リップル社が「xCurrent」を使った一般向け送金アプリを発表

by BITTIMES

スペインの大手銀行サンタンデール(SANTANDER)は、米リップル(Ripple)社の「xCurrent」を使った、一般消費者向けのモバイル決済アプリをリリースする予定だと発表しています。ブロックチェーンに基づいた一般向けアプリを銀行が導入するのは世界でも初めての事です。

同アプリにはウォレットやP2P決済の機能の他に、リップル社が銀行向けに提供しているソリューション「xCurrent」を取り入れたクロスボーダー決済機能も搭載されており、シンプルかつスムーズなリアルタイム国際送金を実現しているとの事です。

同サービスはイギリス、スペイン、ポーランド、ブラジル等の一部の地域でリリースされ、ユーザは3回のクリックのみで支払い手続きが完了し、40秒以内に実行されるとのことです。

サンタンデールの広報担当者は

「今後数ヶ月以内にこれを打ち出し、xCurrentをプロジェクトで使用することを確認することができます。」 「ユーザー間の支払いに分散台帳技術を導入した、世界初の銀行となることを期待しています。」

と述べており、リップル社CEO Brad Garlinghouse氏も同アプリへの期待を露わにしています。

ちなみに今回採用されたのは、リップル社が銀行向けに提供しているサービスであり、ネイティブトークンである XRP の事ではありませんので、ご注意ください

xCurrent とは?

「xCurrent」とは、従来の仕組みで国際送金を行う銀行が抱えていた

  • 高い運用コスト
  • 不確実性、不透明なノストロ口座残高
  • 長い応答時間
などの問題を解決し、運用コストを引き下げるために推奨されているソリューションのことです。具体的な内容としては、簡単な統合作業とエンドツーエンドのトラッキングによって、銀行の「送金メッセージ」「処理」「決済」を実現します。

主要な機能としては

  • 豊富なデータを用いた双方向メッセージング
  • リアルタイムな一元的決済
  • 標準化されたルール、フォーマットとプロセス
などが挙げられており、国際送金の処理と決済の効率化によって、銀行の享受するコスト削減率は、平均で 60%にも上るとされています。あらゆる面において効率化を図る事で結果として、全てのユーザーの資産や時間にゆとりが生まれ、新たな挑戦の機会を生み出せるような仕組みとなっています。

詳しい説明は公式サイトに記載されておりますので、興味のある方は下記のリンクからご確認ください。
>> Ripple 公式サイト

仮想通貨取引所 bitbank の画像大手銀行が導入したリップルが買える仮想通貨取引所 bitbank はこちら ]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社、ブラジル、インド、カナダなどの5社と提携

Ripple社、ブラジル、インド、カナダなどの5社と提携

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月17日〜23日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月17日〜23日

MUFGコイン購入は 2017年開始 ビットコインとの大きな違い

MUFGコイン購入は 2017年開始 ビットコインとの大きな違い

ブロックチェーンシステム開発へ「富士通と銀行協会が協力」

ブロックチェーンシステム開発へ「富士通と銀行協会が協力」

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

ポルシェ、ブロックチェーンコンテストに賞金290万円

ポルシェ、ブロックチェーンコンテストに賞金290万円

注目度の高い仮想通貨ニュース

マルタ証券取引所とバイナンスが仮想通貨スタートアップ企業12社を支援!

マルタ証券取引所とバイナンスが仮想通貨スタートアップ企業12社を支援!

仮想通貨決済を導入して売上高が427%も増加したショップとは

仮想通貨決済を導入して売上高が427%も増加したショップとは

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

仮想通貨マイニングを行うNBAバスケットチーム|Sacramento Kings

仮想通貨マイニングを行うNBAバスケットチーム|Sacramento Kings

トークンエコノミーの未来へ「テックビューロホールディングス株式会社」設立

トークンエコノミーの未来へ「テックビューロホールディングス株式会社」設立

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

次の標的は

次の標的は"仮想通貨取引禁止"のインド中央銀行|John McAfee

日本初!仮想通貨を

日本初!仮想通貨を"差し押さえ"られた駐車金違反の男性

西日本の豪雨災害に「約1億円」を寄付|BINANCEのCEO

西日本の豪雨災害に「約1億円」を寄付|BINANCEのCEO

ジョン・マカフィーが報酬5,000ドルで犯人追跡!

ジョン・マカフィーが報酬5,000ドルで犯人追跡!"あの"話題も再浮上

ヴィタリックVSアップル「仮想通貨への対応は理解できない」

ヴィタリックVSアップル「仮想通貨への対応は理解できない」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す