ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

by BITTIMES

ドイツに本社を構え160年以上の歴史を有している総合テクノロジー企業「Siemens(シーメンス)」は、同社が手掛けている様々な分野の事業にブロックチェーン技術を活用していくことを検討していると伝えられています。具体的な活用法を模索している同社は、現在「カーシェアリング」への技術活用を検討しているとされています。

こちらから読む:韓国大手企業が"ID認証技術"開発で協力「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーン技術の活用法を模索:シーメンス

Siemens-logo

ドイツ・ミュンヘンに本社を構え、電子機器の製造、情報通信、電力関連、交通、医療、防衛、生産設備、家電製品などといった様々な分野で事業を手掛けている世界的大手企業「Siemens(シーメンス)」は、輸送などの複数の分野でブロックチェーン技術を活用することを検討していると伝えられています。

Forbes(フォーブス)の報道によると、同社はこれまでに様々な分野におけるブロックチェーンのユースケースについて調査を行なってきており、現在は実用的と考えられる分野の中から同社の事業にマッチした分野に焦点を絞っている段階だとされています。

シーメンスのサイバーセキュリティ・ブロックチェーン部門で責任者を務めているAndreas Kind(アンドレアス・カインド)氏は具体的な内容として、同社が子会社の1つである「Siemens Mobility」を通じてブロックチェーン技術をカーシェアリングに活用していくことを検討していると述べています。

「給油カード管理」や「車のロック解除」などに活用

現在のカーシェアリングに潜む問題点としては、「給油カード」に関する事柄が挙げられています。自動車をレンタルした人々は給油カードを使用してガソリンを給油することができますが、このようなカードは"特定のガソリンスタンド"でしか利用できない場合が多く、時には盗まれてしまうこともあります。

給油カードが盗まれてしまった場合には、インターネット上で売られてしまう可能性もあるため、会社にとって解決すべき問題の一つとなっていますが、カインド氏はこのような問題もブロックチェーン技術で解決することができると考えており、この他にも「車のロック解除」のような面で取り入れる可能性があることも語っています。

同社はこの他にも様々な面でブロックチェーン技術を活用していくことを検討しており、Bosch(ボッシュ)が今年5月に開催した「ConnectedWorld 2019(コネクテッドワールド2019)」ではブロックチェーン技術を活用できる1つの例として"ブロックチェーンベースのスマートパーキング"という概念を挙げています。

シーメンスは、サプライチェーン製造の分野でのブロックチェーン活用法も検討しており、現在はパーミッション型(許可型)ブロックチェーンの使用を検討していると伝えられていますが、現在はまだ調査とテストを行なっている段階であると報告されています。

自動車関連のサービスをブロックチェーン技術で効率化しようとする動きはすでに様々な大手企業によって進められているため、今後はこれらの分野の競争も激しくなっていくと予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トロン(TRX)初のブロックチェーンサミット「niTROn SUMMIT 2019」開催

トロン(TRX)初のブロックチェーンサミット「niTROn SUMMIT 2019」開催

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

ロシア政府「公務員の暗号資産保有」を禁止|2021年4月1日までの処分求める

ロシア政府「公務員の暗号資産保有」を禁止|2021年4月1日までの処分求める

仮想通貨取引所StormGain:プレミアリーグ所属の「Newcastle United FC」とスポンサー契約

仮想通貨取引所StormGain:プレミアリーグ所属の「Newcastle United FC」とスポンサー契約

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産デリバティブ取引所Bybit「英国居住者向けサービス」停止へ

暗号資産デリバティブ取引所Bybit「英国居住者向けサービス」停止へ

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

エンタメ特化ブロックチェーン「パレット」テストネット運用開始|合計13社が参画

エンタメ特化ブロックチェーン「パレット」テストネット運用開始|合計13社が参画

GMOコイン「平日も休日も最短10分」で新規口座開設・取引が可能に

GMOコイン「平日も休日も最短10分」で新規口座開設・取引が可能に

富山グラウジーズ:ブロックチェーン用いた「応援体験アプリケーション」導入へ

富山グラウジーズ:ブロックチェーン用いた「応援体験アプリケーション」導入へ

Twitter CEO:Jay-Z氏とビットコイン基金「₿trust」を共同設立|BTC開発を促進

Twitter CEO:Jay-Z氏とビットコイン基金「₿trust」を共同設立|BTC開発を促進

スマートアプリ:イーサリアムのGAS代高騰問題解決に向け「Polygon」と提携

スマートアプリ:イーサリアムのGAS代高騰問題解決に向け「Polygon」と提携

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

日本暗号資産市場社「JPYCSwap」β版リリース|日本円ステーブルコインの利便性向上へ

日本暗号資産市場社「JPYCSwap」β版リリース|日本円ステーブルコインの利便性向上へ

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

TAOTAO:法改正に伴い「レバレッジ倍率変更・追加証拠金制度導入」など複数の変更

TAOTAO:法改正に伴い「レバレッジ倍率変更・追加証拠金制度導入」など複数の変更

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す