ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

by BITTIMES

ドイツに本社を構え160年以上の歴史を有している総合テクノロジー企業「Siemens(シーメンス)」は、同社が手掛けている様々な分野の事業にブロックチェーン技術を活用していくことを検討していると伝えられています。具体的な活用法を模索している同社は、現在「カーシェアリング」への技術活用を検討しているとされています。

こちらから読む:韓国大手企業が"ID認証技術"開発で協力「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーン技術の活用法を模索:シーメンス

Siemens-logo

ドイツ・ミュンヘンに本社を構え、電子機器の製造、情報通信、電力関連、交通、医療、防衛、生産設備、家電製品などといった様々な分野で事業を手掛けている世界的大手企業「Siemens(シーメンス)」は、輸送などの複数の分野でブロックチェーン技術を活用することを検討していると伝えられています。

Forbes(フォーブス)の報道によると、同社はこれまでに様々な分野におけるブロックチェーンのユースケースについて調査を行なってきており、現在は実用的と考えられる分野の中から同社の事業にマッチした分野に焦点を絞っている段階だとされています。

シーメンスのサイバーセキュリティ・ブロックチェーン部門で責任者を務めているAndreas Kind(アンドレアス・カインド)氏は具体的な内容として、同社が子会社の1つである「Siemens Mobility」を通じてブロックチェーン技術をカーシェアリングに活用していくことを検討していると述べています。

「給油カード管理」や「車のロック解除」などに活用

現在のカーシェアリングに潜む問題点としては、「給油カード」に関する事柄が挙げられています。自動車をレンタルした人々は給油カードを使用してガソリンを給油することができますが、このようなカードは"特定のガソリンスタンド"でしか利用できない場合が多く、時には盗まれてしまうこともあります。

給油カードが盗まれてしまった場合には、インターネット上で売られてしまう可能性もあるため、会社にとって解決すべき問題の一つとなっていますが、カインド氏はこのような問題もブロックチェーン技術で解決することができると考えており、この他にも「車のロック解除」のような面で取り入れる可能性があることも語っています。

同社はこの他にも様々な面でブロックチェーン技術を活用していくことを検討しており、Bosch(ボッシュ)が今年5月に開催した「ConnectedWorld 2019(コネクテッドワールド2019)」ではブロックチェーン技術を活用できる1つの例として"ブロックチェーンベースのスマートパーキング"という概念を挙げています。

シーメンスは、サプライチェーン製造の分野でのブロックチェーン活用法も検討しており、現在はパーミッション型(許可型)ブロックチェーンの使用を検討していると伝えられていますが、現在はまだ調査とテストを行なっている段階であると報告されています。

自動車関連のサービスをブロックチェーン技術で効率化しようとする動きはすでに様々な大手企業によって進められているため、今後はこれらの分野の競争も激しくなっていくと予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ソニー銀行「デジタル証券 第一弾商品」の募集取り扱い開始|予定配当率年0.30%

ソニー銀行「デジタル証券 第一弾商品」の募集取り扱い開始|予定配当率年0.30%

LINE:米国拠点の仮想通貨取引所「BITFRONT」運営開始

LINE:米国拠点の仮想通貨取引所「BITFRONT」運営開始

Brave Wallet:iOS・Android版アプリでも「Solana DApps」への接続が可能に

Brave Wallet:iOS・Android版アプリでも「Solana DApps」への接続が可能に

Google:一部の「NFTゲーム広告」を許可|暗号資産関連のポリシーを更新

Google:一部の「NFTゲーム広告」を許可|暗号資産関連のポリシーを更新

Coinbase Pro:Ripple(XRP)の取り扱いを開始|上場発表で「10%以上」価格上昇

Coinbase Pro:Ripple(XRP)の取り扱いを開始|上場発表で「10%以上」価格上昇

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す