リップル(ripple)今後の行方「詐欺で業者代表逮捕」

by BITTIMES   

リップル専門の仮想通貨取引所「リップルトレードジャパン」の代表の竹中優樹容疑者(31)が詐欺の容疑で逮捕されました。
この報道により、仮想通貨取引を始めたばかりの方の中から「リップルは大丈夫か?仮想通貨も大丈夫なのか?」などの不安の声が出ている情報をキャッチしたので、今回は「リップルの今後の行方」や事件の本質についてお話ししていきたいと思います。

リップルには全く関係のない報道

今回の事件は「リップルを専門に取り扱う取引所リップルトレードジャパン」の代表者が、実質上経営破綻をしていたにもかかわらず、新たに「追加の資金を集めたこと」が問題となっています。
「払い戻し能力がない会社が、新たに追加で投資資金を集め、さらには資金の持ち逃げをした。」
という部分が、事件の本質です。
これがリップルでなく「株券」で行ったとしても、詐欺に該当します。
資金を集めるための口実が、今回はリップルだったということです。
リップルそのものに問題があるというわけではありませんので、この部分の誤解をしないようにしてくださいね。
ちなみにこのリップルトレードジャパンは、2014年5月から活動し、2015年3月には代表者の資金の使い込みにより、破綻状態になっていました。
同社は突然の「出金停止」を行い、音信不通になったことでネット上では騒ぎになっていました。
これだけでも事件なのですが、さらに容疑者の男性は架空の電子借用証書(リップルと交換できる電子証明書)を発行し、新たな資金の追加を募集したことが詐欺にあたります。
「支払い能力がないのを理解していたにもかかわらず、資金を集めた」という部分が問題です。
容疑者が架空の電子借用書で集めた資金は 1億2.000万円を超えると言われています。
大切な事なのでもう一度お伝えいたしますが、同じことを「株券」や「不動産の権利書」などを使って行っても、詐欺にあたります。
リップルそのものが問題ではないので、誤解なきようお願いします。

MTGOXとの共通点

今回のような事件が起きた場合、よく比較されるのが、「 MTGOX(マウントゴックス)社倒産事件」です。
MTGOX社は、ビットコインを専門に取り扱う業者で、一時は世界中のビットコイン取引の 70%が同社で行われていました。
つまり、世界一の取引所だったわけです。
しかし、同社の取引システムのセキュリティに問題があり、数年間にわたりハッキングされ続け「 74万BTC 」も盗まれたことで、破産に追い込まれました。
74万BTC は、現在のレートで考えれば「 4000億円」以上の価格になります。
この金額からも MTGOX社がいかに巨大な取引所だったのかがわかります。
当然、この事件も「 MTGOX社のセキュリティの問題」でビットコインそのものには「何の問題もありません。」
しかし、当時も今回のリップル同様、市場が混乱しビットコイン価格は大きく下落しました。

リップルの今後の行方

「リップルそのものには関係ない」とは言っても、市場はこうしたネガティブな報道には敏感ですから、報道後 24時間で価格が 20%下落しました。
現在、価格は安定していますがこのような事件に巻き込まれないようにするためには、個人間での取引やどのような活動を行っているか分からない取引所でやりとりしないことは当然のこと、
基本的には、金融庁が認めた取引所で取引を行い、また原則大量のビットコインなどを保有している場合は、取引所ではなくハードウォレットなどに保管することをお勧めいたします。
取引所に置いてある暗号通貨は、取引所が倒産すると引き出せなくなるからです。ハッキングされた場合も同様です。
これはリップルだけでなく、すべての暗号通貨に言えることですね。
ちなみにリップルはこれまで通り、大手銀行などが支援するため、長期的に見れば価格が上がってくる可能性が高いでしょう。
ただ、リップルはリップルで全く別の問題を抱えていますが、それはまたの機会にご紹介致します。
関連記事
→「リップルコインの最新情報と今後、何倍になるのか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【重要】コインチェック:仮想通貨の「信用取引」サービス終了へ|期日までに返済を

【重要】コインチェック:仮想通貨の「信用取引」サービス終了へ|期日までに返済を

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

テゾス(Tezos/XTZ)F1チーム「Red Bull Racing Honda」と提携|初のNFT発行へ

テゾス(Tezos/XTZ)F1チーム「Red Bull Racing Honda」と提携|初のNFT発行へ

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

Twitter CEO:ビットコイン少額送金技術「Lightning Network」の導入を示唆

Twitter CEO:ビットコイン少額送金技術「Lightning Network」の導入を示唆

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

暗号資産取引所FXcoin「法人口座開設の申込受付」開始

暗号資産取引所FXcoin「法人口座開設の申込受付」開始

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す