ブロックチェーンは「製造業」をどのように変えるのか?

by BITTIMES   

ブロックチェーンを活用することで大きな恩恵を受けることができる分野の一つに「製造業」があります。実際に商品を作り出す重要な役割を担っているこの分野に「Blockchain技術」を取り入れれば、信頼できる情報管理や追跡機能の強化、偽造品の防止、適切な在庫管理といった多くのメリットをもたらすことができます。

こちらから読む:製造業にも活用できる「ブロックチェーン」の仕組み

製品情報に「信頼」を与える

Manufacture

ブロックチェーン技術が持つ「データの改ざんが不可能」という特徴は、原材料、生産国、検査結果、流通経路などの製品情報に"信頼"をもたらします。

一部の企業や団体が特定のサーバーだけでこれらの情報を管理する従来の方法には「内部関係者による情報の改ざん」などの問題が潜んでおり、実際に"悪意を持って製品情報に変更を加える"といった事件も複数報告されています。このような事件が一度発生すると、たとえ不正行為を行っていなかったとしてもそれを証明するのが困難であるため、特定の企業だけでなく業界全体の信頼が低下する可能性があります。

世間からの十分な信頼を獲得している優れたブロックチェーン技術を用いて情報管理を行なっている場合には、そのブロックチェーン技術を採用していること自体が「製品情報が信頼できるものであること」を証明することに繋がるため、たとえ業界を揺るがすような不正行為が発覚した際にも、ブロックチェーン技術に基づいた企業は自社製品の安全性を保証することができます。

サプライチェーン全体における「追跡機能」の強化

Supply-chain

ブロックチェーン上で情報を管理すれば、何か問題が発生した際にも簡単かつ迅速に過去の情報を検索して問題点を把握することができるようになります。

サプライチェーン全体の情報をブロックチェーン上で管理することによって、改ざんの心配のない信頼できる情報をたどることができるようになり、問題が見つかった製品や工場に関連のある箇所を迅速に発見することができるようになります。

製品に関連する情報は、ブロックチェーン上で繋がりを持って記録されているため、一部の製品に問題が発覚してリコールを行う必要がある場合にも素早い対応を取ることができるようになります。

スマートコントラクトで「取引・契約」を自動化

process

プログラムを自動的に実行する機能を備えたイーサリアムのスマートコントラクトを活用すれば、業者の間で交わされる契約や支払いなどのプロセスを自動化することができます。

スマートコントラクトは、特定の条件が満たされた際に設定したプログラムが実行されるようにできるため、様々な事に応用することができます。製品が実際に消費者などの元に届いた際に支払いが実行されるようにもできるため、契約書を管理するための仲介業者や代金の支払いを仲介するその他の業者も不要になると考えられます。

多くの外部企業と関わりを持つ企業にとって、支払いを始めとする様々な取引を自動化できるスマートコントラクトの機能は、非常に魅力的な技術の一つであると言えるでしょう。

分散型管理がもたらす「コスト削減」

Distributed-net

集中型の情報管理方法では、メインサーバーに何かしらの問題が発生した場合にはすべての情報を失う可能性もあるためセキュリティを強化することが必須となりますが、その上で高度な追跡機能を搭載して常に最新の状態を保つためには相応のコストがかかることになります。

ブロックチェーンやスマートコントラクトなどの技術を活用すれば、それらの情報を暗号化された状態で安全に分散して管理することができ、情報の記録も自動的に行うことができるため、複数の面でコストを削減することができます。

ブロックチェーン関連の技術は「オープンソース」として公開されているものも多く、複数の企業が共同で使用し、システムの改良に取り組んでいるものなどもあるため、すでに実績のある信頼できるテクノロジーを気軽に使用できることも魅力の一つです。

偽造品流通による「トラブル」の防止

Manufacture

ブロックチェーン上に記録された製品情報を消費者向けに公開すれば、購入する人々は商品が"本物かどうか"を簡単に確認することができるようになるため、偽造品の流通にも対処することができると考えられます。

より多くの消費者が、製品情報をしっかりと確認して購入する商品を選ぶようになれば、間違えて"ニセモノ"を購入してしまうことも減っていくと予想されるため、悪質な偽造品製造業者は自然と少なくなっていくと考えられます。

中にはニセモノだとわかった上で製品を購入する人々もいるため、世の中から完全に偽造品がなくなることは無いと考えられますが、偽造品関連のトラブルが減少することは間違いないと言えるでしょう。

需要の予測で「過剰在庫」を最小限に

Manufacture

ブロックチェーン上で情報管理を行えば、それらの製品に関する需要を予測することもできるようになるため、予想される需要に応じた生産が可能になり、過剰在庫を最小限にまで抑えることができます。

また過去のデータに基づいて実際に製造される製品は、市場のニーズにマッチしたものでもあるため、業務全体を大幅に効率化することができると期待されます。

さらにブロックチェーン技術と人工知能(AI)などの技術と組み合わせれば、その効果はさらに増大すると期待されます。

大手メーカー企業も活用する「ブロックチェーン技術」

blockchain

ブロックチェーン技術は、実際に大手自動車メーカーや建設・建築業界などの様々な分野でも続々と導入され始めています。

製造する商品の情報に透明性をもたらすことができるという利点は、どの業種にも共通してメリットをもたらすため、世界中のあらゆる企業がブロックチェーン技術を自社のサービスに役立てる方法を模索しています。

当メディアでは、それらの具体的な活用事例を業界ごとにまとめて掲載しているので、そちらの記事も読んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月1日〜7日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月1日〜7日

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

リクルート×三菱UFJ:デジタル通貨関連の「共同出資会社」設立へ=日経報道

リクルート×三菱UFJ:デジタル通貨関連の「共同出資会社」設立へ=日経報道

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

人気サッカーゲーム「Football-Stars」にブロックチェーン機能を実装へ:Animoca Brands

人気サッカーゲーム「Football-Stars」にブロックチェーン機能を実装へ:Animoca Brands

注目度の高い仮想通貨ニュース

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す