Bosch「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

by BITTIMES   

ドイツを本拠地とする電動工具・自動車部品の大手メーカー「BOSCH(ボッシュ)」と、オーストリアの大手電力会社「Wien Energie(ウィーン・エネルギー)」は、"ブロックチェーン冷蔵庫"を開発したことを発表しました。

こちらから読む:電気通信業界での市場規模1,500億円規模に「Blockchain」関連ニュース

BOSCH×Wien Energie「ブロックチェーン冷蔵庫」

BOSCH(ボッシュ)とWien Energie(ウィーン・エネルギー)が開発した「ブロックチェーン冷蔵庫」は、オーストリアの首都ウィーンで開催された「ANON Blockchain Summit」に展示されました。

「温度設定」や「電力消費量」などをアプリで管理

「Wien Energie」の公式発表によると、この冷蔵庫は消費者が電力消費量をアプリで確認し、コントロールできるように設計されているため、冷蔵庫や冷凍庫の温度はスマートフォンやタブレットで設定したり、消費電力を制御したり、デバイス全体を監視したりできると説明されています。

具体例としては「冷蔵庫のドアが開いている時にアプリケーションが警告を発してくれる機能」や「時間の経過とともにデバイスの消費量を確認することができる機能」さらには「CO2(二酸化炭素)の排出量を分析したりすることができる機能」なども搭載されているとのことです。

「電力供給元」は自分自身で選択可能

さらにこの「ブロックチェーン冷蔵庫」では、時間毎の消費電力に関する「供給元情報」などがブロックチェーン上に記録されており、消費者は電力の発電元を「近隣の建物の太陽光発電」や「風力発電所」などといった複数の項目から選択することができるようになっていると説明されています。

全てのトランザクションは匿名で公開されており、利用者はデータと設定を完全に管理することができます。また、これらのやりとりはスマートコントラクトによって処理されるため、温度設定や電力供給元が一方的に変更される心配もありません。

エネルギー市場の「新たなビジネスモデル」

Wien EnergieとBOSCHは、今後数ヶ月以内に複数の顧客と共に「ブロックチェーン冷蔵庫」のテストを実施するとされており、Wien Energieとブロックチェーン企業「Riddle & Code(リドル&コード)」が都市開発地域に構築したブロックチェーンインフラストラクチャーを用いた広範囲な実験も間も無く開始すると説明されています。

Wien EnergieのCEOであるPeter Gönitzer氏は公式発表の中で、ブロックチェーン・インフラストラクチャーは、エネルギー市場の新たなビジネスモデルになる可能性を秘めていると語っています。

ブロックチェーン・インフラストラクチャーは、エネルギー市場の新たなビジネスモデルとなり得ます。例えば充電ステーションでは、ブロックチェーン上のコンピュータ・プロトコルを使用して、近隣のビルの屋上に設置された太陽光発電システムと電力取引マーケットの両方から電力を購入する契約を自動的に結び、その電力を電気自動車に販売することができます。

「Wien Energie」は先月末に、ブロックチェーン技術に基づいた「電気自動車用充電ステーション」のテストに取り組んでいることを発表しています。電力供給にブロックチェーン技術やスマートコントラクトを活用して効率化を図る取り組みは、日本を含めた複数の国で発表されています。

電化製品へのブロックチェーン技術活用は、今後も多くの企業が取り組んでいくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP「10億円相当」が流出|仮想通貨ウォレット「GateHub」がハッキング被害に

XRP「10億円相当」が流出|仮想通貨ウォレット「GateHub」がハッキング被害に

VanEck・SolidX:ビットコインETF「機関投資家限定」で今週販売か=WSJ報道

VanEck・SolidX:ビットコインETF「機関投資家限定」で今週販売か=WSJ報道

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

企業向け分散型台帳フレームワーク「Hyperledger Fabric 2.0」リリース

企業向け分散型台帳フレームワーク「Hyperledger Fabric 2.0」リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

コスモス(Cosmos/ATOM)価格上昇続く|1年ぶりに「過去最高値」を突破

コスモス(Cosmos/ATOM)価格上昇続く|1年ぶりに「過去最高値」を突破

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

コカ・コーラ・アマティル:仮想通貨決済サービスの「Centrapay」に投資

コカ・コーラ・アマティル:仮想通貨決済サービスの「Centrapay」に投資

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

TrustSwap:暗号通貨の信頼構築&DeFiの変革実現

TrustSwap:暗号通貨の信頼構築&DeFiの変革実現

The Sandbox:人気のキャラクターブランド「Care Bears(ケアベア)」と提携

The Sandbox:人気のキャラクターブランド「Care Bears(ケアベア)」と提携

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す