ビットコインゴールド詐欺で3億円を超える被害が発生

by BITTIMES   

ビットコインゴールドを使った詐欺が見つかりました。
すでに被害額は 3億3000万円を超えると発表されており、注意喚起されています。
今回のビットコインゴールドを利用した詐欺ですが、ビットコインなどを保管する「ウォレット」を利用したものです。

ビットコインゴールド詐欺の手口とは?

このウォレット型詐欺ですが、手口としては「ビットコインゴールドを配布する BTGウォレットを作るので、あなたのビットコイン、もしくはその他の暗号通貨の暗号キーを入力してください。」というものです。
ビットコインゴールドは、10月24日にハードフォークをし配布されましたが、それ以降、取り扱い取引所・ウォレットが限定されているため、引き出せないという状況が続いています。
なので、「今すぐビットコインゴールドを手に入れるために、ウォレットを作ってください。そうすれば配布いたします。」という手口で、不正に暗号キーを大量に集めていたと考えられています。
ビットコインなどをブロックチェーンを使った暗号通貨では、他人に見せても問題がない「公開キー」と他人には絶対に教えてはいけない「暗号キー」を使い取引を成立させています。
重要なことなのでしっかりと覚えておいていただきたいことなのですが「暗号キーはいかなる場合でも、他人には絶対に教えてはいけません。」
「暗号キーを知って良いのは、世界で自分ただ 1人です。」
これは絶対に変えてはいけないルールです。

ビットコインゴールド詐欺を行っているサイト

このビットコインゴールドウォレット詐欺を行なっているサイトの 1つ「 mybtgwallet.com 」はすでに閉鎖済みとなっています。
その他にも同様の手口で暗号キーを集めているサイトは未だに残っているため、注意は必要です。
米国暗号通貨メディア「 CoinDesk 」によると、今回のビットコインゴールドウォレット型詐欺での被害額は、ビットコインで 300万ドル(約 3億3,000万円)。
イーサリアムで 330万円、ライトコインで 800万円、ビットコインゴールドで 1,100万円を超えると考えられています。
被害者の 1人は、このウォレットサイトのリンクを BTG公式サイトより取得したことから信用してしまったと話しています。
この盗難が明らかになる直前、BTGチームはこのウォレットサイトを推奨するツイートを行っており、それによって被害が拡大したと考えられます。


このウォレットサイトは John Dass(ジョン・ダス)というユーザーにより開発されたことがわかっていますが、現状この名前が本名なのか偽名なのかすらも分かっていません。
John Dassは "開発者" タグ付きの BTG Slackチャンネルに入っていましたが、彼はBTGプロジェクトの正式なチームの一員ではなかったようです。
事件後、BTGチームの内部調査が開始され、「この問題の根底に達するためにセキュリティ専門家と協力している」と BTGチームは述べています。
BTGチームは、数日以内に新たな調査について発表するとしています。
このようなハードフォークに乗じた詐欺は、今後も出てくるはずなので、「アカウント情報」や「暗号キー」など、取引に直接影響を及ぼす個人情報は絶対に流出しないように注意をしておきましょう。
関連記事
>>「ビットコインゴールドとは?新しい通貨の誕生

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月21日〜27日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月21日〜27日

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

OKCoinJapan:XRP・LSK上場記念「取引手数料無料キャンペーン」開催へ

OKCoinJapan:XRP・LSK上場記念「取引手数料無料キャンペーン」開催へ

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

Bybit(バイビット)XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

Bybit(バイビット)XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

東京ハッシュ:Amazonギフト券がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

東京ハッシュ:Amazonギフト券がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

NFT・Play-to-Earn機能実装のサッカークラブ育成ゲーム「Blockchain Football」開発へ

NFT・Play-to-Earn機能実装のサッカークラブ育成ゲーム「Blockchain Football」開発へ

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

日本ブロックチェーン協会(JBA)ゲーム関連企業など「合計8社」が新規入会

日本ブロックチェーン協会(JBA)ゲーム関連企業など「合計8社」が新規入会

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す