日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

by BITTIMES

日本のICT(情報通信技術)大手である「日商エレクトロニクス株式会社」と、ブロックチェーン関連製品を開発している「カウラ株式会社」は、2019年5月27日にブロックチェーン分野での協業を開始することを発表しました。両社はお互いの持つ専門知識やノウハウを共有して、個別案件向けの共同コンサルティングサービスを提供し、ブロックチェーン技術を用いた課題解決のサポートを行なっていくと説明されています。

こちらから読む:仮想通貨取引所TAOTAO、サービス開始へ「日本」国内ニュース

日商エレクトロニクス株式会社とは

日商エレクトロニクス株式会社は、1969年に設立された情報通信設備やIT基盤をはじめとする国内外の最新鋭ソリューションの提供、ならびにそのシステム構築・保守・運用・監視などのサービスの提供している企業です。

同社は「Innovation-Leading Company」として、ネットワークからサイバーセキュリティ、コンピューティング、クラウド、業務プロセス改善まで幅広い分野で、 次の社会・ビジネスを見据えた新たなイノベーションを創出しています。

カウラ株式会社とは

カウラ株式会社は、2017年に設立され、世界のブロックチェーン先進企業や団体と連携して、
ブロックチェーン・アプリケーション構築コンサルティング
IoT分野や医療健康分野でのサービスの開発
ブロックチェーン教育事業
を展開している企業です。

イーサリアム(ETH)の技術を用いたビジネス向けのアプリケーション開発を推進している企業が500社以上も参加している「Enterprise Ethereum Alliance(イーサリアム企業連合/EEA)」のメンバーでもある同社は、ブロックチェーン上で分散型アプリケーション(DApps)スマートコントラクトを容易に開発することができる「FUSION」を開発しており、このプラットフォームを利用して
・EV蓄電池残存価値予測システム
・個人情報銀行
・データ権利証明
などの分散型アプリケーション開発に取り組んでいます。

IoT(モノのインターネット)
AI(人工知能)
ビッグデータ解析
などの技術も活用している同社は、非金融領域でのブロックチェーン技術を利用した先進的な取り組みを展開しています。

ブロックチェーン分野での協業を発表

「日商エレクトロニクス株式会社」と「カウラ株式会社」は、2019年5月27日にブロックチェーン分野での協業を開始することを発表しました。

日商エレクトロニクスは「IoTやAIの発展によって生み出される膨大な数のデータを有効利用していくためには、それらのデータが本物であることを証明し、データの改ざんを行うことができないようにしていくことが重要になる」との考えから、ブロックチェーン技術を活用していくことを決定したと説明しています。

「コンサルティング」や「ソリューション提案」のノウハウを持つ日商エレクトロニクスは、カウラが持つブロックチェーンに関するノウハウを活用して、情報管理事業に取り組んでいくとのことです。

「共同コンサルティングサービス」を提供

具体的な取り組みとしては「ブロックチェーン関連の実務に関する知見やノウハウを共有して、個別案件向けの共同コンサルティングサービスを提供する」ほか、「ブロックチェーンDXラボ(仮称)を共同開発する」とされています。

「ブロックチェーンDXラボ(仮称)」では、カウラが開発したブロックチェーンプラットフォームである「Fusion」を基盤として、様々なユースケースに応えることができる適用例を構築し、顧客がブロックチェーン技術を活用することによって課題を解決していけることを体験できるデモ環境を整備すると説明されています。

このような取り組みを行うことによって、顧客が抱えている業務の課題にブロックチェーン技術がもたらす効用を見定め、実際にブロックチェーンを実装するまでを迅速に対応するとのことです。

今後の展開としては、2019年7月に「ブロックチェーンDXラボ(仮称)」を設立し、2019年度中には5件の導入を予定していると伝えられています。

>>「日商エレクトロニクス」からの公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大手銀行の本音、bitFlyerに2億円も融資した理由

大手銀行の本音、bitFlyerに2億円も融資した理由

Sirin Labsが「バングラデシュ」に進出|ブロックチェーンスマホ「FINNEY」発売へ

Sirin Labsが「バングラデシュ」に進出|ブロックチェーンスマホ「FINNEY」発売へ

仮想通貨経済学を学べるオンラインコースを開始|ロンドン研究大学

仮想通貨経済学を学べるオンラインコースを開始|ロンドン研究大学

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

Kakaoのブロックチェーン関連会社「BApps開発コンテスト」開催へ|賞金総額1億円

Kakaoのブロックチェーン関連会社「BApps開発コンテスト」開催へ|賞金総額1億円

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨マイニングに「オーディオファイル」を悪用|埋め込み型マルウェアに要注意

仮想通貨マイニングに「オーディオファイル」を悪用|埋め込み型マルウェアに要注意

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

習近平主席、産業改革における「ブロックチェーン」の重要性を強調|本格的に技術導入へ

習近平主席、産業改革における「ブロックチェーン」の重要性を強調|本格的に技術導入へ

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

ビットフライヤー「ふるさと納税」でビットコインがもらえるキャンペーン開催

ビットフライヤー「ふるさと納税」でビットコインがもらえるキャンペーン開催

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

Telegram:デスクトップPC向け「Gram Wallet」のテスト版を公開

Telegram:デスクトップPC向け「Gram Wallet」のテスト版を公開

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す