ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は2019年4月2日頃から高騰しており、過去7日間の上昇率は25.2%を記録しています。価格上昇の要因は複数考えられているものの、ロシアの経済学者Vladislav Ginko(ウラジスラフ・ギンコ)氏は、同国の富裕層の人々や企業が最近「約1兆円相当のビットコインを購入した」と述べており、これに関連して『BTC価格は2019年末に2億円を超える』と語っています。

こちらから読む:"数十億規模の送金報告"相次ぐ「ビットコイン」関連ニュース

嘘?本当?ロシアの富裕層・企業が「180万BTC」を購入

ロシアの有名な経済学者であるVladislav Ginko(ウラジスラフ・ギンコ)氏は、最近ロシアの裕福な人々や企業が180万BTCを購入したと語っています。これは購入時のレートに換算すると約86億ドル(約9,500億円)に相当すると伝えられています。

ギンコ氏は、ロシア政府から直接的な投資が行われたわけではないものの、資産を購入した人々のほとんどは米国からの経済制裁を避けようとしていると説明しています。米国による経済制裁はロシアで現在行われている国際取引を妨害する可能性があるため、国内の事業に深刻な影響を及ぼす可能性があります。そのため、このような問題に対処するために富裕層の人々や企業がビットコインを購入している可能性あるとも考えられます。

しかし、ギンコ氏は今年の初めに「ロシア政府はビットコイン約1兆円相当の購入を計画している」と語り、多くの波紋を呼んだ人物でもあります。この発言は仮想通貨業界でも広く取り上げられ世界中の主流メディアで報じられましたが、その後はロシア連邦議会下院の議長が『そのような計画を実現させるには今後30年はかかるだろう』として正式に否定するコメントを発表したことなどから"フェイクニュース"であるとも言われていたため、今回の情報も正確な情報であるかどうかには疑問が残ります。

ただ今回の発言では「政府はこの投資に関連していない」と断言されているため、以前のようにギンコ氏の発言を強く否定する声はあまりあがっていません。情報の信憑性を疑う一部からの批判に対してギンコ氏は「私はロシアの政治経済問題に深く関わっており、ロシアについてメディアで話すために選ばれた人間である」として自らの正当性を主張しているとも伝えられています。

ビットコイン価格予想:2019年末までに「200万ドル」

ギンコ氏が内容が真実であるかどうかは定かではないものの、同氏はロシアの購入によってビットコインの価格は徐々に引き上げられていくことになると語っています。

ロシアの購入がビットコイン価格に直接影響を与えることはありませんが、中期的にはビットコインの価格を引き上げる上での役割を果たし始めています。ロシアの企業や人々、特にOFAC(米国財務省外国資産管理室)のリストに載っている危険に晒されている人々は、ビットコインを間接的に購入する必要があります。

このように語るギンコ氏は先日、ビットコインの将来の価格に関するコメントも語っており「ビットコイン価格は2019年末までに200万ドル(約2.2億円)に達する可能性がある」との強気な発言を残しています。同氏が語った内容全体を通して考えると、これらの情報はやや信じがたいものではありますが、実際にビットコイン価格は上昇を続けているため、今後のビットコイン価格にも注目が集まります。

2019年4月4日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は現在も上昇を続けており、本日6時時点では一時的に58万円近くまで上昇しました。しかしその後はやや下落し、記事執筆時点のBTC価格は「1BTC=564,044円」となっています。

2019年3月28日〜2019年4月4日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月28日〜2019年4月4日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン革命は「政府でも止められない」米国会議員が公聴会で発言

ビットコイン革命は「政府でも止められない」米国会議員が公聴会で発言

中東二国の中央銀行が仮想通貨を「共同開発」サウジアラビア・アラブ首長国連邦

中東二国の中央銀行が仮想通貨を「共同開発」サウジアラビア・アラブ首長国連邦

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

DappRadar:ネイティブトークン「RADAR」発行へ|分散型プラットフォームへ移行

DappRadar:ネイティブトークン「RADAR」発行へ|分散型プラットフォームへ移行

bitFlyer:新サービス予想でBTCが当たる「フォロー&引用リツイートキャンペーン」開始

bitFlyer:新サービス予想でBTCが当たる「フォロー&引用リツイートキャンペーン」開始

Bybit:シンボル(Symbol/XYM)取扱いへ|社内評価では「A評価」を獲得

Bybit:シンボル(Symbol/XYM)取扱いへ|社内評価では「A評価」を獲得

adidas:メタバース事業参入を示唆|NFTバッジ「POAP」を無料配布

adidas:メタバース事業参入を示唆|NFTバッジ「POAP」を無料配布

NFTの売買・保管をより簡単に「Blockchain.com NFT」β版公開へ|事前登録受付も開始

NFTの売買・保管をより簡単に「Blockchain.com NFT」β版公開へ|事前登録受付も開始

PlanB氏:フロアモデルのビットコイン価格予想「初の予測ミスになるだろう」と発言

PlanB氏:フロアモデルのビットコイン価格予想「初の予測ミスになるだろう」と発言

Coinbase Wallet「スタンドアロン型のブラウザ拡張機能」をリリース

Coinbase Wallet「スタンドアロン型のブラウザ拡張機能」をリリース

米決済大手Square「Block」に社名変更|ブロックチェーン・暗号資産関連事業に注力か

米決済大手Square「Block」に社名変更|ブロックチェーン・暗号資産関連事業に注力か

マッチングアプリ「Tinder」メタバース参入やアプリ内通貨発行を検討

マッチングアプリ「Tinder」メタバース参入やアプリ内通貨発行を検討

ビットコイン交換所マウントゴックスの「再生計画」が確定|債権者への弁済実施へ

ビットコイン交換所マウントゴックスの「再生計画」が確定|債権者への弁済実施へ

シンボル(Symbol/XYM)ハードフォーク「キプロス」を完了

シンボル(Symbol/XYM)ハードフォーク「キプロス」を完了

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す