PumaPay(プーマペイ)が「日本初」のミートアップイベントを開催

by BITTIMES   

仮想通貨の発展に先駆け「プル型決済」を実現し、約1億1700万ドル(約128億円)もの資金調達を達成したことで知られる期待のトークン「PumaPay(プーマペイ)」が"日本初"となるミートアップイベントを開催します。2018年12月15日〜16日にかけて東京と大阪で開かれるこのイベントには、PumaPayのCEOであるYoav Dror(ヨアヴ・ドロール)氏と日本事務所代表の片山森雄氏が登壇し、プロジェクト概要やロードマップの詳細などについての説明を行い、Q&Aや懇談会なども行われる予定となっています。

PumaPay(プーマペイ)とは

PumaPayは、日常生活のあらゆる場面で仮想通貨決済を行うことができる環境作りに取り組んでおり、ブロックチェーン技術を活用した従来の仮想通貨決済では行うことができなかった「プル型決済」を可能にする技術を提供しています。この技術は、
・定期支払い
・分割支払い
・従量課金
などの柔軟な支払い方法を可能にする"引き落とし形式"の決済方法となっています。

同社は仮想通貨が日常の決済場面で活用される未来を考えた際に、銀行やクレジットカードに代わる決済手段として「PumaPay(PMA)」が活用されるためには「プル型決済」が必要不可欠であるという想いからこのプロジェクトトークンの開発を始めたと説明しています。PumaPayが描くビジョンは世界中から期待されており、プライベートセール(ICO)では約1億1700万ドル(約128億円)もの資金が集められています。

2018年10月8日にはロードマップが更新されており、より詳しい計画が発表されています。10月23日には仮想通貨取引所Bittrex(ビットレックス)に上場し、10月24日には世界で11番目に多い取引量を誇る仮想通貨取引所「UPBIT(アップビット)」に上場、10月31日にはロードマップで発表されていた通り、プル型決済をメインネットでスタートさせています。すでに75社と提携を結んでいる同社は今後の事業展開に注目が集まる期待値の高いトークンとして知られています。

日本での事業拡大に向けた「ミートアップ」開催

今回日本で開催されるミートアップは「PumaPayが現在どのように発展を遂げており、今後どのように事業を展開していくのか?」を来場者に直接伝えることを目的としています。会場に訪れた人々は直接質問をすることもでき、普段では伝えることができない内容なども聞くことができると説明されています。

PumaPayは今回のミートアップを通じて日本での「PumaPay」の理解を深め、日本国内でもさらに発展していくことを目指しています。また、今回のミートアップに参加できない方に対しては、PumaPayの公式LINEアカウントを通じて今後の展開を発信していく予定となっているため、最新情報を希望する方は記事の最後に記載しているURLからLINEの申請をされてみてください。

PumaPay CEO:Yoav Dror(ヨアヴ・ドロール)

Yoav Dror(ヨアヴ・ドロール)氏は、PumaPayでCEOを務めています。2018年度の中で最も大きな金額となった約1億1700万ドル(約128億円)の資金調達を達成した同氏は、MBAを取得し、数々のハイボリューム、ハイトランザクション会社を先導しています。2018年12月現在は「PumaPay」のブロックチェーンを用いた決済システムの開発チームを率いています。

PumaPayの支払いシステムは、革新的な仮想通貨決済を実現する「プル型決済」のプロトコルに沿って開発されており、従来のブロックチェーンでは実現不可能とされた複数の請求モデルに対応できる柔軟性を備えています。

プーマペイはすでにイーサリアムネットワークと本ネットワークをサポートしているモバイルウォレットアプリに「定期支払い」のサービスをローンチしており、Wix、IronFX、Pornhub、Fashion TV、Rent 24などを含む世界的にも有名な100以上のブランドがPumaPayの支払い方法を採用することを付託しています。追加構成と複雑なロードマップに伴い、2019年にはPumaPayの請求ソリューション第3バージョンがリリースされる見込みです。

Pumapay 日本代表:片山森雄(カタヤマ・モリオ)

片山森雄(カタヤマ・モリオ)氏は、Pumapayの日本事務所で代表を務めている人物です。ビジネスパーソンとして、北米・アジアのサプライチェーン管理に従事した同氏は、海外駐在中に従来の国際金融システムに疑問を抱いたことをきっかけに仮想通貨に関わり始めました。

2018年初頭から本格的にブロックチェーンプロジェクトのコミュニティ・マネジメントやプロジェクト・マネジメントを担当している同氏は、2018年9月から「PumaPay」の日本代表に就任し、日本におけるPR・マーケティングをメインに、日本のPumaPayファンへのサポートや説明会・イベントを開催するなど、事業・コミュニティ拡充のため活動しています。

PumaPayミートアップ:開催概要

PumaPayの画像

ー開催日時ー
2018年12月15日(土)12時30分オープン/13時スタート/15時半終了予定
2018年12月16日(日)12時30分オープン/13時スタート/15時半終了予定

ー会場ー
15日:TKPガーデンシティPREMIUM心斎橋 バンケット7C
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場 4-3-2 ヒューリック心斎橋ビル
16日:AP新橋 Dルーム
〒105-0004 東京都港区新橋1-12-9A-PLACE新橋駅前(旧新橋プレイス)

ーオフィシャルHP/SNSー
HP:https://pumapay.io(言語選択で日本語にも変換可能)
Twitter:https://twitter.com/PumaPay_JP
Telegram:https://t.me/PumaPay_jp
Line:https://line.me/R/ti/p/%40pumapay_jp

主催:PumaPay
オフィシャル・パートナー:合同会社ニンジャテック

ー申し込みフォームー
https://goo.gl/forms/5zben2ZReGWZy7743


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

誰でも自由に利用可能なNFT共通仕様「Oct-Pass」策定へ|国内企業4社が協力

誰でも自由に利用可能なNFT共通仕様「Oct-Pass」策定へ|国内企業4社が協力

フィリピンのマクドナルドと仮想通貨「LoyalCoin(LYL)」が提携:報酬サービス提供へ

フィリピンのマクドナルドと仮想通貨「LoyalCoin(LYL)」が提携:報酬サービス提供へ

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

ブロックチェーン基盤のホームシェアリングサービス「Dtravel」公開|TRVL配布も予定

ブロックチェーン基盤のホームシェアリングサービス「Dtravel」公開|TRVL配布も予定

ブロックチェーンによる「環境価値の直接取引」を実証研究:関西電力×Power Ledger

ブロックチェーンによる「環境価値の直接取引」を実証研究:関西電力×Power Ledger

注目度の高い仮想通貨ニュース

JPYC:世界中のVisa加盟店で使えるネット専用プリカ「Vプリカギフト」と交換可能に

JPYC:世界中のVisa加盟店で使えるネット専用プリカ「Vプリカギフト」と交換可能に

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

Coincheck IEO開始記念:1万円相当のPLTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

Coincheck IEO開始記念:1万円相当のPLTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す