ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

by BITTIMES

仮想通貨取引所「BITPoint Taiwan(ビットポイント台湾)」のCEOである郭雅寧(グオ・ヤーニン)氏が、今月12日に「BITPoint Japan」で発生した仮想通貨流出事件を受けて『台湾側の顧客資産の保証が確約されなければ、即刻訴訟に踏み切りたい』と述べていることが「コインテレグラフ」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:SBI VC Trade、待望の"板取引"を開始「仮想通貨」関連ニュース

確約されなければ「即刻訴訟」

BITPoint(ビットポイント)は、2019年7月12日に発生した仮想通貨流出事件に関する発表で、約30億2,000万円相当の仮想通貨が流出したことに加え、同社が取引システムを提供している"海外取引所"からも約2億5,000万円相当の仮想通貨が流出していることを報告していました。

同社の社長である小田 玄紀(おだ げんき)氏は16日に行われた記者会見の中で、BITPointが取引所を展開している地域としては「韓国台湾・香港・マレーシア・パナマ・タイなどがある」とは語っていたものの「具体的にどこの取引所どれくらいの仮想通貨が流出したのか」については明らかにしておらず、『具体的な数字を確認した段階で開示させていただきたい』と語っていました。

今回コインテレグラフが報じた内容では、ビットポイント台湾の郭雅寧CEOは「海外取引所から流出した仮想通貨の多くは香港と台湾の取引所から流出している」と語っているとされています。

また同氏は「ビットポイントジャパンに不正流出分ではなく、台湾側の顧客資産の仮想通貨6億台湾ドル分(約21億円分)と1.5億ドル分(約5億円分)の法定通貨を補償することを求めている」とも語っており、「もし補償が確約されなければ、即刻訴訟に踏み切りたい」と述べたとされています。

ビットポイントジャパンの「不適切な対応」を指摘

ビットポイント台湾は、仮想通貨流出事件が発生したことを受けて今月23日からサービスを停止しているため、同取引所のユーザーも資産を引き出すことができないようになっており、サービスの再開日時も未定とされています。

また、同取引所は4月末にもハッキングの被害を受けているため、この当時から日本側に対して"システムの改善"を要望していたものの、改善されていなかったと報告されています。

ビットポイント台湾は先日30日に公開した声明文の中で、仮想通貨流出の発表が行われた時点で「海外取引所への影響」について触れられていなかったことを指摘しており、「14日になって初めて海外取引所での被害が判明したため対応が遅れた」と説明しています。

台湾側はこのようなことを理由に「ビットポイント台湾も被害者である」と主張しており、「台湾の顧客のためにも、引き続きビットポイントジャパンと交渉する」と述べています。

ビットポイントジャパンの広報担当者は「この件について当社は何も聞いていない」と語ったと報告されていますが、ビットポイント台湾の郭雅寧CEOは本日2019年8月1日にビットポイントジャパンの小田玄紀社長と面会し、補償を求めるとされています。また、ビットポイント台湾は8月2日に台湾で記者会見を開くとも報じられています。

仮想通貨を安全に保管することができる「Ledger NanoS」の購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【戦略×アクション】ブロックチェーンゲーム「Crypto Alchemist」オープンβテスト開始

【戦略×アクション】ブロックチェーンゲーム「Crypto Alchemist」オープンβテスト開始

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

注目度の高い仮想通貨ニュース

金融庁:コインベースなど3社を「暗号資産交換業者」として新規登録

金融庁:コインベースなど3社を「暗号資産交換業者」として新規登録

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

ビットコイン決済で「新型コロナウイルスの抗体検査」が可能に:Progressive Care

ビットコイン決済で「新型コロナウイルスの抗体検査」が可能に:Progressive Care

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」ビットコイン決済対応へ【呉服業界初】

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」ビットコイン決済対応へ【呉服業界初】

Anchorage Digital「イーサリアム担保型の米ドル融資サービス」提供へ

Anchorage Digital「イーサリアム担保型の米ドル融資サービス」提供へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

FTX:eスポーツチーム「TSM」とパートナーシップ契約|チームの命名権を獲得

FTX:eスポーツチーム「TSM」とパートナーシップ契約|チームの命名権を獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す