「ビットコインとリブラは競合しない」共同制作者がLibraのビジョンについて言及

by BITTIMES

Facebook(フェイスブック)の独自通貨「Libra(リブラ)」の詳細が明らかになったことによって、仮想通貨業界ではこの新しい通貨がビットコイン(Bitcoin/BTC)などの暗号資産にどのような影響を与えるか?についての意見が多く交わされています。しかしフェイスブックのブロックチェーン研究チームを率いているDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏は、先日のツイートの中で自分自身が「これら2つの通貨は目的が異なるものである」と考えていることや、自らが"ビットコインの大ファンである"ということを語っています。

こちらから読む:国内外で今最も話題の仮想通貨「Libra」関連ニュース

BTCは投資資産、Libraは交換媒体

Facebook(フェイスブック)のブロックチェーン研究チームで責任者を務めている人物であり、Libraの共同制作者でもあるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏は、2019年6月20日に投稿したツイートで、自分自身が「Libraとビットコインは同じカテゴリーには属さない」と考えていることを語り「私はビットコインの大ファンだ」と強調しました。

多くの人が「Libra VS Bitcoin」で競わせようとしていますが、私の考えでは、これら2つは同じカテゴリーではありません。BTCは相関性のない(投資)資産ですが、Libraは安定した交換媒体として設計されています。

私は今までも、そしてこれからもBTCのファンであり続けますが、それらの目的は全く異なります。

世界的なオンライン決済企業「PayPal(ペイパル)」で社長を務めていた経歴も持つマーカス氏は「Libraは優れた決済システムであり、ビットコインは長期的な投資手段である」と説明しています。

Libraはより価格が安定したステーブルコインであり、ビットコインは価格が長期的に上昇し続けている資産であるため、現時点ではマーカス氏が説明しているような分類が適切であると考えられます。

実際にビットコイン取引の大部分は仮想通貨取引所で行われており、日常的な支払いに使用されているのは全体の数%でしかないということも以前から報告されているため、ビットコインの技術開発が進むまではLibraの方が支払い手段として適していると言えるでしょう。

いずれにせよ、Libraの開発に関わっているマーカス氏自身が「ビットコインのファンであり、競合するとも考えていない」ということを語っているため、Libraが直接的にビットコインの立場を奪う可能性は極めて低いと考えられます。多くの専門家たちが語っているように、これら2つの仮想通貨は共に成長していくことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【DX.Exchange】とは?特徴・使い方・メリットや今後を徹底解説

【DX.Exchange】とは?特徴・使い方・メリットや今後を徹底解説

仮想通貨ランキング最新情報!市場時価総額5兆円突破!

仮想通貨ランキング最新情報!市場時価総額5兆円突破!

暗号市場分析会社Messari:データベースに「Cardano・Orbs」などのプロジェクトを追加

暗号市場分析会社Messari:データベースに「Cardano・Orbs」などのプロジェクトを追加

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

ビットバンク:仮想通貨レバレッジ取引の「サービス終了」を発表|bitbank Trade

ビットバンク:仮想通貨レバレッジ取引の「サービス終了」を発表|bitbank Trade

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

注目度の高い仮想通貨ニュース

フランス:高等教育カリキュラムに「ビットコイン」追加か|仮想通貨について学習指導

フランス:高等教育カリキュラムに「ビットコイン」追加か|仮想通貨について学習指導

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

ブロックチェーンでシェアするギャラリーアプリ「Portaly」クローズドβ版サービス開始

ブロックチェーンでシェアするギャラリーアプリ「Portaly」クローズドβ版サービス開始

BINANCE:仮想通貨市場構築に向け「ウクライナ政府」と協力|法定通貨UAHもサポート

BINANCE:仮想通貨市場構築に向け「ウクライナ政府」と協力|法定通貨UAHもサポート

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

Web3.0とは?ブロックチェーン・仮想通貨がもたらす「次世代のインターネット」

Web3.0とは?ブロックチェーン・仮想通貨がもたらす「次世代のインターネット」

PayPayとMoneyTapが業務提携|Ripple技術用いた「チャージ事業」展開へ

PayPayとMoneyTapが業務提携|Ripple技術用いた「チャージ事業」展開へ

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す