トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

by BITTIMES

仮想通貨による資金調達とその問題点

長い期間に渡って、一般的に経済が潜在能力を失ったときには健康状態が悪化し、経済が強化されると健康が改善すると考えられていました。OgburnとThomasはこの考え方を証明するため、1922年に研究を行い、経済活動・総死亡率およびいくつかの特定の死因の間にある肯定的な関係を明らかにしました。その一方で21世紀には、果てしない困難を利点に変える起業家が、より強く、より成功できることが証明されています。それこそがまさにブロックチェーン業界とクラウドファウンディングのメカニズムに起こったことです。この進化について説明します。

Facebook、Twitter、その他のブログプラットフォームなどのソーシャルメディアの出現により、クラウドファンディングの開発は文字通り急増しました。より正確には、クラウドファンディングプロジェクトに関する情報を潜在的な投資家に伝え、ソーシャルキャピタルを金融資本に変換するプロセスを簡素化しました。

ソーシャルネットワークの誕生によって、サプライチェーンの仲介者が不要になり、情報交換プロセスが促進されました。また、最近作成されたクラウドファンディングプラットフォームによって、スタートアップ企業は銀行・ベンチャーキャピタリスト・企業の怒り、さらには公的金融制度さえも迂回することができるようになり、透明性とトレーサビリティも向上しました。しかし対処すべき中核的な問題はまだ潜んでいます。

まず始めに、クラウドファンディングプロジェクトのほとんどは特定の地域、または国に限定されています。第2にクラウドファウンディングの参加者は、投資に対する見返りや利益を期待していませんでした。場合によっては「Tシャツ」や「感謝の言葉」を受け取ることができますが、あまり公平なものとは思えません。このような勝ち負けの状況では、クラウドファウンディングキャンペーンの「アップグレード」または「大幅な変更」が必要であるため、ブロックチェーン技術による新しい「win-win」のメカニズムが必要となるのは時間の問題でした。

2013年7月には「Mastercoin」が初のトークン販売(Initial Coin Offering/ICO)を実施しました。その1年後にはイーサリアム(ETH)がわずか12時間で3,700BTC、または230万ドル(約2億4,000万円)を調達しました。それにもかかわらず、仮想通貨市場の大規模な強気相場が始まるまでには約3年ほどの時間がかかりました。Ethereumプラットフォームが成長したことによって、多くのプロジェクトが独自のICOをイーサリアム上で行うことができました。これによって、数百もの新興企業が資金を求めて仮想通貨市場に参入し、そのほとんどが必要な資本を調達しました。しかし、現在私たちが知っているようにそれらの75%以上は詐欺であり、多くの金銭を盗む結果となりました。

ニューヨークに本拠を置く「Satis Group LLC」が実施した調査によると、仮想通貨取引所で取引される段階に達したコインは公開されたICOの中のわずか8%のみだった報告されています。米国で証券会社などの行動を監視・規制する組織である「FINRA(米国金融取引業規制機構)」は、投資家に対して次のような警告を発しています。

ICO、暗号通貨、およびそれらの基となる技術は、資金調達および金融市場において合法的なイノベーションを起こす大きな可能性を秘めている可能性がありますが、投資家がこれらの製品に関する情報を検証して十分な情報に基づいた意思決定を行うことは困難です。

デジタル資産市場は現在も高レベルのボラティリティを示しており、投機的リスクと詐欺の可能性が伴っています。

 

ICOは過去、IEOは未来

人々がICOへの信用と信頼を失ったことは全く不思議なことではありません。誰もが「仮想通貨による資金調達のコンセプトは死んでおり、それを復活させることはほぼ不可能だ」と考えていました。しかし人間はそう簡単に諦めるような生き物ではありません。

このような現状から新しい資金調達方法が発明されました。イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)の根底にある基本的な考え方は、ICOの信用問題を解決し、潜在的な詐欺師から投資家を保護することです。

「イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)」という名前が示す通り、IEOは仮想通貨取引所で管理されます。言い換えるならば、この取引所は「投資家」と「トークン発行者」の"仲介者"として機能します。ICOとは違い、IEOを実施する企業側は全てのトークンを事前に作成し、取引所に直接送信します。

IEOを行う企業は一般的に「トークンの発行」と共に「IEOの契約条件」に従う必要があります。この契約条件には「1人に与えられる最大の権限、KYC/AML(本人確認/資金洗浄対策)手続き、トークンの固定価格」などが含まれます。

仮想通貨取引所はすでに大規模な顧客基盤を有しているため、IEOを行うスタートアップ企業はIEO用の特定のプラットフォームを開発したり、投資家をゼロから集めたりするためのコストを節約することができます。

また、仮想通貨プラットフォームはプロジェクトをリストする前に見直しを行う必要があるため、投資家は"詐欺の脅威"から保護されます。トークンを取り扱う仮想通貨取引所側は、何か問題が発生した場合には評判が下がることになり、場合によっては"有罪"となる可能性もあるため、何かしらの疑念や危険な可能性がある場合はIEOを実施しない可能性もあります。

契約前には「IEOプラットフォーム」の確認を

投資家の人々は「IEOプラットフォーム」で契約を結ぶ前に"100%安全なものは存在しない"ということをしっかりと認識する必要があります。

例えば、全ての取引所ではないにしても、大半の取引所は主に「上場手数料」で利益を受けており、IEOは新しい資本と共に新しいユーザーを引きつけることもできます。

仮想通貨取引所「Quadriga CX」で、1億4,000万ドル相当の仮想通貨が喪失された事件のことを覚えておく必要があります。同社は「インサイダー取引」を行うために偽の銀行口座を使用したと報告されています。

IEOに参加するためのプラットフォームリスト

現在プラットフォーム上でIEOを実施することができる仮想通貨取引所は10種類以上あります。まずはそれらを見て見ましょう。

Binance Launchpad

Binance Launchpad - IEO分野のパイオニア。ほとんどの人は知りませんが、2017年に運用を開始し、2019年に主流になりました。Bread、Gifto、Bittorent、Celer、Fetchなどのプロジェクトで既に使用されています。

Huobi Prime

Huobi Prime - Top NetworkプロジェクトでIEOを成功させたBinanceに続く2番目の仮想通貨取引所。彼らは数秒で最初のトークン販売イベントを完了し、その後すぐにトークン価格が250%上昇しました。

OKEx Jumpsmart

OKEx Jumpsmart - 取引量で見た時の主要な取引所の一つ。OKExは一連の機会を逃さないためにIEOのトレンドにも参加しました。OKExのCEOであるJay Hao氏は「OKExはいつBinanceやHuobiのように"ユーティリティトークンプラットフォーム"を導入するのか?」という質問に対し、Weiboアカウントを通じてこのIEOを公開しました。

Probit Launchpad

Probit Launchpad - このプラットフォームでは現在、3つのアクティブなIEOが行われています。彼らはIEOのサポートによって市場を拡大している他の小規模な取引所の中でも特に目立った存在となることを目指しています。ちなみに、Spin Protocol, CharS, WegenなどといったいくつかのIEOプロジェクトは既にProbitによってホストされています

Exmarkets

Exmarketsには、5つ以上のアクティブなIEOがあります。

BTCNEXT

BTCNEXTは、初心者トレーダーとプロトレーダーの両方のために設計された急成長しているスポットおよびマージン取引プラットフォームであり、IEOローンチパッドも提供しています。同社は「BMW、日産、メルセデスベンツ、Intel」と協力して、わずか数時間で大企業の「Opiria」の初のIEOを完了し、106,250.00ドルを集めました。さらに次のラウンドでは126,000.00ドルを集めています。

BTCNEXTで行われる次のIEOは、プラチナQ DAOエンジニアリングによる「Q DAOファミリーステーブルコイン」のIEOです。これらの安定コインはビットコイン(および近い将来の別の上位10のデジタル資産)に支えられており、USD(USDQステーブルコイン)やKRW(KRWQステーブルコイン)を含むさまざまな国の通貨に固定されています。

BTCNEXTでIEOを実施する場合「Platinum Q DAO Engineering」によるIEOモジュールをボーナスとして受け取ります。このIEOプラットフォームを使用すると、プロジェクトは投資家からの暗号と法案を簡単に受け入れ、資金調達およびマーケティングキャンペーンの段階を管理し、KYC/AMLを処理できます。このプラットフォームは、資金調達のすべての段階をカバーし、1,000を超えるサポート通貨を提供します。

さらに、BTCNEXTは、24時間365日対応の顧客サービスに焦点を当てており、すべてのユーザーとの信頼関係を構築することを目指しています。

このように現在のIEOは「制限が最小限に抑えられた最も革新的な資金調達方法」であり、投資家はより安心して投資を行うことができ、スタートアップ企業は発行するトークンを確実に取引所に上場させることができます。これら全ては最終的に仮想通貨業界と市場の両方にポジティブな影響を与えることになるでしょう。

BTCNEXTについて

BTCNEXTは、魅力的な手数料(全ての取引で0.010%)や大口預金ユーザーへのボーナスなどを提供している安全性の高い仮想通貨取引所であり、簡単に登録できる環境を提供しています。

同取引所を利用するトレーダーは、アルゴリズムとスマートコントラクトによって支えられた完全分散型のステーブルコインである「USDQ」を使用することができます。このステーブルコインは信頼性が高く、ビットコインで担保されており、「レガシーファイナンス」がありません。

ユーザーは「クリーンなインターフェース、豊富なテクニカルインジケーター、高速なトランザクション処理」で快適な仮想通貨取引を行うことができます。また「Telegram」による24時間年中無休のカスタマーサポートは「英語、日本語、韓国語、中国語」に対応しているため、より安心してサービスを利用することができます。

BTCNEXTの詳細は、以下の公式サイトや公式SNSをご覧下さい。
公式Webサイト
Twitter
Instagram
Telegram
Facebook
Medium
LinkedIn


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン注文価格「800万円」を突破|ジンバブエで起きた急騰の原因とは?

ビットコイン注文価格「800万円」を突破|ジンバブエで起きた急騰の原因とは?

【参議院選挙】仮想通貨の「税制改正」目指す藤巻氏、僅差で落選

【参議院選挙】仮想通貨の「税制改正」目指す藤巻氏、僅差で落選

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Liquid」に上場|日本向けサービスは未対応

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Liquid」に上場|日本向けサービスは未対応

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

仮想通貨11銘柄の「年末価格予想」を公開|ベストセラー作家:William Mougayar

仮想通貨11銘柄の「年末価格予想」を公開|ベストセラー作家:William Mougayar

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

Libra協会:スイスで「決済事業ライセンス」取得へ|金融規制当局がガイドライン公開

Libra協会:スイスで「決済事業ライセンス」取得へ|金融規制当局がガイドライン公開

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す