ブロックチェーン活用した自動車向けの「デジタルキー」を開発:アルプスアルパイン

by BITTIMES

電子部品・音響機器・カーナビゲーションを製造・販売している日本の大手企業「アルプスアルパイン株式会社」は、先日横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展 2019」でブロックチェーン技術を活用した自動車向けの「デジタルキー」を展示したと伝えられています。この「デジタルキー」はスマートフォンで鍵の施錠開錠・エンジン始動などができるようになっており、自動車の貸し借りやカーシェアリングの利便性を向上させることができると期待されています。

こちらから読む:"デジタルキー"で活用されている「ブロックチェーン技術」とは

ブロックチェーン活用した自動車向け「デジタルキー」

電子部品・音響機器・カーナビゲーションを製造・販売している日本の大手企業「アルプスアルパイン株式会社」は、2019年5月22~24日にかけて開催された自動車業界の最新技術や製品が集まる専門展示会「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」で、ブロックチェーン技術を活用した自動車向けの「デジタルキー」を展示しました。

スマートフォンで「鍵の開閉・エンジン始動など」が可能に

このデジタルキーは、スマートフォンと自動車を「Bluetooth(ブルートゥース)」で接続することによって物理的な鍵を使用する事なくスマートフォンだけで車の鍵を施錠・開錠したり、エンジンを始動したりできるように設計されており、
自動車の貸し借りやカーシェアリングの利便性向上
デジタルキーの管理・維持コスト低減
などを測ることができると期待されています。

スマートフォンで鍵の開閉やエンジン始動などができるようにするためには、自動車メーカーやサプライヤー、サービスプロバイダーが鍵としての情報を管理するためのサーバーを持つ必要がありますが、今後このような機能を搭載した自動車が増加していくことを踏まえて考えると、それらの情報を管理するためのコストが大きくなる可能性があります。

アルプスアルパインは、このようなコスト面の問題やセキュリティの課題を解決するためにブロックチェーン技術を活用しています。ブロックチェーン技術を活用した分散型の管理方法は、セキュリティ面に配慮しつつ、管理コストを抑えることができるため、これまでにも大手企業や政府機関などで積極的に活用されています。

デジタルキーの権限は「貸し出し可能」

アルプスアルパインが開発している「デジタルキー」の注目すべき点は、友人や整備工場などに自動車を貸し出す必要がある際には「デジタルキー」を使用する権限を対象となる人物に貸し出すことができるという点です。

鍵のオーナーは「誰にいつまで鍵の権限を与えるか」を設定することによって、対象となる人物に権限を与えるための"コード"を送信することができます。コードの受信者は、受け取ったコードをオーナーのスマートフォンでスキャンしてもらうことによって、期限付きで鍵を使用する権利を得ることができます。

この権限を付与するまでにかかる時間は1〜3分程度とされており、設定した期限を迎える前に権利を失効させる事もできるとされています。また権利を受け取った側が鍵を"又貸し"することはできないように設計されているため、特定の人物のみに権利を付与することができます。

将来的にはさらに便利な機能も搭載予定

現時点では、スマートフォンからの信号を受信して「ドアの施錠・開錠」や「エンジン始動」を行えるようにするための"ECU(エンジンコントロールユニット)"を車両側に実装する必要があるものの、ブロックチェーン技術を用いた「デジタルキー」の仕組みはすでに利用可能な状態だと伝えられています。

また、将来的には「デジタルキー」の所有者が自動車に接近すれば、スマートフォンを操作することなくドアを開けることができるようにすることなども計画されているとも説明されています。

アルプスアルパインの「デジタルキー」が実用化されれば、自動車の所有者が不在の時にも車に荷物を届けることができるようになるほか、自動車の点検などで車を預ける際の利便性を向上させることができ、自動車を売却する際や中古車を購入する際の不安を解消する事もできると説明されています。

ブロックチェーン技術は、すでに自動車業界の様々な分野で活用されていますが、アルプスアルパインが「デジタルキー」を開発しているように今後も新しいサービスや製品が続々と発表されていくことになると予想されます。数年後には実際に利用できるようになるであろうこれらの最新技術には今後も期待が高まります。

(参照記事:monoist.atmarkit.co.jp

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

HuobiがJBCA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

HuobiがJBCA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

ドミノ・ピザ:ブロックチェーンとAIで「業務効率化」へ|SingularityNETと提携

ドミノ・ピザ:ブロックチェーンとAIで「業務効率化」へ|SingularityNETと提携

ブロックチェーンは「虹彩認証」実用化の鍵?セキュリティ向上で身分証明も簡単に

ブロックチェーンは「虹彩認証」実用化の鍵?セキュリティ向上で身分証明も簡単に

年金を仮想通貨投資へ!変化する高齢者の資産運用 〜お年玉がビットコインになる日〜

年金を仮想通貨投資へ!変化する高齢者の資産運用 〜お年玉がビットコインになる日〜

LINE:未来予想でポイントが稼げるDApps「4CAST」リリース|最大報酬額2,500万円相当

LINE:未来予想でポイントが稼げるDApps「4CAST」リリース|最大報酬額2,500万円相当

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ATM、世界で「5,000台」を突破|日本の設置場所・台数は?

仮想通貨ATM、世界で「5,000台」を突破|日本の設置場所・台数は?

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月2日〜8日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月2日〜8日

ビットコイン価格予想「見事的中」と話題に|タイムトラベラーが語る仮想通貨の今後

ビットコイン価格予想「見事的中」と話題に|タイムトラベラーが語る仮想通貨の今後

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

ビットコインの上昇トレンド「900日間」続く見込み|人気トレーダーが強気予想

ビットコインの上昇トレンド「900日間」続く見込み|人気トレーダーが強気予想

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

ビットコインで「株式・ETF」に簡単投資|仮想通貨ウォレットアプリ:Abra(アブラ)

ビットコインで「株式・ETF」に簡単投資|仮想通貨ウォレットアプリ:Abra(アブラ)

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す