BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は2019年7月27日、同社が提供する「OTC(相対取引)サービス」を更新し、大量の仮想通貨を高速かつ安心して取引することができる新サービス「ブロック取引(Block Trading)」の提供を開始したと発表しました。

こちらから読む:証拠金取引サービスに"ADA"追加「BINANCE」関連ニュース

高額な仮想通貨取引を「迅速かつ安全に」

BINANCE(バイナンス)が新しく発表した「ブロック取引(Block Trading)」は、10BTCを超える大規模なブロックサイズの取引を迅速かつ安全な方法で取引できるものとなっています。

大量の仮想通貨を取引する場合は、市場価格に悪影響を与えてしまう可能性がありますが、ブロック取引を利用することによって投資家はスリッページ(*1)を防ぎ、自分が希望する価格で仮想通貨を取引することができると説明されています。
(*1)スリッページ:注文したレートと違うレートで約定してしまう現象のこと。

ブロック取引は、バイナンスで「レベル2以上」に認定されたアカウント向けに提供されており、一度バイナンスチームに連絡を行なった後に「Telegram(テレグラム)」や「Whatsapp(ワッツアップ)」などのメッセージアプリを介して利用できるようになっています。

取引する価格はこれらのアプリを通じて取引相手とチャットでやり取りすることによって決定されます。

バイナンス「ブロック取引」のメリット

バイナンスは「ブロック取引」を利用する利点として、
・ユーザーに最適化されたサービス
・取引可能なコイン/ペア数が豊富
・迅速な価格設定
・高速決済
・簡単な取引プロセス
・取引相手のリスク削減
などを挙げています。

ブロック取引は安定した価格で取引することができるだけでなく、BINANCEで取り扱われている「150種類以上のアルトコイン」にも対応しているため、比較的流動性が低い仮想通貨でも理想的な価格で取引することができるようになっています。

また、これらの取引には余計な関係者が関わっておらず、決済は全てバイナンスアカウントで直接行われるため、通常は数分以内に取引を完了することができるとのことです。

実際に取引を行う場合は「自分のアカウントに仮想通貨を送るだけ」だと説明されており、入金された仮想通貨はバイナンスチームが決済の準備を完了するまでユーザーのアカウントに留まっているため、安心して取引を行うことができるようになっています。

また「ブロック取引」を利用する資格を持つユーザーは"自動見積もりサービス"を利用することができると説明されているため、バイナンスで大量の仮想通貨を取引したいと考えている方は利用してみると良いでしょう。詳しい説明は以下の公式発表をご覧下さい。
>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ダッパーラボ:新作ブロックチェーンゲーム「NBA TopShot」のベータ版公開

ダッパーラボ:新作ブロックチェーンゲーム「NBA TopShot」のベータ版公開

ビットバンク:日本円ペアを含む「複数の通貨ペア」追加へ

ビットバンク:日本円ペアを含む「複数の通貨ペア」追加へ

ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

ビットコイン(BTC)の「大口顧客向けOTC取引サービス」を開始|コインチェック

ビットコイン(BTC)の「大口顧客向けOTC取引サービス」を開始|コインチェック

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

ブロックチェーンで「保護者のいない子供達」の情報管理:米国保健社会福祉省

ブロックチェーンで「保護者のいない子供達」の情報管理:米国保健社会福祉省

注目度の高い仮想通貨ニュース

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

ロシア中央銀行:CBDCデジタルルーブル「2021年末までにテスト実施」の可能性

ロシア中央銀行:CBDCデジタルルーブル「2021年末までにテスト実施」の可能性

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

DMMビットコイン「1万円分のAmazonギフト券」が当たるキャンペーン開催

DMMビットコイン「1万円分のAmazonギフト券」が当たるキャンペーン開催

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す