ビットコインが金の代わりになる日も近い?

by BITTIMES   

wyre社のCEOマイケル・ダウンワース氏が「ビットコインは金以上の価値を持ち、20年以内に現在の世界基軸通貨ドルの代わりになる。」と公表しました。詳細
現在、すべての発行通貨は「米ドル」を中心に価格が決まっていますが、その米ドルの代わりにビットコインが世界基軸通貨として使用され出されると彼は予想しているのです。
また、彼はビットコインが「金以上に使いやすく、優れた価値を持っている。しかし、金ほどの市場浸透もされていない。」とも発言し、
ビットコインが金以上の価値を持ちながらも、市場との互換性の低さ(使いにくさ)の問題点を指摘しました。

金本位制からビットコイン本位制

金本位制とは、大雑把に言えば、その国が保有する金と同価格の通貨を発行しても良いというルールのことです。その国が金を1オンス(約28.3g)分持っていれば、35ドル分の価値の通貨を発行しても良いというものです。

これによって、通貨の発行しすぎを防ぎ経済の混乱を止めていましたが、不況時などで急遽、通貨を発行したいときには足枷となることを理由に、1973年ニクソン大統領が禁止しました。(ニクソンショック)

ビットコインはこの金に変わる基軸通貨として

金が優れているのは、「どこの国でも価値がある」ことと「どんな時代でも価値がある」ことです。
円やドルなどの通貨は、国が潰れたり、情勢が不安定になれば価値が一気に下落します。
しかし、金の価値は通貨と比べると安定しています。理由は先ほどの「どこでも、いつでも価値がある」ということからです。
だから、今持っている通貨を金に変えていれば資産がより安定して守られる。ということです。
「では、みんな金を使えば良いのか?」と言われればそうではありません。金にもデメリットがあります。
それが「使いにくさ」です。

金のデメリット

金は物理的なものですから、そもそもモバイル決済などに対応しておらず、普通の店舗でも「金何100gでこの商品ください」なんてことをいちいちしてられません。
だからこそ、通貨があるわけです。
しかし先ほども申し上げた通り、通貨は「価値が安定しない」というデメリット。
金は「使いにくい」というデメリットがあるわけです。

ビットコインの公平性

ビットコインの大きなメリットは「マイニングにかかる費用がほぼ一定である」ということです。
通貨を発行するときは、その国の情勢や国際社会でのパワーバランスで発行した通貨の価値が変動します。
また金も採掘場所や人件費によって原価が変動します。
しかし、ビットコインのマイニングにかかる費用は「マイニング機器」と「電気代」がほとんどのため、原価に大きな変動がありません。
また世界中で使用されているため、国をまたいで価値が激変することもありません。
つまり、これまでの通貨や金のデメリットを解消するのがビットコインだとダウンワース氏は話しているわけです。
だからこそ「20年以内にビットコインが世界基軸通貨になる」と予想し公表したわけですね。

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

米国有名セレブ「Kim Kardashian」がビットコイン(BTC)デビューをSNSで発表

米国有名セレブ「Kim Kardashian」がビットコイン(BTC)デビューをSNSで発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

資産運用大手「Fidelity」暗号資産・メタバース・NFT関連で3つの商標出願

資産運用大手「Fidelity」暗号資産・メタバース・NFT関連で3つの商標出願

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

TON財団:分散型ファイル共有ソリューション「TON Storage」を発表

TON財団:分散型ファイル共有ソリューション「TON Storage」を発表

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

Chiliz&Socios:メキシコの強豪「クラブ・アメリカ」と提携|AMEファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコの強豪「クラブ・アメリカ」と提携|AMEファントークン発行へ

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

Shibarium:各オンチェーン取引で「SHIBのバーン」実施へ

Shibarium:各オンチェーン取引で「SHIBのバーン」実施へ

Oasys:ブロックチェーンゲーム特化のファンド「Oasys Ecosystem Fund」組成

Oasys:ブロックチェーンゲーム特化のファンド「Oasys Ecosystem Fund」組成

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す