G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

by BITTIMES

Facebook(フェイスブック)の仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」が発表されたことによって、世界各国では仮想通貨規制をより明確化させることが急速に求められてきています。発表からわずか数日しか経っていない現時点でも、すでに複数の国からリブラに対する懸念の声が出ていましたが、先日のロイターの報道によるとG7諸国はLibraなどの暗号資産に関する規制を検討するために「G7仮想通貨タスクフォース」を設立するとされています。

こちらから読む:世界中を揺るがす"今最も話題"の仮想通貨「Libra」関連ニュース

「G7仮想通貨タスクフォース」を設立

Facebook(フェイスブック)が支援している「Libra(リブラ)」などの仮想通貨に対して、どのような規制を定めていくかを検討するための「G7仮想通貨タスクフォース」が設立されることが「ロイター」の報道で明らかになりました。

タスクフォースの設立は、2019年6月21日にフランスの中央銀行にあたる「フランス銀行」のFrancois Villeroy de Galhau(フランソワ・ヴィルロワ・ド・ガロー)総裁が表明したと報告されています。

G7とは世界経済や国際問題などに関する話し合いを行なっている先進国7カ国のことであり、これらの国の中には、
日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イギリス
カナダ
イタリア
が含まれています。これらの国々は定期的に会議の場を設けており、2019年7月17日〜18日にはフランスで「G7財務相・中央銀行総裁会議」が開催される予定となっています。

「マネロン・消費者保護」などの規制を検討

今回新たに設立されることが明らかになった「G7仮想通貨タスクフォース」は、仮想通貨に関連する重要な問題として以前から取り上げられている「マネーロンダリング」や「消費者保護」のための規制について検討していくための組織とされています。このチームは欧州中央銀行理事会のBenoit Coeure(ブノワ・クーレ)氏が率いると伝えられています。

ロイターの報道によると、ド・ガロ―総裁は「Facebookが金融取引のための金融商品を作成すること」には反対していないものの「その金融商品がソブリン通貨(*1)になることには断固として反対している」と語っています。
(*1)ソブリン通貨:ソブリンとは「統治者・独立国家」の意味を持つ言葉であり、ソブリン通貨はそのような組織が発行する通貨のこと。金融用語としては、世界各国の政府や政府関係者が発行・保証している「ソブリン債」が有名。

私たちは「イノベーションに対してオープンであること」と「規制を徹底させること」を両立させたいと考えています。これはすべての人々の利益になります。

また同氏は『価値が安定した仮想通貨(ステーブルコイン)」の概念はまだ定義される必要がある』とも語っており、「具体的にそのようなコインはどのようなものなのか?」や「為替レートはどれくらい固定されている必要があるか?」などを決定していく必要があると語っています。

仮想通貨「Libra」に対する世界各国の反応

仮想通貨「Libra」が発表されて以降は、世界各国の中央銀行や政治家などが、この"金融システムの脅威ともなりかねない"新しい仮想通貨に対する様々なコメントを語っています。

ロシア議会下院(国家院)金融市場委員会のAnatoly Aksakov(アナトリー・アクサコブ)委員長は「リブラは同国の金融システムの脅威となる可能性があるため、国内では禁止にすべきだ」と発言しています。また、米国下院金融サービス委員会のMaxine Waters(マキシン・ウォーターズ)委員長も、リブラの発表直後にFacebookに対して「Libraの開発をやめるように」と求めています。

フランスのBruno Le Maire(ブリュノ・ル・メール)経済・財務相は、Facebookに対して「テロや違法行為などの資金調達に転用できないという保証を求める」と語っており、『通貨は国家の主権の属性であるため、私的な利益を求める民間企業ではなく、国家の手に委ねられるべき』と述べています。

日本銀行の黒田 東彦(くろだ はるひこ)総裁は、Libraについて詳しく内容を理解していないため「具体的なコメントは差し控える」と説明しつつ、『どのようなものであっても暗号資産に関しては、支払い手段として人々の信任を得られるか?金融システムにどのような影響を及ぼすか?などを踏まえて注意深く見ていきたい』と語っており、先日は金融庁がLibraについて『結局は暗号資産になるのかもしれないが、今のところ暗号資産に分類されるかはっきりしていない』と語ったとも報じられています。

この他にも中国インドなどでは「Libra」が使用できない可能性があるとも伝えられているため、今後の世界各国の対応にはさらに注目が集まります。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakkt(バックト)ビットコイン先物取引「7月22日」からテスト開始へ

Bakkt(バックト)ビットコイン先物取引「7月22日」からテスト開始へ

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

Bitcoin Cashで購入できる

Bitcoin Cashで購入できる"過去から来た"未来のFord Mustang

ブロックチェーンで「税金の徴収プロセス」を合理化:チリ財務局

ブロックチェーンで「税金の徴収プロセス」を合理化:チリ財務局

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

仮想通貨に関する金商法改正案「衆議院本会議で可決」法案成立は濃厚に

仮想通貨に関する金商法改正案「衆議院本会議で可決」法案成立は濃厚に

注目度の高い仮想通貨ニュース

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

ビットコイン決済端末を「パナマ」と周辺地域に拡大|PundiX × Chainzilla

ビットコイン決済端末を「パナマ」と周辺地域に拡大|PundiX × Chainzilla

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す