オランダのRaboBankが仮想通貨のウォレット導入を検討

by BITTIMES   

オランダの多国籍金融機関であるRabobank(ラボバンク)は、Rabobit(ラボビット)と呼ばれる仮想通貨用のウェブウォレットを導入する可能性があることを明らかにしました。現在ラボバンクの社員はデジタル通貨ウォレットの導入に伴う利益とリスクを研究しているとのことです

ラボバンクはRabobitについて公式ページで以下のように説明しています。

「Rabobit」はRabobankの内部Moonshot加速プログラムの一部です。このプログラムでは、銀行がお客様により良いサービスを提供できるよう、革新的なアイデアを提供することができます。最高のアイデアは、顧客間の関心のためにテストされています。Moonshotのアイデアの候補リストは、3月上旬に作成されます。6月中旬に、どのアイデアが実際に製品/サービスに展開されているかが判断されます。

ラボビットは、さらに発展することになっている22のアイデアの1つです。これは現在、最初の顧客調査段階にあります。Rabobitのアイデアはオンラインバンキング環境内の暗号化方式の財布です。現在、このイニシアチブを調査している従業員は個人的に(ストリートリサーチ)、ウェブサイトを通じて、クライアントにアプローチしています。さらに、彼らはまた仮想通貨の使用に関連するリスクを調査します。ラボバンクの公式な決定はまだありません。

ラボバンクは2013年、指標金利の不正操作に関与したとされる問題について和解するため、複数国の規制当局に対して総額11億ドル(約10億7900万円)の罰金を支払っています。規制当局がメキシコの薬物販売や組織犯罪に関連したマネー・ロンダリングの申し立てを解決するためにこの支払いに合意しています。

オランダの金融機関のウェブページによれば、ウォレットが開設されれば信頼できる当事者と安全なオンラインバンキング環境の中でホストされます。さらに顧客は、銀行口座と仮想通貨口座の両方を1か所で利用することにより、投資家の流動性を洞察することができます。

ラボバンクは仮想通貨のウェブウォレットを立ち上げましたが、このアイデアはまだ完全には確立されておらず同社は需要があるかどうかを調べていると述べています。Rabobankの代理人はTwitter上で「Rabobitはまだ実現していませんが、これを紹介する公式の決定はまだありません。さらに詳しい情報が得られ次第我々はこれを伝えます。」と説明しています。

ラボバンクは最近、口座を使ってビットコインの取引をする顧客に対して特定のリスクが伴っていること警告しました。仮想通貨を取引するアカウント保有者は「ハイリスク」の顧客に分類されます。

2月2日のラボバンクの発言によると、仮想通貨は危険な製品であると考えられており、リスクの高い製品を扱う顧客はより高いリスクプロファイルを持つことになります。多くの仮想通貨を扱う企業は危険すぎると考えられており、顧客として受け入れることはできないと考えているようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットポイントジャパンを台湾側が提訴「約10億円」の賠償金支払い求める

ビットポイントジャパンを台湾側が提訴「約10億円」の賠償金支払い求める

Apple:仮想通貨業界での経験有する「決済関連の事業開発マネージャー」を募集

Apple:仮想通貨業界での経験有する「決済関連の事業開発マネージャー」を募集

BINANCE:法定通貨「トルコリラ(TRY)」をサポート

BINANCE:法定通貨「トルコリラ(TRY)」をサポート

イラン大統領:仮想通貨マイニング関連の「国家戦略策定」を指示

イラン大統領:仮想通貨マイニング関連の「国家戦略策定」を指示

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

コインチェック:取引所で「パレットトークン」取扱い開始|PLT価格は40円台まで高騰

コインチェック:取引所で「パレットトークン」取扱い開始|PLT価格は40円台まで高騰

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

レンディング大手「Celsius」カルダノ(Cardano/ADA)8月19日に取扱い開始

レンディング大手「Celsius」カルダノ(Cardano/ADA)8月19日に取扱い開始

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す