COMSAがICO歴代7位に「それでも抱える問題点」

by BITTIMES   

日本で誕生したトークン「 COMSA(コムサ)」の ICO 調達額が、プレセールと一般トークンセール合わせて 8418万ドル(約 94億円)を超えました。
調達額 94億円は、全世界で第 7位にランクインする規模で、COMSA の可能性と日本市場の将来性を感じます。
また、COMSA は 11月6日までトークンセールが続きますので、ベスト5 入りする可能性もあります。

COMSAが資金を多く集める理由

COMSA が資金を多く集める理由は「世界最高峰の ICOプラットフォーム」を作ろうとしている部分でしょう。
日本で行われる多くの ICO が、COMSA を通して行われれば、当然価格は上昇します。
テックビューロ社はそのために「 ICO協議会」を設けています。
ICO協議会では、インターネット関連企業・銀行・証券会社・弁護士と意見を交換しつつ、法的・会計整備・研究を行なっています。
やはり「プラットフォーム」としての機能を考慮して、現段階で保有しておけば「価値が上がる」と判断した投資家が集まっているのだと考えられます。
COMSA が「 ICO で生まれる多くのトークン」と交換可能ということは「円」のような役割を果たすようになります。
そうなれば価値の循環が起こせるので、保有者にとっても、ICOを行う企業側にとっても多くのメリットが得られます。

COMSAの問題点

「 ICOのプラットフォーム」とこれだけ見れば、ほぼ間違いなく価値が上がるトークンだと考えられますが、 COMSA にも問題点はあります。
それが「発行枚数」と「機能性」です。
これは以前から言われていることですが、COMSA は、ICOが終了したと同時に「倍」の量が発行されます。
一瞬で倍の量が発行されるということは、その瞬間に価値が「半分」になります。(価値が半分になったとしても、価格が半額になるわけではない。)
しかし、多くのコインの流通が決まっているので、それに引きずれられて価格が下落(乱高下)する可能性があります
また、これは意外と気が付いていない方が多いのですが、イーサリアムなど、ブロックチェーンそのものに機能性があり、価値あるブロックチェーンとは異なり、COMSA自体には何の機能性も「ありません」
あくまで、支えるシステムとプラットフォームの組み合わせで、トークンが評価されているだけです。

COMSAは長期投資向け

COMSA は、ICOが行われる度に成長していくトークンになるので、成功するかどうかは「日本仮想通貨市場がどれだけ ICO で盛り上がるか?」にかかっている。と考えてもいいかもしれませんね。
海外の ICO 案件が、率先して日本市場で ICOを行うとは考えにくいので、あくまで COMSA は日本市場に特化したトークン・プロジェクトになっていくでしょう。
そういう意味でも COMSA は「長期ホールド」が良いと判断できるトークンだと思われます。
どちらにせよ「世界で 7位にランクインする。」というのは素晴らしいことなので、今後日本の仮想通貨市場が盛り上がっていくきっかけになることを期待します。
関連記事
→「テックビューロがCAMPFIREと決裂「泥沼化の真実」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所bitFlyer:不正ログイン検知サービス「FraudAlert」を導入

仮想通貨取引所bitFlyer:不正ログイン検知サービス「FraudAlert」を導入

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ブロックチェーンカードゲーム「Frame C Battle」事前登録受付を開始

ブロックチェーンカードゲーム「Frame C Battle」事前登録受付を開始

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す