Libra(リブラ)の「公式サイト」ついに公開|Facebook仮想通貨の全貌が明らかに

by BITTIMES   

Facebook(フェイスブック)の仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の公式サイトとホワイトペーパーが本日18日に公開されました。これらのWebサイトは日本語にも対応しており、これまでに報じられていた創業メンバーや具体的な今後の計画などが記されています。

こちらから読む:大手銀行関係者をメンバーに採用「Facebook」関連ニュース

仮想通貨プロジェクト「Libra」公式サイトを公開

Fecebook(フェイスブック)は、2019年6月18日に独自仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の公式サイトとホワイトペーパーを公開しました。Libraの創業メンバーは先日報道されていた27社となっています。

(画像:libra.org)(画像:libra.org)

また今後の予定も、これまでに報じられていた通りの内容となっており、提携企業を今後は100社近くまで拡大し、2020年前半までには正式に「Libra」を立ち上げる予定だと説明されています。

Libraのプロジェクトは、最初の間は「プライベート・ブロックチェーン」としてスタートするものの、最終的にはパブリック(パーミッション型ブロックチェーン)へと移行していく予定だとされています。

仮想通貨「Libra」のミッション

公開されたホワイトペーパーでは、Libraのミッションは『多くの人びとに力を与える、シンプルで国境のないグローバルな通貨と金融インフラになること』だと記されており、Libraは以下の3つのパートからなると説明されています。

  • 安全でスケーラブルで信頼性の高いブロックチェーンを基盤とする
  • 実態価値を付与するための資産のリザーブを裏付けとする
  • エコシステムの発展を目指す独立したLibra協会がLibraを運営する

Libraのプロジェクトで発行される仮想通貨の単位は「Libra」となっており、通貨は「Libraブロックチェーン」を基盤としていると説明されています。

「Libraリザーブ」で価値を裏付け

この仮想通貨は「Libraリザーブ」と呼ばれるシステムによって資産価値が支えられており、Libraの価値は実質的に法定通貨のバスケットに結び付けられていると説明されています。そのため価値は変動するものの、ビットコインなどの仮想通貨のように大幅に価格が変動することはないと説明されています。

具体的には、生成された「1Libra」ごとに通貨バスケットと資産を「Libraリザーブ」として保持することで、実態価値への信用を築くとのことです。

既存の仮想通貨の多くは「その価値を明確に裏付ける存在がないこと」が度々指摘されてきましたが、仮想通貨「Libra」はLibraリザーブで銀行預金や短期国債のバスケットを保有することによって、長期的に「Libra」の価値を維持すると説明されています。

「Libraブロックチェーン」で強固な基盤を提供

仮想通貨Libraを支えている「Libraブロックチェーン」は、人々のニーズを満たす新しいグローバル通貨をはじめとする様々な金融サービスのために"より強固な基盤"を提供することを目標として掲げています。

具体的には以下の3つの要件に基づいてブロックチェーンを開発していると説明されています。

  • 数十億のアカウントに対応できるスケーラビリティ。特に、高い取引スループット・低遅延性・効率的で容量の大きいストレージシステムが必要
  • 堅固なセキュリティ。資金や財務情報の安全を確保するため。
  • 柔軟性。Libraエコシステムのガバナンスを可能にすると共に、金融サービスのさらなるイノベーションを可能にするため。

また「Libraブロックチェーン」には"匿名性"があり、ユーザーは実世界の本人とリンクされていない1つ以上のアドレスを保有することができるとも説明されています。

ウォレット・決済アプリ「Calibra」も公開

calibra-logo

今回の発表に合わせてウォレット・決済アプリである「Calibra(カリブラ)」の公式サイトも公開されています。発表によると「Calibra」はFacebookの子会社ではあるものの、フェイスブックとは独立して運営されていると説明されています。

「Facebook・Libra・Calibra」の3社はそれぞれが異なる組織によって運営されているため「Calibra」を利用するためにFacebookに登録を行う必要はないとのことです。

「Calibra」はLibraのブロックチェーン技術を用いたオープンソフトウェアとなっており、同社のエンジニアチームが開発を行っています。このウォレットはiOSとAndroidで利用できるだけなく「WhatsApp」や「Messenger」などのFacebookプラットフォームにも統合されるとのことです。

Libraの「公式サイト」と「ホワイトペーパー」は日本語にも対応しているため、詳しい内容はそちらをご覧ください。
>>Libraの「公式サイト」はこちら
>>Libraの「ホワイトペーパー」はこちら
>>「calibra」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

ビットコイン価格「0円は不可能である」と証明:著名投資家Alistair Milne

ビットコイン価格「0円は不可能である」と証明:著名投資家Alistair Milne

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

LINE:NFTエコシステム拡大に向け韓国・米国に「LINE NEXT」設立

LINE:NFTエコシステム拡大に向け韓国・米国に「LINE NEXT」設立

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・WLD・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・WLD・ADA・SHIB」などの注目記事

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す