テックビューロがCAMPFIREと決裂「泥沼化の真実」

by BITTIMES   

仮想通貨取引所「 Zaif 」を運営するテックビューロ社が開発・運営する ICO「 COMSA(コムサ)」は、ユーザー数 20万人、65億円以上の資金を調達するなど、順調な滑り出しを見せていますが、ここに来て重大な問題が起きました。
問題は、テックビューロ社が、クラウドファンディングを行なっている「 CAMPFIRE(キャンプファイヤー社)」の COMSA 内での ICO を中止したというものです。
ICO 中止に関して、現在テックビューロ社と CAMPFIRE 社は、互いの言い分を主張し合っている段階ですが、事態は泥沼化する可能性もあります。
今後も、このような市場を混乱させる報道や出来事は起きてくると思いますので、まずは事実を見極める目を養うためのレポートとして、今回の一件を双方の公式サイトから取り上げてお話していきたいと思います。

テックビューロ社とCAMPFIRE社の意見の食い違い

9月29日、公式サイトにて CAMPFIRE 社は「 ICO の合意に至った事実はなく、今後も COMSA 上で ICO を実施する予定はございません。」と突然発表しました。
それに対して、テックビューロ社は 10月2日、CAMPFIRE 社の公開内容に関して、
ICO が当初の「スケジュール通り」に実地が難しくなったため「 ICO のお断りをする」ことを、CAMPFIRE 社に通達し、市場の混乱を避けるため、「共通の声明を公開」することを「 CAMPFIRE 社に提案していた。」が
突如、9月29日の発表をされたと話しています。
それに対して同日、CAMPFIRE 社はこの 10月2日のテックビューロ社の発言に対して、「事実と異なる内容が多分に含まれておりますため、」から始まる、テックビューロ社の公開内容と異なる視点の発言を行いました。
その内容は、「テックビューロ社が、CAMPFIRE 社が運営する取引所 FIREX(ファイヤーエックス)の OEM 提供を中止すると通達し、更に ICO を前提とした業務提携を一方的に解消した。」と語っています。
また、「当日までに FIREX の顧客資産の返還の措置が取られておらず、テックビューロ社の対応が、顧客保護に反するもの」と発言し、「誠に遺憾です。」とテックビューロの対応を否定しました。

テックビューロ社とCAMPFIRE社の主張

上記のことをまとめると、テックビューロ社は、
・ COMSA での ICO 中止と OME のシステム提供中止を一方的に決定した。(その理由はコインチェック社の決済サービス導入をしたからだ。)
・ ICO に関しては中止の(発表の仕方)を協議したかったのに、CAMPFIRE 社が勝手に発表した
と「一方的な業務提携中止はあったものの、コインチェックとの業務提携や、ICO 中止を勝手に公表したこと」に怒っており、
CAMPFIRE 社は、
・ ICO に関して、具体的な条件や内容に関して交渉を行ったことは一切無く、最終合意に至った事実も一切無い。
・テックビューロ以外の会社とシステム上、業務提携するのは、当然のことで、怒る理由が分からない。
・テックビューロのシステムを使っている、私たちの取引所の顧客の資産を早く返してくれ。
と「そもそも ICO は予定の段階で、具体的な話をしていない。それもテックビューロ社側から一方的に業務提携を解除されたし、当社の顧客資産が守られていない。」ことに怒っています。
それぞれの公表に関しては、その詳細は当事者たちのみぞ知るですが、
ただ 1つ言えることは、COMSA の期待度や今後の日本における仮想通貨市場において、今回のような「マイナス要因」はできるだけ避けてほしかった出来事です。
今回のような出来事は、今後 1度も起こり得ない。と言うことは「ありえない」でしょうが、せめて、真実の情報提供と投資家保護は最低条件として、守って欲しい内容ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

Zaifがクレジットカードでの購入を一時停止

Zaifがクレジットカードでの購入を一時停止

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

Googleが仮想通貨やICOなどの広告を規制することを発表

Googleが仮想通貨やICOなどの広告を規制することを発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

仮想通貨決済アプリ「Metal Pay」トロン(Tron/TRX)をサポート

仮想通貨決済アプリ「Metal Pay」トロン(Tron/TRX)をサポート

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

国税庁:確定申告期限を「さらに延長」4月17日以降も柔軟に受け付け

国税庁:確定申告期限を「さらに延長」4月17日以降も柔軟に受け付け

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

コインチェック「Symbol/XYM」への対応方針を発表

コインチェック「Symbol/XYM」への対応方針を発表

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す