Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

by BITTIMES

お客様第一主義をモットーに「最大100倍の仮想通貨レバレッジ取引サービス」を提供している仮想通貨取引所Bybit(バイビット)は、毎年開催されている「Bybit Gamesトレーディングコンペ」開催にあたり、国際的な非営利団体「Save the Children(セーブ・ザ・チルドレン)」と提携しました。

こちらから読む:Save the Childrenと提携した「Bybit」とは?

国際的な慈善団体に「1〜5BTC」を寄付

Bybit(バイビット)が今年開催するBTCトレードバトル「BTC Brawl」では、トレーダーが最大100BTC(約8,700万円相当)の賞金シェアに向けて競い合います。大会登録は2019年11月18日に開始されており、大会自体は「2019年11月28日〜2019年12月13日」まで開催されています。

Bybitは今回のBTC Brawl開催にあたり、世界規模での慈善活動を行っている団体非営利「Save the Children(セーブ・ザ・チルドレン)」に対して、賞金プールの5%にあたる1〜5BTCの寄付を行うことを決定しています。

セーブ・ザ・チルドレンのSocial&Digital InnovationのシニアアドバイザーであるEttore Rossetti氏は「Bybitとの提携」について興奮混じりに次のように語っています。

セーブ・ザ・チルドレンを支援して下さる「Bybit」および「Bybitの顧客」に感謝します。クリプトフィランソロピー(仮想通貨慈善活動)は、エキサイティングな寄付の形を実現した新たなフロンティアです。世界で最も疎外された子供たちに手を差し伸べたいという私たちの野心に対する力強いサポートとなります。

「顧客第一主義」を掲げるBybit

Bybitの理念は「顧客をそのすべての中心に置くこと」です。
Bybitのチームは「セーブ・ザ・チルドレンのような組織が、世界中のトレーディングや仮想通貨に関係する人達から恩恵を得られるように支援すべきだ」と考えています。

BybitのCEO兼共同創業者であるBen Zhou氏は、仮想通貨と取引所に存在する問題を鋭く認識しており、この不均衡を修正するためにBybitを立ち上げ、トレーダー(Bybitの顧客)をすべての中心に据えることを決定しました。

Ben Zhou氏は「セーブ・ザ・チルドレン」と協力することによって、取引所及び仮想通貨関連の他のビジネスが定期的に慈善団体と協力し合えるようにすることを望んでいます。

Ben Zhou氏はこの度の提携を受け、次のように語っています。

私たちは「Bybit Games」を一連の定期的なイベントにするために取り組んでいます。セーブ・ザ・チルドレンとの今回の合意により、今後もさらに協力を強化していくことができるでしょう。

ビジネスでは、すべての物事と同様に"常に何かを返すこと"が重要です。セーブ・ザ・チルドレンは世界中で重要な仕事に携わっており、サポートを支援するために私たちができることはすべて重要なことです。そして、Bybitのお客様は我々のその活動を理解してくれると信じています。

BTCトレードバトル「BTC Brawl」について

現在開催中のBTCトレードバトル「BTC Brawl」には、これまでに7,000人以上のトレーダーが参加することを表明しており、最大100BTCの賞金をかけて競い合っています。

2019年初頭に開催された韓国のコンペティションでは1,636人のトレーダーが参加し、盛況のうちに幕を閉じました。

現在開催中の「BTC Brawl」では、賞金プールのほかに複数のボーナスも用意されており、テイカー手数料が20%割り引かれることに加え、参加することで50ドル(約5,500円)のボーナスが付与されます。

セーブ・ザ・チルドレンについて

Save the Children(セーブ・ザ・チルドレン)は、今から100年前である「第一次世界大戦後の1919年」に設立されました。セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもにとって、生きる・育つ・守られる・参加する「子どもの権利」が実現されている世界を目指しており、世界中の120か国で「子どもたちに健康的な生活のスタート・学習の機会・危害からの保護」を与えています。

セーブ・ザ・チルドレンは、世界中で、子どもたちとの向き合い方に画期的な変化を起こし、子どもたちの生活に迅速かつ永続的な変化をもたらします。2018年度には、すべての支出の87%がプログラムサービスに費やされました。

仮想通貨取引所Bybitの画像 仮想通貨取引所Bybitの登録ページはこちら


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

BITMAX:1,000円相当の仮想通貨XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催

BITMAX:1,000円相当の仮想通貨XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

海老養殖・生産業者:ブロックチェーンで「トレーサビリティ」向上へ

海老養殖・生産業者:ブロックチェーンで「トレーサビリティ」向上へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

UAE最古の民間銀行:ブロックチェーン技術で「セキュリティ」強化

UAE最古の民間銀行:ブロックチェーン技術で「セキュリティ」強化

VALU:ビットコインの「出金期限」を延長|利用者は早めに手続きを

VALU:ビットコインの「出金期限」を延長|利用者は早めに手続きを

コインチェック:大口OTC取引サービス「対応仮想通貨」を拡大

コインチェック:大口OTC取引サービス「対応仮想通貨」を拡大

グローバルなステーブルコイン「リスク評価が重要」だと強調:G20共同声明

グローバルなステーブルコイン「リスク評価が重要」だと強調:G20共同声明

道路情報共有者への「IOTA/MIOTA報酬」提供を計画:ジャガーランドローバー

道路情報共有者への「IOTA/MIOTA報酬」提供を計画:ジャガーランドローバー

「Binance Cloud」近日公開か:仮想通貨取引所バイナンス

「Binance Cloud」近日公開か:仮想通貨取引所バイナンス

BINANCE CEO:マルタでの無許可運営報道には「誤解がある」と説明

BINANCE CEO:マルタでの無許可運営報道には「誤解がある」と説明

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

ブロックチェーンゲーム「ブレヒロ」専用アプリ公開【先着1万人にETHプレゼント】

ブロックチェーンゲーム「ブレヒロ」専用アプリ公開【先着1万人にETHプレゼント】

JASRAC:ブロックチェーン上で「音楽作品の情報管理」実証実験を実施

JASRAC:ブロックチェーン上で「音楽作品の情報管理」実証実験を実施

【Zaif】ハードフォークで生じたBSV「日本円」で対象者に付与

【Zaif】ハードフォークで生じたBSV「日本円」で対象者に付与

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す