コインチェックの資産管理を徹底批判、SBI北尾社長の厳しい指摘

by BITTIMES

SBIホールディングスの北尾吉孝社長は1月30日、2017年4~12月期の決算説明会で足元の仮想通貨事業に対して厳しくコメントしました。

北尾社長は、仮想通貨を事業として取り組むのにもっとも大事なのはウォレットの管理、セキュリティーの強化だと指摘し、
仮想通貨ネム(NEM)のハッキングで580億円を不正流出したコインチェックについて

「基本的な問題を全部やっていない」
「インターネットに常時繋がっているホットウォレットでネムを保持するのは全くナンセンス」
と指摘した。
更にコインチェック社のCMに対し
「最も腹が立つのはシステムに金を払うべきなのに、客を集めるCMで多額の金を払ってる」
「こういう輩はカス中のカス」
と猛烈に批判しました。

コインチェック社が不正流出580億円のうち460億円を現金で補償するという方針について

「あのお金を返せると思わない。あのビジネスがそれだけ儲かっていたのか」
と疑問視し、税金を払っているのかを追求した上で
「あの会社が多額の税金を払っているなんて聞いたことが無い」
と言及し、金融庁は今回の審査を財務においても徹底的に行うべきだと主張した。

返金の発表で安心しつつあったコインチェックユーザーにとって、今回の発言はかなり衝撃的なものだった。今回の厳しい指摘が事実でないことを祈りたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所の「顧客資産保護体制」まとめ

仮想通貨取引所の「顧客資産保護体制」まとめ

コインチェック流出事件の被害者が1900万円分の返還を請求

コインチェック流出事件の被害者が1900万円分の返還を請求

ビットコインが使えるお店が4.6倍に増加!チップが払えるお店も

ビットコインが使えるお店が4.6倍に増加!チップが払えるお店も

ビットコインの買い方【初心者向けガイド・画像あり】

ビットコインの買い方【初心者向けガイド・画像あり】

コインチェック記者会見の内容まとめ|3月8日

コインチェック記者会見の内容まとめ|3月8日

ビットコインが使えるお店2017年で2万店舗を超える可能性も!

ビットコインが使えるお店2017年で2万店舗を超える可能性も!

注目度の高い仮想通貨ニュース

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

ブロックチェーン導入を進めるマスターカードが描くビジョンは?

ブロックチェーン導入を進めるマスターカードが描くビジョンは?

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す