibraltar-United-FC

ジブラルタルのサッカーチームであるGibraltar United FC(ジブラルタル・ユナイテッドFC)は、選手に支払う報酬として仮想通貨を利用することを計画しています。

ジブラルタル・ユナイテッドFCは、全ての選手に対して仮想通貨を使って報酬を支払うことへの合意を求めるとのことで、同チームのオーナーであるPablo Dana(パブロ・ダナ)氏は、「ブロックチェーンを活用することによってスポーツ業界の汚職を減らし、サッカー業界に透明性をもたらすことを期待している」と説明しています。

この他にも、仮想通貨で報酬を支払うことによって、ジブラルタルで銀行口座を持てない選手にも効率的に報酬を支払うことができ、手数料や税金の問題解決にも役立つと説明されています。

世界中の有名なサッカー選手の多くが、仮想通貨の世界に大きな魅力を感じていると語っています。今後さらに多くのスター選手から新たな仮想通貨関連の発表が続くことに期待しましょう。

Harunustaspor(ハルヌスタシポル)|ビットコインによる契約金

harunustaspor

トルコのサッカーチームである「Harunustaspor(ハルヌスタシポル)」は、オマール・ファルク・キログル(Omer Faruk Kiroglu)選手の契約金を2500リラ(約7万円)と2000リラ(約6万円)相当のビットコイン(BTC)で支払っています。

Harunustasporの会長であるハルドン・セヒト(Haldun Sehit)氏は、これが世界で初めての試みであると説明しており、「世界やトルコにクラブの名前を広める事が出来た」とコメントしています。

これに対してオマール選手も「これは私にとっても世界にとっても初めてのことである」と語っており、「会長が言うように私たちは新しいことに挑戦している。私は新しいことを喜んで受け入れる」と述べています。

ブロックチェーンでサッカークラブの資金調達を支援|SportyCo

sportyco-logo

SportyCo(スポーティコ)は、ブロックチェーンや仮想通貨を活用してサッカークラブやスポーツクラブの資金調達を支援しています。

このプロジェクトは世界的にも注目を集めており、すでに複数のサッカークラブが参加する計画を発表しています。

Newcastle United FC(ニューカッスル・ユナイテッドFC)

Newcastle-United

イングランドのプレミアリーグに所属しているサッカークラブ「Newcastle United FC(ニューカッスル・ユナイテッドFC)」は「SportyCo」の協力を得て、ICOを行い独自コインの発行を予定していると伝えられています。

2018年9月時点では詳しい情報は明らかになっていないものの「セキュリティトークン」もしくは「ユーティリティトークン」を発行する予定であると伝えられています。

Cardiff City FC(カーディフ・シティFC)

Cardiff-City-FC

ウェールズの首都カーディフに本拠を構えるサッカークラブ「Cardiff City FC(カーディフ・シティFC)」も「SportyCo」のプラットフォームを通じて資金調達を行うことを予定していると伝えられています。

2018年9月時点ではその詳細が明らかになっていないものの、一部の報道によると、資金調達を行うために「独自トークン」の発行を計画していると伝えられています。

Bitcoin Cashが使えるサッカーゲームアプリ

Bitcoin-Cash-Football

ビットコインキャッシュ(BCH)が使えるサッカーゲームアプリもリリースされています。

『Bitcoin Cash Football』と呼ばれるこのゲームは、サッカー選手やチームを育成し、BCHを使って購入・売買などを行うことができます。

Mobtwoという開発者チームによって作成されたこのゲームは、世界中のプレイヤーに挑戦することができるオンラインマルチプレイヤーゲームであり、サッカー選手の育成や購入・販売だけでなく、スタジアムなどのような施設の購入などもできるようになっています。

また、サッカー選手やスタジアムの他にも複数のアイテムなどを購入して有望なサッカー選手を育成することで、W杯優勝を目指す、本格的かつリアルなゲームとなっています。

ビットコインキャッシュが利用できるサッカーゲームはこちら

ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

イタリア:ブロックチェーン技術で「デジタル学位証明書」を発行

イタリア:ブロックチェーン技術で「デジタル学位証明書」を発行

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

仮想通貨Centrality(セントラリティ)とは?今後まさしく中心となる存在に注目

仮想通貨Centrality(セントラリティ)とは?今後まさしく中心となる存在に注目

フランス小売大手:ブロックチェーン食品トレーサビリティーシステムをグローバル展開

フランス小売大手:ブロックチェーン食品トレーサビリティーシステムをグローバル展開

LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

トロン(TRON/TRX)上場!グローバル仮想通貨取引所「2社」が取り扱いを発表

トロン(TRON/TRX)上場!グローバル仮想通貨取引所「2社」が取り扱いを発表

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

底値は2,200円?ライトコイン(LTC)の「価格暴落」2017年に予言:Charlie Lee

底値は2,200円?ライトコイン(LTC)の「価格暴落」2017年に予言:Charlie Lee

仮想通貨PundiX(NPXS)の詳細情報をまとめたレポートを公開|BINANCE Research

仮想通貨PundiX(NPXS)の詳細情報をまとめたレポートを公開|BINANCE Research

American Expressゼネラルマネージャー:リップルのクロスボーダー取引を賞賛

American Expressゼネラルマネージャー:リップルのクロスボーダー取引を賞賛

ビットコイン価格は今後3年間で「大幅に」上昇する|Circle CEO:Jeremy Allaire

ビットコイン価格は今後3年間で「大幅に」上昇する|Circle CEO:Jeremy Allaire

ブロックチェーン企業パートナー8社を発表|メインネット公開に向け提携拡大:Klaytn

ブロックチェーン企業パートナー8社を発表|メインネット公開に向け提携拡大:Klaytn

国際問題解決に向けブロックチェーン企業6社に「10万ドル」を投資|UNICEF

国際問題解決に向けブロックチェーン企業6社に「10万ドル」を投資|UNICEF

ビットコイン価格は「34万円」まで下落する|Genesis Capital Trading CEO

ビットコイン価格は「34万円」まで下落する|Genesis Capital Trading CEO

BitPay CCO:ビットコイン価格は2019年に「2万ドル」を取り戻す

BitPay CCO:ビットコイン価格は2019年に「2万ドル」を取り戻す

韓国の人気レストランが「ADA Crypto Card」決済に対応:CARDANO(カルダノ)

韓国の人気レストランが「ADA Crypto Card」決済に対応:CARDANO(カルダノ)

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

人気のタグから探す