リップル(ripple)今後の行方「詐欺で業者代表逮捕」

by BITTIMES   

リップル専門の仮想通貨取引所「リップルトレードジャパン」の代表の竹中優樹容疑者(31)が詐欺の容疑で逮捕されました。
この報道により、仮想通貨取引を始めたばかりの方の中から「リップルは大丈夫か?仮想通貨も大丈夫なのか?」などの不安の声が出ている情報をキャッチしたので、今回は「リップルの今後の行方」や事件の本質についてお話ししていきたいと思います。

リップルには全く関係のない報道

今回の事件は「リップルを専門に取り扱う取引所リップルトレードジャパン」の代表者が、実質上経営破綻をしていたにもかかわらず、新たに「追加の資金を集めたこと」が問題となっています。
「払い戻し能力がない会社が、新たに追加で投資資金を集め、さらには資金の持ち逃げをした。」
という部分が、事件の本質です。
これがリップルでなく「株券」で行ったとしても、詐欺に該当します。
資金を集めるための口実が、今回はリップルだったということです。
リップルそのものに問題があるというわけではありませんので、この部分の誤解をしないようにしてくださいね。
ちなみにこのリップルトレードジャパンは、2014年5月から活動し、2015年3月には代表者の資金の使い込みにより、破綻状態になっていました。
同社は突然の「出金停止」を行い、音信不通になったことでネット上では騒ぎになっていました。
これだけでも事件なのですが、さらに容疑者の男性は架空の電子借用証書(リップルと交換できる電子証明書)を発行し、新たな資金の追加を募集したことが詐欺にあたります。
「支払い能力がないのを理解していたにもかかわらず、資金を集めた」という部分が問題です。
容疑者が架空の電子借用書で集めた資金は 1億2.000万円を超えると言われています。
大切な事なのでもう一度お伝えいたしますが、同じことを「株券」や「不動産の権利書」などを使って行っても、詐欺にあたります。
リップルそのものが問題ではないので、誤解なきようお願いします。

MTGOXとの共通点

今回のような事件が起きた場合、よく比較されるのが、「 MTGOX(マウントゴックス)社倒産事件」です。
MTGOX社は、ビットコインを専門に取り扱う業者で、一時は世界中のビットコイン取引の 70%が同社で行われていました。
つまり、世界一の取引所だったわけです。
しかし、同社の取引システムのセキュリティに問題があり、数年間にわたりハッキングされ続け「 74万BTC 」も盗まれたことで、破産に追い込まれました。
74万BTC は、現在のレートで考えれば「 4000億円」以上の価格になります。
この金額からも MTGOX社がいかに巨大な取引所だったのかがわかります。
当然、この事件も「 MTGOX社のセキュリティの問題」でビットコインそのものには「何の問題もありません。」
しかし、当時も今回のリップル同様、市場が混乱しビットコイン価格は大きく下落しました。

リップルの今後の行方

「リップルそのものには関係ない」とは言っても、市場はこうしたネガティブな報道には敏感ですから、報道後 24時間で価格が 20%下落しました。
現在、価格は安定していますがこのような事件に巻き込まれないようにするためには、個人間での取引やどのような活動を行っているか分からない取引所でやりとりしないことは当然のこと、
基本的には、金融庁が認めた取引所で取引を行い、また原則大量のビットコインなどを保有している場合は、取引所ではなくハードウォレットなどに保管することをお勧めいたします。
取引所に置いてある暗号通貨は、取引所が倒産すると引き出せなくなるからです。ハッキングされた場合も同様です。
これはリップルだけでなく、すべての暗号通貨に言えることですね。
ちなみにリップルはこれまで通り、大手銀行などが支援するため、長期的に見れば価格が上がってくる可能性が高いでしょう。
ただ、リップルはリップルで全く別の問題を抱えていますが、それはまたの機会にご紹介致します。
関連記事
→「リップルコインの最新情報と今後、何倍になるのか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

インドの巨大市場で50%のシェア獲得見込み|リップル(Ripple/XPR)

インドの巨大市場で50%のシェア獲得見込み|リップル(Ripple/XPR)

Discordの「隠しリンク機能を悪用した詐欺」に要注意|仮想通貨が盗まれる可能性も

Discordの「隠しリンク機能を悪用した詐欺」に要注意|仮想通貨が盗まれる可能性も

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

Chiliz Chainの統合発表続く「Bitget・Rarible Protocol・Carbon」など

Chiliz Chainの統合発表続く「Bitget・Rarible Protocol・Carbon」など

Ripple(XRP)が仮想通貨ウォレット「SKB Wallet」で保管可能に|ショップ機能にも対応

Ripple(XRP)が仮想通貨ウォレット「SKB Wallet」で保管可能に|ショップ機能にも対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す