DAppsの開発方法が学べる「CryptoZombies」新たなカードゲームを発表

by BITTIMES   

DApps(分散型アプリケーション)のコーディングを学ぶためツールを提供しているウェブサイト『CryptoZombies(クリプトゾンビーズ)』の開発チームは、ブロックチェーンコレクティングカードゲーム『Zombie Battleground』を発表しました。彼らは開発費の資金調達方法としてICOではなくKickstarter(キックスターター)のサービスを利用しています。

CryptoZombies(クリプトゾンビーズ)とは?

CryptoZombies(クリプトゾンビーズ)は、イーサリアム(ETH)上でゲームを開発する方法を学ぶための、無料のオンラインレッスンを提供しています。このコースはSolidity(*1)初心者向けに作られているため、初めての人でも安心して基礎から学ぶことができます。
Solidity(ソリディティ):イーサリアムのスマートコントラクトを実装するための高水準なコントラクト指向言語

レッスンは基本的な内容からはじめることができるため、Solidityについて何も知らない人でも"無料"でゲームを構築する方法を学ぶことができます。ですが、HTMLやCSSなどのその他のプログラミング言語を学習したことがない方にとっては、少し難しい内容になっているため、全くの初心者の方などは先にHTMLやJavaScriptなどから学ぶことをおすすめします。

CryptoZombiesは、仮想通貨を収集することができるゲームを構築することによってSolidityでスマートコントラクトを書くための方法を学ぶことができるコードスクールです。その利用者数はすでに約13万人もいると言われており、世界中で愛されています。

CryptoZombiesCryptoZombies(cryptozombies.ioから)

ブラウザ上で学ぶことができるステップ毎のレッスンでは、Solidityの基本から、ブロックチェーン上で動作するゲームの作成までを実践的に学習することができます。

あっという間に終わる『レッスン1』を終えるだけでも、内容的には十分Solidity開発者と名乗れるレベルになることができます。

レッスンはゾンビファクトリーを作り、ランダムなDNAを持つユニークなゾンビ軍団を立ち上げるところから始まります。レッスンが進むにつれて、他の人のゾンビと戦う機能の開発など、様々な機能を構築していくこともできるようになります。

CryptoZombies

見事に最後までレッスンを終えることができればボーナスが与えられます。また、すべてのレッスンを完了してDAppを稼働した後は、ゾンビ軍団を競技場に用意して他のプレイヤーのゾンビ軍団と戦えることもその魅力の一つです。

公式サイトでは『コードの学習が半分、MMO暗号戦略ゲームがもう半分で、全体が成り立っている』と説明されています。

Loom Network(ルーム・ネットワーク)

Loom Network

クリプト・ゾンビーズの開発チームである『Loom Network』は、イーサリアムサイドチェーン上で稼働する大規模なアプリケーションプラットフォームを開発しています。

彼らは『ブロックチェーンは支払い手段だけでなく、より多くの可能性を秘めており、ゲームはブロックチェーンが革命を起こす分野の一つである』と語っています。

ブロックチェーンは、単に支払いの決済だけでなく、より多くの可能性を秘めていると信じており、多くの開発者が既存の枠組みから飛び出して大規模なDAppを開発してほしいと願っています。ゲームは、ブロックチェーンが革命を起こす一つだと確信しています。ブロックチェーンでのゲーム開発で次世代を刺激することが、CryptoZombiesを開発した理由です。

Loom Networkは、これまでにCryptoZombies以外にも様々なプロジェクトを立ち上げています。今回彼らが新しく発表したブロックチェーンコレクティングカードゲーム『Zombie Battleground』は、ICOではなく、クラウドファウンディングサービスである『Kickstarter(キックスターター)』を利用していることなどもあって、さらに注目を集めています。

Zombie Battleground(ゾンビ・バトルグラウンド)

Zombie BattlegroundはiOSとAndroidでリリースされるモバイルゲームです。
最終的には、PCとMacOSでもリリースされる予定となっています。

一見通常のモバイルゲームのように見えますが、ゲームデータはブロックチェーンに保存されています。ゾンビバトルグラウンドは、自分のゲームデータと資産を専用のDAppChainに保存するスタイル(Magic:The Gathering)のコレクタブルカードゲームです。

ブロックチェーンでデータを管理することによって、数多くのメリットがもたらされますが、最も代表的なメリットの一つが『プレイヤー(およびバトルグラウンドコミュニティ)がゲームとその資産を管理する』ということです。ゲームの制作者であるルーム・ネットワークでさえも、カードを奪うことはできません。

プレイヤーはカードを集めたり、他の人と戦いをしたり、カードを交換したりすることができますが、そのようなゾンビバトルグラウンドのデータは、ブロックチェーン上で管理されています。

またすべてのカードはERC-721トークンとして保存されているため、プレイヤーはカードを所有していることを証明できるだけでなく、実際にお金を稼ぐためにピア・ツー・ピア(P2P)市場でカードを販売することもできます。

私たちは、他のプレイヤーと直接カードを購入、販売、取引することができる、大規模なピアツーピア市場を展開します。

Zombie BattlegroundZombie Battleground(Loom/Mediumから)

ICOではなくKickstarter

CryptoZombiesの創始者であるJames Martin Duffy氏は、このゲームは『Magic:The Gathering』のような主流のタイトルで頭角を現すことができると考えています。彼らはICOを実施する代わりに、クラウドファウンディングサービス『Kickstarter(キックスターター)』を利用することを正式に決定しました。

同社は、60日間実行されるクラウドファンディングキャンペーンで25万ドル(約2,765万円)を調達することを目指しており、支援者には10ドル(約1,100円)から10,000ドル(約110万円)の寄付枠が用意されています。実際に支援を行なった人は15種類の報酬の中から1つを選ぶことができます。

最もランクの低い報酬では、自身や友人が利用することができる独占的なアップデートやブースターパック、ユニークなカード、ベータ版の招待状を受け取ることができます。

約1,000ドル(約11万円)の敷居を超えた支援者への報酬の中には、Tシャツ、物理的なゾンビ・バトルグラウンドカード、支援者に基づくゾンビカード、ミニゾンビの彫像、開発チームとの夜間のタイへの旅行などが含まれています。

すべての報酬は世界中の誰もが利用することができ、2019年5月から出荷予定となっています。またキャンペーンには2つの目標も含まれており、275,000ドル(約3,042万円)に達するとすべての支援者に2枚の限定希少カードが送られ、300,000ドル(約3,319万円)に達すると、新しい冒険が最終戦に追加されます。

多くの注目を集めているこのプロジェクトには、すでにたくさんの支援者がいますが、興味のある方は以下のリンクから内容を確認して見てはいかがでしょうか?また、CryptoZombiesのウェブサイトも日本語にも対応しているため、スマートコントラクトやDAppsについて学びたい方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

Zombie Battlegroundのクラウドファウンディングはこちら
>kickstarter.com
CryptoZombiesの公式サイトはこちらからどうぞ
>cryptozombies.io

DAppsの開発者が増えれば、今後もさらにイーサリウム(ETH)の需要が高まることになるでしょう。仮想通貨取引をメインに行なっていた方も、開発者への道も考えながら一度はDAppsの魅力なども詳しく調べてみることをおすすめします。

DAppsの魅力は仮想通貨セントラリティ(Centrality/CENNZ)の記事でもわかりやすく説明しています。

イーサリアム(ETH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ETHで広告収入|WordPressプラグイン「EthereumAds」登場

仮想通貨ETHで広告収入|WordPressプラグイン「EthereumAds」登場

仮想通貨投資企業Genesis Block Ventures「OMG Network」を買収

仮想通貨投資企業Genesis Block Ventures「OMG Network」を買収

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月20日〜26日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月20日〜26日

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

マネックス証券:暗号資産4銘柄の「差金決済取引(CFD)」提供へ=日経報道

マネックス証券:暗号資産4銘柄の「差金決済取引(CFD)」提供へ=日経報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す