Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

by BITTIMES

仮想通貨ウォレットやブロックチェーンエクスプローラーなどを提供している「Blockchain.com」は、仮想通貨取引所「The PIT」のベータ版を公開しました。同取引所は複数の法定通貨でビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)などの仮想通貨を瞬時に取引することができると説明されています。

こちらから読む:新経済連盟、"規制明確化"求める要望提出「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨取引所「The PIT」公開

The PITは、世界最大級の仮想通貨ウォレットを提供している「Blockchain.com」が新しく立ち上げた仮想通貨取引所です。この取引所は、
Google(グーグル)
Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)
ニューヨーク証券取引所(NYSE)
などといった大手企業の元幹部によって構成された同社のステルスチームによって設立されています。

同取引所は世界200カ国以上で利用可能となっていますが、2019年7月30日時点では日本はサービスの対象外となっています。

公式サイトの情報によると、最初は26組の通貨ペアを提供しており、ユーザーは自分の銀行口座を「Blockchain.com」の口座にリンクさせることによって「米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、ポンド(GBP)」などで仮想通貨を取引することができるとされています。

基軸通貨は、
・米ドル(USD)
・ユーロ(EUR)
・ポンド(GBP)
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
テザー(Tether/USDT)
・パクソススタンダード(Paxos Standard/PAX)
の7通貨となっており、通貨によって取引できる通貨ペアの数が異なっています。

数マイクロ秒で注文を処理

「Blockchain.com」のCEOであるPeter Smith(ピーター・スミス)氏は、『PITは注文を数マイクロ秒で処理できるため、BINANCE(バイナンス)Coinbase(コインベース)を含む世界の主要な仮想通貨取引所と競合できるようになる』と述べています。

同氏は具体的に新しい取引所のマッチングエンジン「Mercury」は、一般的な取引所取引所が売買注文を数ミリ秒で処理するのに対し、40〜50マイクロ秒で処理することができると語っています。同社の商品取引責任者であるNicole Sherrod氏は、不安定な市場では取引速度が"最も重要である"と語っており「The PIT」のスピードはプラットフォームが成功するための重要な機能になると説明しています。

2011年に設立された「Blockchain.com(旧:Blockchain.info)」は、当初は主流のブロックチェーンエクスプローラーとして知られていましたが、現在は"最も人気の仮想通貨ウォレット"の一つとしても知られており、ユーザー数は4,000万人を超えると言われています。

同社が仮想通貨取引所を立ち上げることによって、仮想通貨市場の流動性がさらに高まることになると期待されています。

>>「The PIT」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

今後、ビットコイン価格が220万円に戻ることはない|Yahoo Financeの重鎮

今後、ビットコイン価格が220万円に戻ることはない|Yahoo Financeの重鎮

仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

Cardanoスケーリングプロトコル「Hydra」最初のHeadがメインネットに登場

Cardanoスケーリングプロトコル「Hydra」最初のHeadがメインネットに登場

ビットコインは「2万ドル以下」まで下落するのか?アーサー・ヘイズ氏の価格予想

ビットコインは「2万ドル以下」まで下落するのか?アーサー・ヘイズ氏の価格予想

Moonstake:deBridgeと協力して「NFTのクロスチェーンブリッジ」実現へ

Moonstake:deBridgeと協力して「NFTのクロスチェーンブリッジ」実現へ

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

ビットトレード:BTC・ETH・XRP・SHIBが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催

ビットトレード:BTC・ETH・XRP・SHIBが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す