SBI証券、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」を子会社化|板取引は31日開始予定

by BITTIMES

SBIホールディングスは2019年7月30日に行われた「2020年3月期第1四半期(4〜6月期)の決算発表会」で、金融商品取引法が改正されることを考慮した上で、仮想通貨取引所「SBI VCトレード(旧:SBIバーチャル・カレンシーズ)」を第2四半期から「SBI証券」の傘下に移すことを発表しました。以前から注目を集めていた同社の"板取引"は、明日31日に開始される予定だと発表されています。

こちらから読む:新経済連盟が仮想通貨関連の要望提出「国内ニュース」

利用者拡大に向け新たなサービスも計画

SBIホールディングスの北尾 吉孝(きたお よしたか)社長は、2019年7月30日に開かれた2020年3月期第1四半期の決算発表会で「仮想通貨市場が回復したこと」や「同社のデジタルアセット事業の生態系がほぼ完成してきたこと」などによって同社の収益力が高まり、第1四半期における仮想通貨取引所「SBI VCトレード」の税引前利益が22億700万円、マイニング事業を行う「SBI Cryoto」の税引き前利益が8億4400万円となったことを明らかにしました。

また、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」は金融商品取引法が改正されることを考慮した上で第2四半期から「SBI証券」の傘下に移管するとも発表されています。同社はレバレッジ取引の提供が「第1種金融商品取引業」に該当する見通しであることを踏まえて「SBIFXトレード」との相乗作用を追求していくとのことです。

今後の予定としては、それぞれのグループ会社で「Tポイント」の利用を促進し、若年僧ユーザーを狙った効果的なサービスを順次展開していく予定であることも明らかにされており、安全性の高い仮想通貨取引環境を提供することによって、FXと仮想通貨取引の利用者を双方に促しながら利用者を拡大していく計画も明かされています。

この他の取り組みとしては「新規口座開設による仮想通貨のプレゼントキャンペーン」なども検討しているとされているものの、仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)での不正流出事件の原因究明が進んでいないこともあるため、このような企画に関しては秋以降に開始する予定だと伝えられています。

板取引は31日開始予定「Libra」にも言及

以前から注目されていた「SBI VCトレード」の"板取引"に関しては、2019年7月31日から開始する予定となっており、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
と日本円の通貨ペアが提供されるとのことです。

北尾社長は今回の決済発表会で、仮想通貨Libra(リブラ)の主体である「Libra協会」への参加について"声がかかっている"ということも明らかにしていますが、実際に参加するかどうかについては"検討中"だとしています。

>>「SBIグループが公開した資料」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「ショート」に中国人マイナーも参加|下落相場でのリスクヘッジ

ビットコイン「ショート」に中国人マイナーも参加|下落相場でのリスクヘッジ

「ビットコインとリブラは競合しない」共同制作者がLibraのビジョンについて言及

「ビットコインとリブラは競合しない」共同制作者がLibraのビジョンについて言及

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

デジタル通貨・CBDCをテーマにした「無料オンライン特別講座」開催へ:コインチェック

デジタル通貨・CBDCをテーマにした「無料オンライン特別講座」開催へ:コインチェック

SBI証券:国内初「一般投資家向けSTO」実施へ|XRP特典付きのデジタル社債を発行

SBI証券:国内初「一般投資家向けSTO」実施へ|XRP特典付きのデジタル社債を発行

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す