ビットコインゴールド詐欺で3億円を超える被害が発生

by BITTIMES   

ビットコインゴールドを使った詐欺が見つかりました。
すでに被害額は 3億3000万円を超えると発表されており、注意喚起されています。
今回のビットコインゴールドを利用した詐欺ですが、ビットコインなどを保管する「ウォレット」を利用したものです。

ビットコインゴールド詐欺の手口とは?

このウォレット型詐欺ですが、手口としては「ビットコインゴールドを配布する BTGウォレットを作るので、あなたのビットコイン、もしくはその他の暗号通貨の暗号キーを入力してください。」というものです。
ビットコインゴールドは、10月24日にハードフォークをし配布されましたが、それ以降、取り扱い取引所・ウォレットが限定されているため、引き出せないという状況が続いています。
なので、「今すぐビットコインゴールドを手に入れるために、ウォレットを作ってください。そうすれば配布いたします。」という手口で、不正に暗号キーを大量に集めていたと考えられています。
ビットコインなどをブロックチェーンを使った暗号通貨では、他人に見せても問題がない「公開キー」と他人には絶対に教えてはいけない「暗号キー」を使い取引を成立させています。
重要なことなのでしっかりと覚えておいていただきたいことなのですが「暗号キーはいかなる場合でも、他人には絶対に教えてはいけません。」
「暗号キーを知って良いのは、世界で自分ただ 1人です。」
これは絶対に変えてはいけないルールです。

ビットコインゴールド詐欺を行っているサイト

このビットコインゴールドウォレット詐欺を行なっているサイトの 1つ「 mybtgwallet.com 」はすでに閉鎖済みとなっています。
その他にも同様の手口で暗号キーを集めているサイトは未だに残っているため、注意は必要です。
米国暗号通貨メディア「 CoinDesk 」によると、今回のビットコインゴールドウォレット型詐欺での被害額は、ビットコインで 300万ドル(約 3億3,000万円)。
イーサリアムで 330万円、ライトコインで 800万円、ビットコインゴールドで 1,100万円を超えると考えられています。
被害者の 1人は、このウォレットサイトのリンクを BTG公式サイトより取得したことから信用してしまったと話しています。
この盗難が明らかになる直前、BTGチームはこのウォレットサイトを推奨するツイートを行っており、それによって被害が拡大したと考えられます。


このウォレットサイトは John Dass(ジョン・ダス)というユーザーにより開発されたことがわかっていますが、現状この名前が本名なのか偽名なのかすらも分かっていません。
John Dassは "開発者" タグ付きの BTG Slackチャンネルに入っていましたが、彼はBTGプロジェクトの正式なチームの一員ではなかったようです。
事件後、BTGチームの内部調査が開始され、「この問題の根底に達するためにセキュリティ専門家と協力している」と BTGチームは述べています。
BTGチームは、数日以内に新たな調査について発表するとしています。
このようなハードフォークに乗じた詐欺は、今後も出てくるはずなので、「アカウント情報」や「暗号キー」など、取引に直接影響を及ぼす個人情報は絶対に流出しないように注意をしておきましょう。
関連記事
>>「ビットコインゴールドとは?新しい通貨の誕生

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

セブンイレブンで「仮想通貨」が購入可能に|Abraがフィリピンで新サービス

セブンイレブンで「仮想通貨」が購入可能に|Abraがフィリピンで新サービス

ブロックチェーンスマホ「Acute Angle」中国・東南アジア地域で発売へ|Huobiも出資

ブロックチェーンスマホ「Acute Angle」中国・東南アジア地域で発売へ|Huobiも出資

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

ビットコインはグローバル通貨にならない|リップルCEO

ビットコインはグローバル通貨にならない|リップルCEO

米CME:イーサリアムのインデックス強化「先物提供」の可能性も?

米CME:イーサリアムのインデックス強化「先物提供」の可能性も?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめNEW

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す