BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は2019年7月27日、同社が提供する「OTC(相対取引)サービス」を更新し、大量の仮想通貨を高速かつ安心して取引することができる新サービス「ブロック取引(Block Trading)」の提供を開始したと発表しました。

こちらから読む:証拠金取引サービスに"ADA"追加「BINANCE」関連ニュース

高額な仮想通貨取引を「迅速かつ安全に」

BINANCE(バイナンス)が新しく発表した「ブロック取引(Block Trading)」は、10BTCを超える大規模なブロックサイズの取引を迅速かつ安全な方法で取引できるものとなっています。

大量の仮想通貨を取引する場合は、市場価格に悪影響を与えてしまう可能性がありますが、ブロック取引を利用することによって投資家はスリッページ(*1)を防ぎ、自分が希望する価格で仮想通貨を取引することができると説明されています。
(*1)スリッページ:注文したレートと違うレートで約定してしまう現象のこと。

ブロック取引は、バイナンスで「レベル2以上」に認定されたアカウント向けに提供されており、一度バイナンスチームに連絡を行なった後に「Telegram(テレグラム)」や「Whatsapp(ワッツアップ)」などのメッセージアプリを介して利用できるようになっています。

取引する価格はこれらのアプリを通じて取引相手とチャットでやり取りすることによって決定されます。

バイナンス「ブロック取引」のメリット

バイナンスは「ブロック取引」を利用する利点として、
・ユーザーに最適化されたサービス
・取引可能なコイン/ペア数が豊富
・迅速な価格設定
・高速決済
・簡単な取引プロセス
・取引相手のリスク削減
などを挙げています。

ブロック取引は安定した価格で取引することができるだけでなく、BINANCEで取り扱われている「150種類以上のアルトコイン」にも対応しているため、比較的流動性が低い仮想通貨でも理想的な価格で取引することができるようになっています。

また、これらの取引には余計な関係者が関わっておらず、決済は全てバイナンスアカウントで直接行われるため、通常は数分以内に取引を完了することができるとのことです。

実際に取引を行う場合は「自分のアカウントに仮想通貨を送るだけ」だと説明されており、入金された仮想通貨はバイナンスチームが決済の準備を完了するまでユーザーのアカウントに留まっているため、安心して取引を行うことができるようになっています。

また「ブロック取引」を利用する資格を持つユーザーは"自動見積もりサービス"を利用することができると説明されているため、バイナンスで大量の仮想通貨を取引したいと考えている方は利用してみると良いでしょう。詳しい説明は以下の公式発表をご覧下さい。
>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

金・銀・ビットコインの価格上昇は近い?ロバート・キヨサキ氏が語る次の目標価格

金・銀・ビットコインの価格上昇は近い?ロバート・キヨサキ氏が語る次の目標価格

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

Moonstake:Polkadotのエコシステム拡大に向け「Stake Technologies」と提携

Moonstake:Polkadotのエコシステム拡大に向け「Stake Technologies」と提携

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

シバイヌ(SHIB)暗号化企業「Zama」と提携|プライバシー・セキュリティを強化

シバイヌ(SHIB)暗号化企業「Zama」と提携|プライバシー・セキュリティを強化

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

Solana基盤ミームコイン「Dogwifhat」200円まで価格高騰|Robinhood Europeで取扱開始

Solana基盤ミームコイン「Dogwifhat」200円まで価格高騰|Robinhood Europeで取扱開始

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

ステラ(Stellar/XLM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ステラ(Stellar/XLM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す