Bosch「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

by BITTIMES   

ドイツを本拠地とする電動工具・自動車部品の大手メーカー「BOSCH(ボッシュ)」と、オーストリアの大手電力会社「Wien Energie(ウィーン・エネルギー)」は、"ブロックチェーン冷蔵庫"を開発したことを発表しました。

こちらから読む:電気通信業界での市場規模1,500億円規模に「Blockchain」関連ニュース

BOSCH×Wien Energie「ブロックチェーン冷蔵庫」

BOSCH(ボッシュ)とWien Energie(ウィーン・エネルギー)が開発した「ブロックチェーン冷蔵庫」は、オーストリアの首都ウィーンで開催された「ANON Blockchain Summit」に展示されました。

「温度設定」や「電力消費量」などをアプリで管理

「Wien Energie」の公式発表によると、この冷蔵庫は消費者が電力消費量をアプリで確認し、コントロールできるように設計されているため、冷蔵庫や冷凍庫の温度はスマートフォンやタブレットで設定したり、消費電力を制御したり、デバイス全体を監視したりできると説明されています。

具体例としては「冷蔵庫のドアが開いている時にアプリケーションが警告を発してくれる機能」や「時間の経過とともにデバイスの消費量を確認することができる機能」さらには「CO2(二酸化炭素)の排出量を分析したりすることができる機能」なども搭載されているとのことです。

「電力供給元」は自分自身で選択可能

さらにこの「ブロックチェーン冷蔵庫」では、時間毎の消費電力に関する「供給元情報」などがブロックチェーン上に記録されており、消費者は電力の発電元を「近隣の建物の太陽光発電」や「風力発電所」などといった複数の項目から選択することができるようになっていると説明されています。

全てのトランザクションは匿名で公開されており、利用者はデータと設定を完全に管理することができます。また、これらのやりとりはスマートコントラクトによって処理されるため、温度設定や電力供給元が一方的に変更される心配もありません。

エネルギー市場の「新たなビジネスモデル」

Wien EnergieとBOSCHは、今後数ヶ月以内に複数の顧客と共に「ブロックチェーン冷蔵庫」のテストを実施するとされており、Wien Energieとブロックチェーン企業「Riddle & Code(リドル&コード)」が都市開発地域に構築したブロックチェーンインフラストラクチャーを用いた広範囲な実験も間も無く開始すると説明されています。

Wien EnergieのCEOであるPeter Gönitzer氏は公式発表の中で、ブロックチェーン・インフラストラクチャーは、エネルギー市場の新たなビジネスモデルになる可能性を秘めていると語っています。

ブロックチェーン・インフラストラクチャーは、エネルギー市場の新たなビジネスモデルとなり得ます。例えば充電ステーションでは、ブロックチェーン上のコンピュータ・プロトコルを使用して、近隣のビルの屋上に設置された太陽光発電システムと電力取引マーケットの両方から電力を購入する契約を自動的に結び、その電力を電気自動車に販売することができます。

「Wien Energie」は先月末に、ブロックチェーン技術に基づいた「電気自動車用充電ステーション」のテストに取り組んでいることを発表しています。電力供給にブロックチェーン技術やスマートコントラクトを活用して効率化を図る取り組みは、日本を含めた複数の国で発表されています。

電化製品へのブロックチェーン技術活用は、今後も多くの企業が取り組んでいくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Google Cloud:大手暗号資産取引所「Coinbase」と提携|複数のサービス連携を予定

Google Cloud:大手暗号資産取引所「Coinbase」と提携|複数のサービス連携を予定

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

BOSCH:IOTA用いた「電子決済システム」で特許申請

BOSCH:IOTA用いた「電子決済システム」で特許申請

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す