もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

by BITTIMES   

韓国での仮想通貨(暗号通貨)バブルが凄まじさを増しています。

ここ最近だけでも、数十万人の新規韓国人投資家がビットコイン(bitcoin/BTC)をはじめとした仮想通貨へ投資をはじめたと報道されています。
すでに韓国市場全体の通貨取引量は、日本・アメリカに続いて世界 3位にまで上昇しています。

ビットコインへの資金流入・交換による取引量の画像ビットコインへの資金流入・交換による取引量(参照:cryptocompare.com

この韓国での仮想通貨投資の過熱ぶりに、コルビットの創設者兼 CEO / Jonathan Lyu(ジョナサン・リュー氏)は、

「韓国の金融市場では、少数の人々が投資するとその流行りに追いつくために、その他の投資家は必死にその特定の資産に急いで投資する傾向がある。」

と、韓国の金融市場の特徴を語りました。

韓国の仮想通貨バブル

また、Jonathan Lyu 氏は、

「韓国では、言葉だけが本当に速く広がります。人々が投資を始めると、他の人たちはその投資のパーティーに加わることを望みます。今回もこの動きを中心としたコミュニティの動きが見られました。」

と、韓国の投資家やコミュニティの特徴も語りました。

8月には、韓国最大の仮想通貨取引所 Bithumb(ビットハン)の 1日の取引量が、韓国の主要株式市場である KOSDAQ(コスダック)の取引量を上回りました。

KOSDAQ は、アメリカにある先端技術株の中心である NASDAQ を「参考」にして作られた証券市場です。
韓国全体の中小企業から、ベンチャー起業の軍資金をより円滑に調達するために作られた KOSDAQ の取引量よりも、1取引所の取引量の方が大きいという事実は、韓国での仮想通貨投資への過熱ぶりがはっきりと見て取れるのではないでしょうか。

韓国政府の仮想通貨規制

韓国政府は、先日「ビットコインの先物取引の禁止」と「ICO の禁止」を行いましたが、韓国政府は現在、国内での仮想通貨投資の過熱ぶりに慌てて規制を「解除」する方針のようです。
仮想通貨市場に規制をかけたい韓国政府ですが、仮想通貨自体には非常に好意的で、日本のように利用者保護と反社会組織のマネーロンダリングなどを禁止することを目的とした規制をしていく方針です。

ただ、やはり政府が市場の動きについていけず、対応が後手後手になっている印象です。
現在、法律で禁止されているビットコイン(bitcoin/BTC)の先物取引も、次第に緩和されていくでしょう。

韓国は世界的な仮想通貨市場に成長する

韓国の仮想通貨市場は、日本とアメリカに続くほど "巨大な市場になる可能性" があると考えられています。
これは、韓国で 2番目の大手商業銀行、新韓(シンハン / Shinhan)などの国内で、影響力が大きい金融機関がビットコインウォレットなどのシステム開発を始めていることや、韓国政府が仮想通貨に所得税などを課税対象の予定というニュースからも、韓国が、国を挙げて仮想通貨対策に乗り出していることが変わります。

現在、韓国の仮想通貨法案は日本のものを参考にして作る予定だと言われています。
熱狂的な韓国人ユーザーが、今後どこまで増えるのか?
韓国で「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者が数多く誕生する未来もそう遠くないかもしれません。

この記事に関連するニュースはこちら
>>「本当は怖いビットコイン(bitcoin/BTC)税金対策「いくらになるのか計算してみた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンを「割引輸送サービス」に活用|ロシア鉄道が国民年金基金と提携

ブロックチェーンを「割引輸送サービス」に活用|ロシア鉄道が国民年金基金と提携

ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

ビットコインをマイクロチップで手に埋め込む日も近い「スウェーデンでは実用化済み」

ビットコインをマイクロチップで手に埋め込む日も近い「スウェーデンでは実用化済み」

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

TOYOTA BLOCKCHAIN LAB:ブロックチェーン技術活用に向け「企業連携」を加速

TOYOTA BLOCKCHAIN LAB:ブロックチェーン技術活用に向け「企業連携」を加速

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

XRP価格「1桁突入」の可能性も?著名トレーダーは「さらなる下落」を予想

XRP価格「1桁突入」の可能性も?著名トレーダーは「さらなる下落」を予想

Coinbase Commerce:仮想通貨決済の処理総額「200億円」を突破

Coinbase Commerce:仮想通貨決済の処理総額「200億円」を突破

国税庁:確定申告期限を「さらに延長」4月17日以降も柔軟に受け付け

国税庁:確定申告期限を「さらに延長」4月17日以降も柔軟に受け付け

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す