Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

by BITTIMES   

仮想通貨(暗号資産)の取引で"最大100倍のレバレッジ"をかけることができるデリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」が近年急速に注目を集めています。この記事では、世界中の個人投資家からプロトレーダーにまで利用されている日本語対応の取引プラットフォーム「Bybit」の基本情報や特徴、登録方法までを初心者にもわかりやすく解説します。

こちらから読む:世界最大のBTCトレードバトル開催「Bybit」関連ニュース

Bybit(バイビット)とは?

Bybit-logo

Bybit(バイビット)とは、2018年3月に設立されイギリス領バージン諸島で登録された"最大100倍のレバレッジ"で仮想通貨取引を行うことができるデリバティブ取引プラットフォームです。シンガポールに本社を構える同社は香港と台湾にもオフィスを構えており、北米・ヨーロッパ・ロシア・日本・韓国・東南アジアを含む世界中のトレーダーに利用されています。

個人投資家からプロトレーダーまでの全てのユーザーに良質なサービスを提供することに焦点を当てている同社は、24時間365日対応の多言語オンラインカスタマーサービスを提供しており、公正かつ透明で効率的な取引環境の構築に取り組んでいます。

優れた仮想通貨取引環境を提供している同社はサービス開始以降急速に取引量を増加させてきており、2019年10月26日には24時間の取引高が47億ドル(約5,100億円)を突破しています。

BTC・ETH・XRPなど「合計4種類の無期限契約」を提供

Bybitのプラットフォームでは2019年11月現在で、
・BTC/USD
・ETH/USD
・XRP/USD
・EOS/USD
の無期限契約を提供しています。また、将来的にはライトコイン(LTC)の取り扱いも予定されています。

レバレッジ倍率と各種手数料「入出金手数料は無料」

Bybitの「レバレッジ倍率」と「メイカー/テイカー手数料」は以下の通りです。なお、Bybitは"入出金手数料無料"となっているため、BTC・ETHの出金を行う場合には"マイニング手数料のみ"で出金を行うことができます。マイニング手数料は、その時点でのブロックチェーンの平均手数料によって異なります。

契約レバレッジメイカー手数料テイカー手数料
BTC/USD100X-0.0250%0.0750%
ETH/USD50X-0.0250%0.0750%
EOS/USD50X-0.0250%0.0750%
XRP/USD50X-0.0250%0.0750%

コールドウォレットで顧客資産の安全確保

同社のプラットフォームは、ユーザーとプラットフォーム両方の全てのデジタル資産をコールドウォレットシステムで保存しており、ユーザーに割り当てられているそれぞれのデポジットアドレスもコールドウォレットアドレスとなっています。

また、デジタル資産の入出金はオフラインでの署名によって行われるほか、出金時の検証作業ではセキュリティを保護するために「すべてのブロックチェーンの入金記録・トランザクション記録・個人のアカウント残高・プラットフォームのアカウント残高」の確認が行われているため、より安全に資産を保管することができるようになっています。

多言語・24時間365日対応のライブチャットサポート

Bybitは、ユーザーからの質問やトラブルを即座に解決するために「24時間365日対応の多言語カスタマーサポートチームが提供する年中無休のライブチャット」を提供しています。

一般的な海外の仮想通貨取引所などでは、サポートチームが日本語に対応していないことによって、些細な問題が発生した場合でも多大な労力を必要とする場合がありますが、Bybitでは母国語で即座にサポートチームと連絡を取ることができるため、安心してサービスを利用することができます。

Bybit(バイビット)の特徴

「高度な注文システム」と「高速なマッチングエンジン」

Bybitの取引画面Bybitの取引画面

Bybitは、注文確認ウィンドウからワンクリックて利確/損切を設定することができるだけでなく、複数の注文タイプと有効期間を選択することができる高度な注文システムを採用しています。

また同社のプラットフォームは「1契約あたり100,000TPS」つまり、業界平均の10〜20倍の速度に達する高速なマッチングエンジンを搭載しているため、煩わしさを感じることなくスムーズに取引を行うことができるようになっています。

サーバーのダウンタイムなし

Bybitは「grey release」および「hot patches」と呼ばれる機能を搭載しているため、システムメンテナンスやアップグレードを実施する期間中も安心してサービスを利用することができます。

公式サイトによると、システムの機能と可用性は「最大99.99%」だとされており、システムエラーが原因でアカウント及び取引データが失われることがないことを約束するだけでなく「そのようなエラーが発生した場合の全コストを負担することを保証する」とも説明されています。

ユーザーの意見を尊重し「便利な機能」を続々追加

Bybitは、可能な限り最高の取引体験を提供し、より速く、より公平で、より人間的な取引環境を構築するために、ユーザーからの意見を重視しながら常に改善を行いつつ、便利な機能を追加し続けています。

これらの機能には「より利便性の高い取引を実現するための機能」だけでなく、「ユーザーの資産を保護し、大きな損失を防ぐための機能」なども含まれており、市場操作などの行為に対処するための施策なども施されています。

iOS・Android対応の「スマホ向けアプリ」も提供

Bybitは、2019年11月15日に待ち望まれていた「スマートフォン向けアプリ」をリリースしました。Bybitのアプリは「iOS」と「Android」の両方で利用できるようになっており、Bybitの公式サイトからダウンロードすることができます。

>>「Bybitのスマホ向けアプリ」ダウンロードページはこちら

最大賞金100BTC「トレードバトル」なども開催

Bybit-Games

Bybitは「Bybit Games」と呼ばれるイベントも開催しており、2019年11月28日〜2019年12月13日の期間では世界中のトレーダーが仮想通貨取引の"損益率"で競い合い、勝者が賞金を獲得することができるBCTトレードバトル「BTC Brawl」を開催しています。

このトレードバトルでは「チーム賞金」と「個人賞」が用意されており、最も多い賞金では日本円で約1億円に相当する100BTCの賞金が準備されています。

BTCトレードバトルの詳細は以下の記事で詳しく説明しているので、参加を希望する方はそちらをご覧ください。

Bybit(バイビット)の登録方法

Bybit(バイビット)の登録は「Eメールアドレス」または「携帯電話番号」のみで簡単に行うことができます。

1.「登録ページ」に移動したら、初めに「利用規約」と「プライバシーポリシー」を確認しましょう。これらに同意できた方は「Eメールアドレス」または「携帯電話番号」と「パスワード」を入力して「登録」ボタンをクリックしましょう。以下の画像では"メールアドレス"で登録を行なっています。
※ここで登録する「Eメールアドレス・携帯電話番号・パスワード」はログインする際に必要となる重要なものとなります。第三者に見られることのないよう慎重に記録・保管しましょう。

1.「Eメールアドレス」または「携帯電話番号」と「パスワード」を入力して「登録」ボタンをクリック1.「Eメールアドレス」または「携帯電話番号」と「パスワード」を入力して「登録」ボタンをクリック

2.「登録」ボタンをクリックすると、入力した「Eメールアドレス」または「携帯電話番号」宛に「認証コード」が送られるため、そちらを確認して画面に表示されている欄に記入し、「登録完了」ボタンをクリックします。

2.受け取った「認証コード」を入力して「登録完了」ボタンをクリック2.受け取った「認証コード」を入力して「登録完了」ボタンをクリック

3.以下の画面が表示されると登録は完了となります。

3.この画面が表示されると登録完了です3.この画面が表示されると登録完了です

Bybit(バイビット)の公式リンク

公式サイト
Facebook
Twitter(英語)
Twitter(日本語)
Telegram(日本語)

仮想通貨取引所Bybitの画像 仮想通貨取引所Bybitの登録ページはこちら


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月31日〜4月6日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月31日〜4月6日

暗号化技術は未来の基本「デジタル社会」には必要不可欠:Circle CEO

暗号化技術は未来の基本「デジタル社会」には必要不可欠:Circle CEO

LINE:日本向け仮想通貨取引所「BITMAX」に関する報道にコメント

LINE:日本向け仮想通貨取引所「BITMAX」に関する報道にコメント

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

ブロックチェーン・ファンタジーサッカーゲーム「Sorare」提携チームが合計30に到達

ブロックチェーン・ファンタジーサッカーゲーム「Sorare」提携チームが合計30に到達

世界最大の決済端末プロバイダ:POSデバイスに「仮想通貨払いオプション」を追加

世界最大の決済端末プロバイダ:POSデバイスに「仮想通貨払いオプション」を追加

東京都:キャッシュレス・SDGs推進に向け「東京ユアコイン」を試験導入

東京都:キャッシュレス・SDGs推進に向け「東京ユアコイン」を試験導入

NEM Ventures:決済プロバイダー「Cyclebit」に投資|カタパルト実装をサポート

NEM Ventures:決済プロバイダー「Cyclebit」に投資|カタパルト実装をサポート

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

下落続きのXRP価格「15円台突入」の可能性も

下落続きのXRP価格「15円台突入」の可能性も

XRPが使える音楽コンテンツ配信サービス「Xsong」ベータ版公開へ

XRPが使える音楽コンテンツ配信サービス「Xsong」ベータ版公開へ

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

Bybit Games:世界最大級のトレードバトル「BTC Brawl」開催へ【最大賞金1億円】

Bybit Games:世界最大級のトレードバトル「BTC Brawl」開催へ【最大賞金1億円】

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

LINEが「ブロックチェーンプラットフォーム」を発表|新たなサービスの開発基盤を提供

LINEが「ブロックチェーンプラットフォーム」を発表|新たなサービスの開発基盤を提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す