アマゾン(AWS):ブロックチェーン企業との提携拡大 ー「QTUM」が新たに参加

by BITTIMES   

ブロックチェーン(Blockchain)の技術と共に大きな注目を集めているスマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)を簡単に実行できるようにするためのツールなどを提供している「クアンタム(QTUM)」が、中国のアマゾン「Amazon Web Services(AWS)」と正式にパートナーシップを結んだことが明らかになりました。

こちらから読む:ConsenSysやCentralityも ー 提携を拡大する「Amazon」

効率的なスマートコントラクト開発を|Amazon Machine Image(AMI)

AWS-logo

Amazon Web Services(AWS)の中国部門が、パブリックブロックチェーンプロジェクト「クアンタム(QTUM)」と正式に提携したことが明らかになりました。Coindeskの報道によると、「AWS China」の地域事業開発責任者であるSimon Wang(サイモン・ワン)氏がQTUMが「AWSの技術パートナー」と「AWSパートナーネットワーク(APN)」のメンバーになったことを明かしたと伝えられています。

QTUMチームが公開したプレスリリースによると、AWSユーザーは「Amazon Machine Image(AMI)」と呼ばれるテンプレートを使用して迅速かつ効率的で費用対効果の高いスマートコントラクトを開発して立ち上げることができるとされています。これらのサービスはすでに以前から提供されており、注目を集めていました。

QTUMのマーケティングディレクターであるJohn Scianna(ジョン・サイアナ)氏は、CoinDeskに対してAWSでのサービス開始以降、QTUMは幅広い技術パートナーシップに移行していることを語っており、両社は4月からこの件についての議論を重ねていると述べています。

ブロックチェーン技術の開発をさらに加速|クアンタム(QTUM)

Qtum-logo

クアンタム(QTUM)とは、複数の仮想マシンや実行環境をブロックチェーンの上で動作させることができる分散型でオープンソースのスマートコントラクト・プラットフォームであり、数多くのプログラミング言語で開発を行うことができる仮想通貨です。 

シンガポールに本拠を置く「クアンタム(QTUM)」は、昨年1月にイーサリアム(ETH)の共同設立者であるAnthony Di Iorio(アンソニー・ディ・イオリオ)氏や、仮想通貨取引所OKCoinの創設者であるStar Xu(スター・シュウ)氏、BitFundの創設者Xiaolai Li氏などから100万ドル(約1億1,200万円)もの資金を調達し、パブリックブロックチェーンを立ち上げています。

クアンタムは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の利点を兼ね備えており、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)を簡単かつ迅速に実行できることなどで高い評価を獲得しています。

QTUMの最高情報責任者(CIO)であるMike Palencia(マイク・パレンシア)氏は『QTUMとAWSはパートナーシップの下で、最も需要の高いユースケースについての顧客からのフィードバックを得るために協力し、ソフトウェア開発のリソースを持たないクライアントへの指導を行う』と説明しています。

今回のパートナーシップは、ブロックチェーンベースのクラウドコンピューティング分野における「マーケットリーダー」としてのAmazonの地位をさらに強固なものにする可能性があります。

初心者がブロックチェーンの開発に参加できるようにするための取り組みはその他多くの企業や団体でも行われているため、これからどの企業のサービスが広く利用されて行くことになるかは今のところわからないものの、ブロックチェーン技術の開発や活用は今後もさらに加速して行くことが予想されます。

クアンタム(QTUM)の価格|2018年10月18日

クアンタム(QTUM)の価格は今週の初めは約387円だったものの、15日には420円近くまで上昇し、17日には466円近くまでさらに上昇しています。しかしその後はやや下落しているため、2018年10月18日の時点では「1QTUM=約435円」となっています。

2018年10月18日 QTUMのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月18日 QTUMのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

Thomas Lee:ビットコインのトレンド転換は近い ー 市場回復を促進する2つの要因

Thomas Lee:ビットコインのトレンド転換は近い ー 市場回復を促進する2つの要因

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

中国はWeChatの仮想通貨取引所アカウントをブロックしている

中国はWeChatの仮想通貨取引所アカウントをブロックしている

ブロックチェーン活用した「デジタル請求書」を導入:中国・深セン地下鉄

ブロックチェーン活用した「デジタル請求書」を導入:中国・深セン地下鉄

注目度の高い仮想通貨ニュース

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

Softbank:デジタル通貨対応の「SBCウォレットカード」発行へ|Wi-Fi機能なども搭載

Softbank:デジタル通貨対応の「SBCウォレットカード」発行へ|Wi-Fi機能なども搭載

仮想通貨取引の「報告義務違反者に罰金刑」ブラジル税務当局が発表

仮想通貨取引の「報告義務違反者に罰金刑」ブラジル税務当局が発表

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

カルダノ創設者:仮想通貨革命は止められない|BTC価格は「1,000万円」へ

カルダノ創設者:仮想通貨革命は止められない|BTC価格は「1,000万円」へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月1日〜7日

BINANCE「日本円対応」の可能性も?決済処理会社「Simplex」日本円・カナダドルに対応

BINANCE「日本円対応」の可能性も?決済処理会社「Simplex」日本円・カナダドルに対応

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Binance Futures「イーサリアム先物取引」を正式に開始|レバレッジは最大50倍

Binance Futures「イーサリアム先物取引」を正式に開始|レバレッジは最大50倍

あのブロックチェーンゲームが「手塚プロダクション」とコラボ|人気キャラが多数登場

あのブロックチェーンゲームが「手塚プロダクション」とコラボ|人気キャラが多数登場

LINEが「ブロックチェーンプラットフォーム」を発表|新たなサービスの開発基盤を提供

LINEが「ブロックチェーンプラットフォーム」を発表|新たなサービスの開発基盤を提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す