テックビューロがCAMPFIREと決裂「泥沼化の真実」

by BITTIMES   

仮想通貨取引所「 Zaif 」を運営するテックビューロ社が開発・運営する ICO「 COMSA(コムサ)」は、ユーザー数 20万人、65億円以上の資金を調達するなど、順調な滑り出しを見せていますが、ここに来て重大な問題が起きました。
問題は、テックビューロ社が、クラウドファンディングを行なっている「 CAMPFIRE(キャンプファイヤー社)」の COMSA 内での ICO を中止したというものです。
ICO 中止に関して、現在テックビューロ社と CAMPFIRE 社は、互いの言い分を主張し合っている段階ですが、事態は泥沼化する可能性もあります。
今後も、このような市場を混乱させる報道や出来事は起きてくると思いますので、まずは事実を見極める目を養うためのレポートとして、今回の一件を双方の公式サイトから取り上げてお話していきたいと思います。

テックビューロ社とCAMPFIRE社の意見の食い違い

9月29日、公式サイトにて CAMPFIRE 社は「 ICO の合意に至った事実はなく、今後も COMSA 上で ICO を実施する予定はございません。」と突然発表しました。
それに対して、テックビューロ社は 10月2日、CAMPFIRE 社の公開内容に関して、
ICO が当初の「スケジュール通り」に実地が難しくなったため「 ICO のお断りをする」ことを、CAMPFIRE 社に通達し、市場の混乱を避けるため、「共通の声明を公開」することを「 CAMPFIRE 社に提案していた。」が
突如、9月29日の発表をされたと話しています。
それに対して同日、CAMPFIRE 社はこの 10月2日のテックビューロ社の発言に対して、「事実と異なる内容が多分に含まれておりますため、」から始まる、テックビューロ社の公開内容と異なる視点の発言を行いました。
その内容は、「テックビューロ社が、CAMPFIRE 社が運営する取引所 FIREX(ファイヤーエックス)の OEM 提供を中止すると通達し、更に ICO を前提とした業務提携を一方的に解消した。」と語っています。
また、「当日までに FIREX の顧客資産の返還の措置が取られておらず、テックビューロ社の対応が、顧客保護に反するもの」と発言し、「誠に遺憾です。」とテックビューロの対応を否定しました。

テックビューロ社とCAMPFIRE社の主張

上記のことをまとめると、テックビューロ社は、
・ COMSA での ICO 中止と OME のシステム提供中止を一方的に決定した。(その理由はコインチェック社の決済サービス導入をしたからだ。)
・ ICO に関しては中止の(発表の仕方)を協議したかったのに、CAMPFIRE 社が勝手に発表した
と「一方的な業務提携中止はあったものの、コインチェックとの業務提携や、ICO 中止を勝手に公表したこと」に怒っており、
CAMPFIRE 社は、
・ ICO に関して、具体的な条件や内容に関して交渉を行ったことは一切無く、最終合意に至った事実も一切無い。
・テックビューロ以外の会社とシステム上、業務提携するのは、当然のことで、怒る理由が分からない。
・テックビューロのシステムを使っている、私たちの取引所の顧客の資産を早く返してくれ。
と「そもそも ICO は予定の段階で、具体的な話をしていない。それもテックビューロ社側から一方的に業務提携を解除されたし、当社の顧客資産が守られていない。」ことに怒っています。
それぞれの公表に関しては、その詳細は当事者たちのみぞ知るですが、
ただ 1つ言えることは、COMSA の期待度や今後の日本における仮想通貨市場において、今回のような「マイナス要因」はできるだけ避けてほしかった出来事です。
今回のような出来事は、今後 1度も起こり得ない。と言うことは「ありえない」でしょうが、せめて、真実の情報提供と投資家保護は最低条件として、守って欲しい内容ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイスの金融市場監督機関が ICO の規制に関するガイドラインを発表

スイスの金融市場監督機関が ICO の規制に関するガイドラインを発表

Bitcoin Cash(BCH)のブロックチェーン上でトークン発行が可能に!「Wormhole」を発表

Bitcoin Cash(BCH)のブロックチェーン上でトークン発行が可能に!「Wormhole」を発表

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

イーサリアム更に高騰、時価総額4兆円突破の理由

イーサリアム更に高騰、時価総額4兆円突破の理由

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

注目度の高い仮想通貨ニュース

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

POSデバイスに「ビットコイン決済機能」を導入|ブラジル最大の決済プロバイダーCielo

POSデバイスに「ビットコイン決済機能」を導入|ブラジル最大の決済プロバイダーCielo

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表:PundiX(NPXS)

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

暗号市場分析会社Messari:データベースに「Cardano・Orbs」などのプロジェクトを追加

暗号市場分析会社Messari:データベースに「Cardano・Orbs」などのプロジェクトを追加

SAMSUNG:ブロックチェーンスマホ「KlaytnPhone」発売へ|カカオの独自仮想通貨に対応

SAMSUNG:ブロックチェーンスマホ「KlaytnPhone」発売へ|カカオの独自仮想通貨に対応

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す