自分好みのブロックチェーンゲームが見つかる!アプリ検索サイト「FinDApps」β版公開

by BITTIMES   

東京都品川区に本社を構える「株式会社ビットファクトリー」は2019年2月25日、自分に合った分散型アプリケーション(DApps)を簡単に見つけ出すことができるDApps検索サイト「FinDApps(ファインダップス)」のベータ版をオープンしました。このWebサイトは、ユーザーが保有しているトークンを元にその人に合ったブロックチェーンゲームやアプリを自動表示してくれる機能を備えています。

こちらから読む:Baiduがアプリ開発キットを発表「DApps」関連ニュース

FinDApps(ファインダップス)とは

FinDApps

FinDApps(ファインダップス)は、自分にピッタリの分散型アプリケーション(DApps)を簡単に見つけることができる「独自のアルゴリズム」を実装している「DApps検索」に特化したWebサイトです。

Webサイト上では、ブロックチェーン技術をベースとしたゲームアプリが複数紹介されているため、検索窓にキーワードを入力したり、自動表示されるおすすめの中から選択したりすることによって、自分好みのDAppsを気軽に探すことができます。

ユーザーに合ったDAppsを表示する「レコメンド機能」

「FinDApps」の大きな特徴の一つは、ユーザーが保有しているトークンなどを元にして、それぞれに合ったDAppsを自動表示してくれるという点です。

MetaMask(メタマスク)」をインストールしているPCブラウザや、ウォレット機能付きDAppsブラウザ「Quragé(クラゲ)」でWebサイトを訪れれば、ユーザーが保有しているトークンから好みを分析し、その人に最適なDAppsを「あなたにオススメのDApps」として自動表示してくれます。

「あなたにオススメのDApps」表示画面(画像:FinDApps)「あなたにオススメのDApps」表示画面(画像:FinDApps)

公式発表では『このレコメンド機能は使えば使うほど、ユーザーに合ったものをオススメしてくれるようになる』と説明されています。

掲載されているDAppsは運営チームで「チェック済み」

「FinDApps」で紹介されているDAppsは、同社の運営チームによってチェックされた上で掲載されているため、より安心してDAppsを利用することができます。

DAppsの内容も画像付きでわかりやすく紹介されているため、誰でも簡単に「自分好みのDApps」を探すことができます。

DAppsの「登録募集」も受付中

2019年2月25日時点では、まだWebサイトが公開されたばかりであるため、掲載されていDAppsは「12種類」となっていますが、新しいDAppsの登録募集も行われているため、今後はより多くのDAppsが追加されていくと予想されます。

「ユーザー特典・インセンティブ」なども予定

今後の予定としては「FinDApps」を通じてDAppsを利用したユーザーに対して特典を付与する仕組みや、ユーザーがDAppsを評価することで、評価したユーザーと評価されたデベロッパーにインセンティブが付与される仕組みなどの導入も検討していると伝えられています。

仮想通貨やブロックチェーン技術の普及に伴い、DAppsの開発も世界中で進められているため、今後の業界の発展とともに「FinDApps」も必須のツールとなっていくことでしょう。

「FinDApps」に関するより詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>「FinDApps」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「開業1周年記念キャンペーン」開催

BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「開業1周年記念キャンペーン」開催

ブレイブブラウザ:参加無制限のビデオ通話機能「Brave Together」を発表

ブレイブブラウザ:参加無制限のビデオ通話機能「Brave Together」を発表

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

Googleで「ビットコイン」の検索量が急増、過去12ヶ月間の最高値に到達

Googleで「ビットコイン」の検索量が急増、過去12ヶ月間の最高値に到達

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月12日〜18日

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月12日〜18日

注目度の高い仮想通貨ニュース

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す