Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

by BITTIMES

Facebook(フェイスブック)が支援している仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」は、価値の安定した国際的に仮想通貨であり、便利な決済手段になると期待されていますが、その問題点を指摘する意見は非常に多く語られています。eToro(イートロ)のシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、最近のツイートで『Libraはステーブルコインはなく"利回りを受け取れない資産担保ETF"のようなものだ』と指摘しています。

こちらから読む:仮想通貨市場にとって"好材料"となるか?「Libra」関連ニュース

仮想通貨「Libra」の懸念点

仮想通貨Libra(リブラ)は、複数の法定通貨などで構成された「通貨バスケット」に価値が連動するステーブルコインだとされており、価格が短期間で数十万円も変動することがあるビットコイン(BTC)などに比べると、決済手段として非常に優れていると言われています。しかし、Facebookは過去に個人情報を大量に流出させた経歴を持っており、Facebook自体が中央集権的でもあるため、Libraに関しても批判的な意見が数多く語られています。

eToro(イートロ)のシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏も「Libra」の問題点を指摘している人物の一人であり、同氏は「たとえ価格が安定していても、各国の法定通貨に支えられていても、Libraはステーブルコインではない」と語っています。

Libraはステーブルコインではありません!
資産担保ETFのようなものです。違いは「保有者が利回りを受け取れない」ということです。
私が懸念しているのは、利回りを受け取るのはファンドに関与している人々だという点です。

管理者だけが利益を得る「格差社会」到来の可能性

ETF(上場投資信託)とは、日経平均株価やTOPIXなどの指数に連動している金融商品のことであり、あらかじめ決められた複数の銘柄によって構成されているため、気軽に分散投資を行うことができる"便利な金融商品"として知られています。

Libraの価値が連動しているとされる「通貨バスケット」も複数の法定通貨などで構成されたものであるため、基本的な仕組みとしてはETFと同じもようなのであると言えます。グリーンスパン氏は、この「ETFのようなもの」を購入した人々は、それによって得られるはずの利益を得ることができず、それらの利益がLibraのファンドを管理している人々に流れてしまうということを指摘しています。

これは、Libraを購入した人々は世界中で気軽に利用できる通貨を手にすることはできるものの、それがもたらす利益は一部の人々に流れてしまうことになるため、結果的にはファンドを管理する一部の人々だけに富が集中し、より格差が広がってしまう可能性があるということです。

このシナリオでいくと、最終的にはLibraに関わる人々が大きな力を持つ格差社会が出来上がってしまう可能性があるため「非中央集権」という仮想通貨やブロックチェーンの根本的な思想からは遠ざかってしまう可能性があると考えられます。

ホワイトペーパーの「再確認」が必要?

グリーンスパン氏は、規制当局がLibraを認めた場合にはこれらが現実になる可能性があるため、Libraのホワイトペーパーをもう一度よく読み、準備金とその収益がどのように管理されるのか?をよく理解する必要があると語っています。

現時点での「リブラに対する見解」は国や人々によって大きな違いがあり「Libraの発行を止めようとする動き」や「法的に認めないようにしようとする動き」なども見られています。

フランス銀行の総裁は、仮想通貨市場やLibraプロジェクトを適切に規制できるようにするために「G7仮想通貨タスクフォース」を設立することを表明したと伝えられており、金融庁も「現時点ではLibraが暗号資産に分類されるかははっきりしない」と語っています。

Libraの発行は既存の金融システムを大きく変える可能性があると言われているため、今後もこのような議論は続けられていくと予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

仮想通貨取引所BITTREX:ラテンアメリカとカリブ海諸国でサービス開始|200銘柄を提供

仮想通貨取引所BITTREX:ラテンアメリカとカリブ海諸国でサービス開始|200銘柄を提供

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

RippleのxRapid「2019年世界を変えるアイデア賞」を受賞|コスト削減・信頼性で高評価

RippleのxRapid「2019年世界を変えるアイデア賞」を受賞|コスト削減・信頼性で高評価

香港の分散型取引所「LocalCoinSwap」リップル(XRP)の取り扱い開始

香港の分散型取引所「LocalCoinSwap」リップル(XRP)の取り扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

Coincheck:仮想通貨の「自動積立サービス」を開始|手数料無料で提供

Coincheck:仮想通貨の「自動積立サービス」を開始|手数料無料で提供

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

BINANCE:法定通貨「トルコリラ(TRY)」をサポート

BINANCE:法定通貨「トルコリラ(TRY)」をサポート

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

ビットコインマイニング業界に「新たな巨人」誕生|Northern Bitcoin、競合他社と合併

ビットコインマイニング業界に「新たな巨人」誕生|Northern Bitcoin、競合他社と合併

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す