「ビットコインは詐欺」発言でJPモルガンが訴えられる【業界の闇について】

by BITTIMES

「ビットコインは詐欺」発言のニュースは、ここ最近、最も話題を呼んだニュースの 1つだと思います。
ビットコインに関わる人であれば、一度は目にした話題ではないでしょうか。
この発言を行ったのは、JP Morgan Chase( JP・モルガン・チェース)の CEO Jamie Dimon(ジェイミー・デイモン氏)ですが、
今回、彼の「ビットコインは詐欺」という宣言が、日本で言う「インサイダー取引」に近い行為だったのではないか、として 同社と CEO が訴えられています。
訴えを起こしたのは、ブロックチェーンを使い新しいプロバイダビジネスを展開する Blockswater(ブロックスウォーター社)で、
同社は、スウェーデン金融監査院に報告書を提出し、 JP Morgan Chase と Jamie氏が、EU の市場濫用行為規制( MAR )の第12条に違反していると語っています。

「ビットコインは詐欺」発言の2つの問題

今回、Blockswater社が問題だと指摘したのは、Jamie氏の発言とその後の JP Morgan の動きです。
Blockswater社は、Jamie氏が「自分がビットコインに対してマイナスの発言をすることで、ビットコイン価格に影響を与えることは知っていたはずだ。」と主張しています。
また、これだけなら 1企業のポジショントークで、済まされるのですが、問題はその後です。
JPモルガンはその後、ビットコイン価格が大きく下落した大底のタイミングで「ビットコインの大量買い」を行いました。

つまり、「下がる」ことを知っていた上で発言し、実際に下がった段階で大量に買い込んでいるということです。
今回の JP Morgan の一連の行動で、同社は数十億円分の利益を叩き出しています。
この一連の行動が、日本で言うインサイダー取引に非常に近い「市場操作」にあたり、これからより良い金融システムを作っていくスタートアップ企業に損害を与えたとして、Blockswater社によって訴えられた内容です。
ちなみに、この訴えに対して JP morgan も Jamie氏も何もコメントを出していません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン投資家に送る!仮想通貨法案のここが知りたい!

ビットコイン投資家に送る!仮想通貨法案のここが知りたい!

ビットコイン高騰、日本での取引が全市場の46%を超える

ビットコイン高騰、日本での取引が全市場の46%を超える

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

Binanceがハッカーの資金を凍結しチャリティーに寄付

Binanceがハッカーの資金を凍結しチャリティーに寄付

ビットコインゴールドとは?「新しい通貨の誕生」

ビットコインゴールドとは?「新しい通貨の誕生」

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す