ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

by BITTIMES

仮想通貨取引所「BITPoint Taiwan(ビットポイント台湾)」のCEOである郭雅寧(グオ・ヤーニン)氏が、今月12日に「BITPoint Japan」で発生した仮想通貨流出事件を受けて『台湾側の顧客資産の保証が確約されなければ、即刻訴訟に踏み切りたい』と述べていることが「コインテレグラフ」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:SBI VC Trade、待望の"板取引"を開始「仮想通貨」関連ニュース

確約されなければ「即刻訴訟」

BITPoint(ビットポイント)は、2019年7月12日に発生した仮想通貨流出事件に関する発表で、約30億2,000万円相当の仮想通貨が流出したことに加え、同社が取引システムを提供している"海外取引所"からも約2億5,000万円相当の仮想通貨が流出していることを報告していました。

同社の社長である小田 玄紀(おだ げんき)氏は16日に行われた記者会見の中で、BITPointが取引所を展開している地域としては「韓国台湾・香港・マレーシア・パナマ・タイなどがある」とは語っていたものの「具体的にどこの取引所どれくらいの仮想通貨が流出したのか」については明らかにしておらず、『具体的な数字を確認した段階で開示させていただきたい』と語っていました。

今回コインテレグラフが報じた内容では、ビットポイント台湾の郭雅寧CEOは「海外取引所から流出した仮想通貨の多くは香港と台湾の取引所から流出している」と語っているとされています。

また同氏は「ビットポイントジャパンに不正流出分ではなく、台湾側の顧客資産の仮想通貨6億台湾ドル分(約21億円分)と1.5億ドル分(約5億円分)の法定通貨を補償することを求めている」とも語っており、「もし補償が確約されなければ、即刻訴訟に踏み切りたい」と述べたとされています。

ビットポイントジャパンの「不適切な対応」を指摘

ビットポイント台湾は、仮想通貨流出事件が発生したことを受けて今月23日からサービスを停止しているため、同取引所のユーザーも資産を引き出すことができないようになっており、サービスの再開日時も未定とされています。

また、同取引所は4月末にもハッキングの被害を受けているため、この当時から日本側に対して"システムの改善"を要望していたものの、改善されていなかったと報告されています。

ビットポイント台湾は先日30日に公開した声明文の中で、仮想通貨流出の発表が行われた時点で「海外取引所への影響」について触れられていなかったことを指摘しており、「14日になって初めて海外取引所での被害が判明したため対応が遅れた」と説明しています。

台湾側はこのようなことを理由に「ビットポイント台湾も被害者である」と主張しており、「台湾の顧客のためにも、引き続きビットポイントジャパンと交渉する」と述べています。

ビットポイントジャパンの広報担当者は「この件について当社は何も聞いていない」と語ったと報告されていますが、ビットポイント台湾の郭雅寧CEOは本日2019年8月1日にビットポイントジャパンの小田玄紀社長と面会し、補償を求めるとされています。また、ビットポイント台湾は8月2日に台湾で記者会見を開くとも報じられています。

仮想通貨を安全に保管することができる「Ledger NanoS」の購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple(リップル)ゲーム業界のブロックチェーン導入促進に向け「Forte」と提携

Ripple(リップル)ゲーム業界のブロックチェーン導入促進に向け「Forte」と提携

ポーランドの仮想通貨取引所「Coinbe」にネム(NEM/XEM)が上場

ポーランドの仮想通貨取引所「Coinbe」にネム(NEM/XEM)が上場

フランスの仮想通貨取引所「Bitit」CARDANO(ADA)など11銘柄の取り扱い開始

フランスの仮想通貨取引所「Bitit」CARDANO(ADA)など11銘柄の取り扱い開始

仮想通貨女子が倍増?ミレニアル世代の女性投資家に注目

仮想通貨女子が倍増?ミレニアル世代の女性投資家に注目

Puma Browser:リップル(Ripple/XRP)活用した「プライバシー重視のWEBブラウザ」登場

Puma Browser:リップル(Ripple/XRP)活用した「プライバシー重視のWEBブラウザ」登場

【DMM Bitcoin】XRP入金でもれなく「1,000円」もらえる|ダブル記念キャンペーン開催

【DMM Bitcoin】XRP入金でもれなく「1,000円」もらえる|ダブル記念キャンペーン開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

Cardano(ADA)新たなバージョンへとアップグレード|DAEDALUS Walletにも新機能

Cardano(ADA)新たなバージョンへとアップグレード|DAEDALUS Walletにも新機能

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

仮想通貨取引所コインベース:パスワード管理に関する「バグ」を報告|3,420名に影響

仮想通貨取引所コインベース:パスワード管理に関する「バグ」を報告|3,420名に影響

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

ビットコイン急落「130万円」突破ならず|アルトコイン上昇も限定的

ビットコイン急落「130万円」突破ならず|アルトコイン上昇も限定的

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

今週、ビットコインは「160万円」を超える|著名経済ジャーナリストが強気予想

今週、ビットコインは「160万円」を超える|著名経済ジャーナリストが強気予想

1万豪ドル以上「現金払い禁止」のオーストラリア、仮想通貨を除外した理由とは?

1万豪ドル以上「現金払い禁止」のオーストラリア、仮想通貨を除外した理由とは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す