ビットコインは格安すぎる。1BTC=100万円が妥当だ!

by BITTIMES   

「ビットコイン・ジーザス(ビットコインの救世主)」と呼ばれている人物をご存知でしょうか?
救世主と呼ばれる男性の名前はロジャー・バー。
彼はビットコイン価格がわずか1ドルの時からビットコイン投資を始め、彼の資産はすでに数十億円とも言われています。彼がアメリカの大手メディア「CNBC」でのインタービューを受けた記事はこちら。彼はビットコイン投資の利益を有効に使い。現在は多種多様なビジネスに投資するエンジェル投資家となり、数十のビジネスを束ねる人物になっています。彼の投資家としてのニックネームは「ビットコイン・イエス」ビットコインでどんな不可能も可能にしてきた、まさにビットコインで大成した人物の 1人でしょう。

ロジャー氏の発言

彼が 2013年に発言したコメントで「ビットコインはまだまだ格安だ。10万円でも信じられないほど安い!ビットコインが社会に浸透すれば 1BTC= 100万円、もしくは 1000万円になるだろう。」と発言しています。また彼は「ビットコインの価格上昇はビットコインという発明品が世の中にとって、いかに重要であるかを知った人々のおかげだ。ビットコインはこれから地球上にいるすべての人々の生活を向上させてくれる。その過程でバブルを多く経験するだろうが、短期的な価格変動には興味がない。」
とビットコインの可能性とその価値にいち早く気づきビットコインを買ってくれた同志にメッセージを送っています。特にこの意見には著者も非常に賛同できる内容で「短期的なチャートの上げ下げよりも、10年後の社会にとってどれだけ重要か?」
すべてのビットコイン投資家はこの一点にビットコインの価値と可能性が含まれていると捉えるべきでしょう。

mBTCという新しいビットコイン単位

ロジャー・バー氏の描く未来の通りに現実が動き出した場合、1BTCが「100万円」という高額な価値を持ったままだとネックになるが「単位の大きさ」です。普段の日常で100万円という高額な金額を動かすのは投資家くらいであり、これからの時代に「普通の人がビットコインを使う」という現実には 1BTCが 100万円というのはあまりに高額です。1ドルを細かく分割し使いやすくするためにが「セント」が生まれたように、ビットコインでも「使いやすさ」を意識した動きが現れてきました。
その一里塚として「mBTC(ミリビットコイン)」という単位が作られました。ミリビットコインはビットコインの価格を「1000分の1」に表した新しい単位で、おそらく今後のビットコインが当たり前になる社会で最も使用される単位になることは間違いありません。
この単位はすでにチャート表記でも採用されており、投資の世界では当たり前になっています。
「0.001BTC = 1,000円」です。という表記よりも
「1mBTC = 1,000円」です。の方が使いやすいことは想像できると思います。
今までの通貨が「銭よりも円」が使いやすい。「ドルだけよりもセントもあった方が良い」という歴史を辿ってきたようにビットコインもその通貨の当たり前の歴史をどんどんだ取ってきているということです。著者としては、1日でも早くスターバックスで「ダークモカチップフラペチーノのベンティサイズをお願いします。支払いは1mBTCで!」という未来が来ることを願っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

BitMEXのCEO「ビットコイン価格は2018年末までに550万円になる」

BitMEXのCEO「ビットコイン価格は2018年末までに550万円になる」

2019年:ビットコイン価格は「220万円」を超える|ウォール街の重鎮が強気な理由

2019年:ビットコイン価格は「220万円」を超える|ウォール街の重鎮が強気な理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す