オランダのRaboBankが仮想通貨のウォレット導入を検討

by BITTIMES   

オランダの多国籍金融機関であるRabobank(ラボバンク)は、Rabobit(ラボビット)と呼ばれる仮想通貨用のウェブウォレットを導入する可能性があることを明らかにしました。現在ラボバンクの社員はデジタル通貨ウォレットの導入に伴う利益とリスクを研究しているとのことです

ラボバンクはRabobitについて公式ページで以下のように説明しています。

「Rabobit」はRabobankの内部Moonshot加速プログラムの一部です。このプログラムでは、銀行がお客様により良いサービスを提供できるよう、革新的なアイデアを提供することができます。最高のアイデアは、顧客間の関心のためにテストされています。Moonshotのアイデアの候補リストは、3月上旬に作成されます。6月中旬に、どのアイデアが実際に製品/サービスに展開されているかが判断されます。

ラボビットは、さらに発展することになっている22のアイデアの1つです。これは現在、最初の顧客調査段階にあります。Rabobitのアイデアはオンラインバンキング環境内の暗号化方式の財布です。現在、このイニシアチブを調査している従業員は個人的に(ストリートリサーチ)、ウェブサイトを通じて、クライアントにアプローチしています。さらに、彼らはまた仮想通貨の使用に関連するリスクを調査します。ラボバンクの公式な決定はまだありません。

ラボバンクは2013年、指標金利の不正操作に関与したとされる問題について和解するため、複数国の規制当局に対して総額11億ドル(約10億7900万円)の罰金を支払っています。規制当局がメキシコの薬物販売や組織犯罪に関連したマネー・ロンダリングの申し立てを解決するためにこの支払いに合意しています。

オランダの金融機関のウェブページによれば、ウォレットが開設されれば信頼できる当事者と安全なオンラインバンキング環境の中でホストされます。さらに顧客は、銀行口座と仮想通貨口座の両方を1か所で利用することにより、投資家の流動性を洞察することができます。

ラボバンクは仮想通貨のウェブウォレットを立ち上げましたが、このアイデアはまだ完全には確立されておらず同社は需要があるかどうかを調べていると述べています。Rabobankの代理人はTwitter上で「Rabobitはまだ実現していませんが、これを紹介する公式の決定はまだありません。さらに詳しい情報が得られ次第我々はこれを伝えます。」と説明しています。

ラボバンクは最近、口座を使ってビットコインの取引をする顧客に対して特定のリスクが伴っていること警告しました。仮想通貨を取引するアカウント保有者は「ハイリスク」の顧客に分類されます。

2月2日のラボバンクの発言によると、仮想通貨は危険な製品であると考えられており、リスクの高い製品を扱う顧客はより高いリスクプロファイルを持つことになります。多くの仮想通貨を扱う企業は危険すぎると考えられており、顧客として受け入れることはできないと考えているようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MyEtherWalletのハッキング被害への対策と対処法

MyEtherWalletのハッキング被害への対策と対処法

ビットコイン価格は「34万円」まで下落する|Genesis Capital Trading CEO

ビットコイン価格は「34万円」まで下落する|Genesis Capital Trading CEO

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

ベネズエラ独自の仮想通貨ペトロ(PTR)に厳しい意見相次ぐ

ベネズエラ独自の仮想通貨ペトロ(PTR)に厳しい意見相次ぐ

仮想通貨取引を「監視可能」に|南アフリカ中央銀行が規制提案

仮想通貨取引を「監視可能」に|南アフリカ中央銀行が規制提案

米政治家トム・エマー「2019年はブロックチェーン実用化へ」適切な規制の重要性を強調

米政治家トム・エマー「2019年はブロックチェーン実用化へ」適切な規制の重要性を強調

注目度の高い仮想通貨ニュース

ADA決済正式導入へ!お笑い芸人たむけんの「炭火焼肉たむら」ローンチイベントを開催

ADA決済正式導入へ!お笑い芸人たむけんの「炭火焼肉たむら」ローンチイベントを開催

音楽配信サービスに「ブロックチェーン・NFT」活用|BlockBaseがネットレーベルと協力

音楽配信サービスに「ブロックチェーン・NFT」活用|BlockBaseがネットレーベルと協力

移民申請プラットフォーム「Migranet」プロジェクトがIDAXを通じてローンチ

移民申請プラットフォーム「Migranet」プロジェクトがIDAXを通じてローンチ

avex:ブロックチェーン関連会社「エイベックス・テクノロジーズ」新設|VR・ゲームなど提供へ

avex:ブロックチェーン関連会社「エイベックス・テクノロジーズ」新設|VR・ゲームなど提供へ

Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

Kava Labs:リップル(XRP)活用したステーブルコイン「USDX」の開発に着手

Kava Labs:リップル(XRP)活用したステーブルコイン「USDX」の開発に着手

ビットコイン価格「100万円」超えは可能か?増加するショートポジションと専門家の見解

ビットコイン価格「100万円」超えは可能か?増加するショートポジションと専門家の見解

【速報】BINANCE:ハッキングでビットコイン「約44億円」相当が流出

【速報】BINANCE:ハッキングでビットコイン「約44億円」相当が流出

ビットコインが「アップルウォッチ」で受け取り可能に|Lightning Networkにも対応

ビットコインが「アップルウォッチ」で受け取り可能に|Lightning Networkにも対応

ブロックチェーン活用で「100の企業」と「20の政府機関」が協力:世界経済フォーラム

ブロックチェーン活用で「100の企業」と「20の政府機関」が協力:世界経済フォーラム

ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す