暗号通貨とAmazon

by BITTIMES

Amazon 暗号通貨というの単語に多くの関心が集まっているようです。

Amazon は昨年 11月頃に仮想通貨に関する Web ドメインを取得したことが分かっています。登録されたドメイン名は

  • 「amazoncryptocurrency.com」
  • 「amazonethereum.com」
  • 「amazoncryptocurrencies.com」

などであり、これにより仮想通貨市場に参入するのでは?と大きな話題となりました。しかし実際には、これらのドメインに関する正式な発表はされておらず、3年前に購入したドメイン「amazonbitcoin.com」に関しても、現在も Amazon Web ページのメインページにリダイレクトされるようになっています。

このような事から同社がどういった目的を持っているのか?という多くの疑問を呼んでいますが、恐らく単に仮想通貨ブランド名の保護のために取得されたのではないか?とみられます。すでに 2013年から Amazon Coin という仮想通貨を販売しているため、他の暗号通貨との混乱を防ぐために登録している可能性があります。

また最高経営責任者(CEO)は、「ブロックチェーンの助けを借りて解決しようとしている現在の問題は、他の利用可能な技術の助けを借りて解決することができます。そのため、ブロックチェーンを使用する必要はありません。」とも語っているようです。

「amazonbitcoin.com」のドメインが正式に使われる日は果たして来るのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

イーサリアムとポケモンのコラボ?|イーサエモンとは?

イーサリアムとポケモンのコラボ?|イーサエモンとは?

ジョンマカフィー「リップル買え!」の真相・スマホの販売プロモーションか?

ジョンマカフィー「リップル買え!」の真相・スマホの販売プロモーションか?

「人類が仮想通貨を使いこなせるのは300年後」カペルスキー代表が発言

「人類が仮想通貨を使いこなせるのは300年後」カペルスキー代表が発言

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

ビットコインキャッシュプラスとは?デマを流して乗っ取る戦略

ビットコインキャッシュプラスとは?デマを流して乗っ取る戦略

注目度の高い仮想通貨ニュース

「LCNEM Wallet」がリリース|Googleアカウントで簡単ログイン

「LCNEM Wallet」がリリース|Googleアカウントで簡単ログイン

2nd Airdrop開催中!|D-ZONE COIN(DZC)を使った決済システムDream-Pay

2nd Airdrop開催中!|D-ZONE COIN(DZC)を使った決済システムDream-Pay

イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

Huaweiビットコインウォレットを標準搭載へ|すべての旧機種にも対応

Huaweiビットコインウォレットを標準搭載へ|すべての旧機種にも対応

IOTAが支えるIoTの未来と可能性

IOTAが支えるIoTの未来と可能性

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月29日〜5月5日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月29日〜5月5日

SBI、韓国大手取引所を傘下へ|リップルxCurrent初の実用化

SBI、韓国大手取引所を傘下へ|リップルxCurrent初の実用化

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

イーサリアム(ETH)の今後に関わる重要なアップグレード|Casper v0.1.0リリース

イーサリアム(ETH)の今後に関わる重要なアップグレード|Casper v0.1.0リリース

三菱UFJなどがリップルの国際送金を実証実験|今月中に開始

三菱UFJなどがリップルの国際送金を実証実験|今月中に開始

BINANCEにXRP/USDTの取引ペア追加|価格への影響は?

BINANCEにXRP/USDTの取引ペア追加|価格への影響は?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す