アフリカのフィンテック革命が止まらない

by BITTIMES   

「アフリカ」この4文字を読んだ時、失礼ながら私たち日本人がイメージする言葉といえば「奴隷」「貧困」「紛争」などネガティブなイメージが強いと思います。しかし、今アフリカでは黒人奴隷解放以来の革命が起きています。それが「フィンテック革命」です。アフリカで最もモバイルマネーが動いている「ナイジェリア」では、すでに年間に「2000億円」を超える金額の仮想通貨(Cryptocurrency)が取引されています。今のアフリカは、以前の私たちが考えるような後進国ではなく「世界NO.1」のフィンテック成長地域だと言われています。
今回は、中国とインドの陰に隠れて日本ではなかなか話題にならない、しかし恐ろしいほどの成長をし続けているアフリカのフィンテック事情についてお話ししていきます。

ビットコインとアフリカの最高の相性

ビットコインには「送金手数料がほぼかからない」というメリットがあります。アフリカに現金を送金する場合、平均送金手数料は送金金額の「12%」も取られてしまいます。
10万円を送金すれば、送金手数料だけで「1万2000円」
1000万円送金すれば「120万円」も送金手数料がかかってきます。
この問題は送金する通貨をビットコインに変えるだけで解決します。

またアフリカでは「銀行口座」そのものを作るにも、開設料金・維持費・手数料と私たち日本とは桁違いに高い料金が掛かり、さらには銀行そのものの数が少なく、ATMなどの「口座を使用する環境」自体も整っておりません。これはアフリカで銀行を維持することがそれだけリスクが高いという事の表れなのでしょうが、これでは一般市民、とりわけ貧しい人は「銀行口座」すら持てず、不便な生活のままビジネスチャンスにも掴みとれないという「貧しさからの脱却」がより難しくなってしまいます。
しかし、ビットコインの様に銀行口座すら必要とせず、自由にお金の取引ができる通貨であれば、アフリカ全土の人々の生活の質が一気に向上することは想像に難しくないと思います。

フィンテック×アフリカが面白い理由

アフリカのフィンテック革命が面白いのは「突如フィンテック革命」が起きた事です。
例えば日本の場合、便利なものがない状態から、電気や水道などのライフラインができ、道路や電車が通り、高層ビルを作り、携帯電話を持ち出して、インターネットが広まり、スマホを持ち出してようやく、フィンテック技術に触れています。しかし、アフリカではその様な「段階的な生活の向上」をすっ飛ばしていきなり「フィンテック革命」です。
これは日本やアメリカでは絶対に見られない非常に面白い現象が今アフリカで起きています。今後アフリカでは、日本では誕生しない様な革新的なサービスが生まれる可能性もあります。

身分証を持たない人々

アフリカのフィンテック市場で期待されていることが「身分証」としての役割です。アフリカでは免許証などの身分証などを管理するインフラが整っておらず、自分を証明する手段がない人々が大半だと言われています。こうした身分証の証明として活躍できるのが「イーサリアム」などの証明書として使用できる仮想通貨です。
現在、アフリカのインターネット普及率は 30%と低いですが、それでも数千億円のお金が動き、オンライン人口は 3億人を超えている状態です。アフリカの全ての人々がネットに繋がった時、ネット上で身分証を作り、ネット上で銀行口座を持った時、想像もできないほどの巨大な市場がそこに誕生するでしょう。今もアフリカでは、オンライン人口が爆発的に増え続けている状態です。

格安スマホ×アフリカの13億人

現在のアフリカ全土の人口は「13億人」ほどで「10億人」がこれからインターネットに繋がってきます。この残りの10億人を求めて「格安スマホ」を製品化して各携帯会社もアフリカへ乗り込んで行っています。アフリカで販売されているスマートフォンで最も安い機種は1ドル以下で販売されているものもあり、恐ろしいスピードで普及し続けています。
アフリカでは格安のスマートフォンが主なオンラインの手段で、ほとんどの人々にスマホが行き渡り、13億人が一斉にネットを使い出した時、中国、インドを超えたフィンテック市場になることは間違い無いでしょう。アフリカのフィンテック革命は未だ始まったばかりです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

ユニセフ、仮想通貨マイニングでシリア難民を支援

ユニセフ、仮想通貨マイニングでシリア難民を支援

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

GMOがビットコインのマイニングでいくら儲かるのか計算してみた

GMOがビットコインのマイニングでいくら儲かるのか計算してみた

ビットコイン投資で大損した芸能人の今…

ビットコイン投資で大損した芸能人の今…

ビットコイン暴落予測「インサイダー取引が行われるかもしれない」

ビットコイン暴落予測「インサイダー取引が行われるかもしれない」

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

新経済連盟:仮想通貨・ブロックチェーンの「規制明確化」求める|金融大臣に要望提出

新経済連盟:仮想通貨・ブロックチェーンの「規制明確化」求める|金融大臣に要望提出

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

仮想通貨取引所GMOコイン「現金2,000円が当たる」アプリデビューキャンペーン開催

仮想通貨取引所GMOコイン「現金2,000円が当たる」アプリデビューキャンペーン開催

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す