マーシャル諸島が独自の仮想通貨ソブリン(SOV)の発行を予定

by BITTIMES   

マーシャル諸島共和国は独自の仮想通貨ソブリン(SOV)の発行を予定していることがわかりました。同国の国会は2月26日に、ソブリンの発行法案を可決したとのことです。

ソブリンは国家財務省によってイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を通じて一般に発行され、マーシャル諸島が現在自国通貨として使用している米ドルと共に法的通貨として流通させることが予定されています。
これには議会による最終認可が必要ですが、否決は「まず無い」とケネス・ケディ国会議長がブルームバーグに語っています。

仮想通貨ソブリン(SOV)とは?

ソブリンの発行時期は決まっていませんが、インフレーションを防止するために供給量の上限は2400万枚に設定されています。
また規制環境下の既存の銀行で受け入れられるよう、ブロックチェーン上で利用者に本人確認を要求する仕組みを採用しています。

技術としては、アプリを通じて国際送金を促進するイスラエルの新興企業『Neema』が開発している『Yokweフレームワーク』に基づいて設計されており、このプロトコルは口座を実際の政府確認の身元に結びつけることによって、顧客および金融犯罪の懸念を軽減するように設計されているとのことです。
この新しいフレームワークにより、マーシャル諸島の居住者だけが通貨の自由配分を受けつつ、世界の投資家がソブリンのICOにも参加できるようになります。

ICOで調達した資金は?

政府は米国賠償金支払いの終了に先立ち、ICOの収入を使用して財源を強化するとしています。
これは米国が1940年代と1950年代の核兵器実験場としてこの場所を使っていたことに対して、島民に報酬を与えることを意味しているとのことです。

ICOによって調達された資金の活用方法としては、70%が予算措置後の補償額のギャップを相殺するために使用され、10%は米国の核実験の影響を受けている人々のために、気候変動/グリーンエネルギー/医療/教育を支援するために投資されます。そして残りの20%がマーシャル市民に直接配布される予定であることが報道されています。

関係者のコメント

ヒルダ・ハイネ大統領

「これは私たちの国民にとって歴史的な瞬間です。ついに米ドルと共に、我が国独自の通貨を発行し使用することになります。これは国家的な自由を明確にするためのさらなる一歩となります。」

デイビッド・ポール(David Paul)大統領補佐大臣

「この新たな国家発行コインは18年末までには発行されるはずだ」

「具体的には我が国の長期的なニーズを狙っている」

「マーシャル諸島は、透明暗号システムを採用した最初の国であり、我々はそれを誇りに思います。われわれは、経済をより弾力的にし、支払いをより透明にしている」

官製仮想通貨としては、20日にベネズエラ政府が仮想通貨ペトロの発行を開始したと発表しました。その他にも中国、エストニア、イランなどが独自の仮想通貨の発行を検討しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

ビットコイン支持派Chamath Palihapitiya氏「カリフォルニア州知事」に立候補する考え

ビットコイン支持派Chamath Palihapitiya氏「カリフォルニア州知事」に立候補する考え

リップル(XRP)を世界共通の「決済通貨」に!話題のスタートアップ企業が提案募集

リップル(XRP)を世界共通の「決済通貨」に!話題のスタートアップ企業が提案募集

女子テニスの女王「Serena Williams」仮想通貨取引所コインベースへの投資が明らかに

女子テニスの女王「Serena Williams」仮想通貨取引所コインベースへの投資が明らかに

Ripple社:送金大手MoneyGramとの「提携関係終了」を発表

Ripple社:送金大手MoneyGramとの「提携関係終了」を発表

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す