【コインチェック】流出したネム(NEM)が複数口座に分散

by BITTIMES

コインチェック社から流出した仮想通貨ネム(NEM)が、1万円程度をほかの口座に移す動きが14回にわたって続き、流出したネム(NEM)は現段階では19口座に分散されました。

一つの口座に流出した後に、一部を残して9口座に分散されたネムは、流出から4日後の30日夜にさらに9口座に送金していた。31日夜の時点では19口座が使われています。

犯人が資金移動の方法を模索していることが予想され、不特定多数の口座を巻き込む事で追跡を難しくしようとしていることが疑われます。

こういった動きを受け NEM 財団は、詳細についてはセキュリティー上の問題から明らかにできないとしたうえで

「流出したNEMが少額ずつ複数の口座に分散されている動きは把握している。NEMの動きを追跡する取り組みは現在も進行中だ。流出したNEMはどこの取引所にも持ち込まれていない。これだけ大量の仮想通貨をひそかに換金することは非常に困難だ」
と語っています。

もし自分のウォレットに予期せぬNEMの送金があった場合には注意が必要かと思われます。

仮想通貨 NEM /XEM が購入できる仮想通貨取引所 Zaif の画像NEM の購入やウォレットが作れる仮想通貨取引所 Zaif はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ハードウォレット「Ledger」に脆弱性が見つかる

ハードウォレット「Ledger」に脆弱性が見つかる

仮想通貨暴落の原因。今回はCoinbaseもダウン

仮想通貨暴落の原因。今回はCoinbaseもダウン

仮想通貨取引所を比較、メリットを理解して使い分けるのがベスト

仮想通貨取引所を比較、メリットを理解して使い分けるのがベスト

1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

「コインチェック被害対策弁護団」がWebサイトを開設

「コインチェック被害対策弁護団」がWebサイトを開設

仮想通貨ネム【NEM】175倍に高騰中!今後さらに爆上げの理由

仮想通貨ネム【NEM】175倍に高騰中!今後さらに爆上げの理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ユーザー数200万人を超えたbitFlyerの今後に注目

ユーザー数200万人を超えたbitFlyerの今後に注目

仮想通貨のレンタルで稼ぐ|GMOコインの「貸仮想通貨」とは?

仮想通貨のレンタルで稼ぐ|GMOコインの「貸仮想通貨」とは?

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す