Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

by BITTIMES

Google(グーグル)の親会社であるAlphabet(アルファベット)社は、第三者が取引を投稿して確認するために使用することができる独自のブロックチェーンを開発していることが明らかになりました。

製品のリリース時期は不明ですが、同社はクラウドサービスとライバルの差別化を図る予定であり、他の企業が自社サーバー上で動作できるホワイトラベルのバージョンも提供するとされています。

Diane Greene氏|広報担当者

Googleの広報担当者は、Diane Greene(ダイアン・グリーン)氏が率いるクラウドビジネス部門の数名が、ここ数ヶ月間でブロックチェーンの使用を検討しているとBloombergに語っています。

「多くの新技術と同様に、ブロックチェーンの潜在的な用途を模索している様々なチームの個人もいますが、可能性のある用途や計画について推測するのは早すぎる。」

Googleの内部関係者は、最近のクラウドビジネスはブロックチェーン関連のサービスのための自然な場所であると語っています。彼らは、まだこの話題を発表する準備ができていないため、話題を特定できないように頼んだとのことです。

Sridhar Ramaswamy氏|広告責任者

Googleの広告責任者であるSridhar Ramaswamy(シュリダール・ラマスワミ)氏は、次のようにコメントしています。

「これは研究の話題なので私は何も言えません。我々の部門にはブロックチェーンを見ている"小さなチーム"がいますが、既存のコア技術は多くのトランザクションを迅速に処理できません。」

Googleと関連会社の投資先

各メディアで報道されている内容によると「Googleは、昨年のブロックチェーンのベンチャー企業にとって最大の投資家の1人であり、大手IT企業が分散型台帳技術(DLT)を扱うスタートアップに引き続き投資しており、多くのパートナーシップはまだ発表されていない」とのことです。

Bloombergは、Googleの持株会社であるAlphabet(アルファベット)社は、ベンチャーテクノロジーに追いつきたいと考えており、才能を募集するために市場でベンチャー企業を後押しして小規模な買収を行うと報じています。また「CB Insights」は2017年に、Alphabet社の運営するベンチャーキャピタル会社であるGVが、次のような企業に投資していることも明らかにしているとのことです。

  • Blockchain Luxembourg(ウォレットサービス)
  • Ripple(金融取引ネットワーク)
  • LedgerX(暗号資産管理プラットフォーム)
  • Veem(国際決済プロバイダー)
  • Buttercoin(現在廃止されている)

Googleとブロックチェーン

2016年にGoogleは、クラウド上のブロックチェーンサービスをテストする開発者のための試験を開始しました。現在はこの技術を展開するためのより広範な方法を模索しているとのことです。

ブロックチェーンのような分散型台帳や仮想通貨は、数千台のコンピュータによってインターネット経由で定期的に更新されるデータベースです。 これらのコンピュータは、公的なネットワークの一部であるか、個人的によって企業などで運営されています。

この技術はGoogleに新たな挑戦のチャンスをもたらします。分散型台帳技術により単一の企業が情報を集中的に保持するリスクを排除できます。
世界で最も大きな情報を所有する企業の1つであるGoogleは、インターネットのパイオニアであり、新しいオープンなWeb標準を採用した長い経験を持っています。

10年以上前にGoogleで初期のモバイルプロジェクトに取り組んだ最初の投資家であるElad Gil氏は次のように語っています。

「このようなパラダイムシフトが起こると、新しい大手企業が登場する機会が増えるだけでなく、新しいアプローチを採用しようとしている現職者もいる」

GoogleはHypergerコンソーシアムの技術を検討していましたが、数百万回のトランザクションに対応できる拡張が容易な別のタイプを選択する可能性もあるとされています。

また、Googleと競争する新しいオンラインサービスは分散型アプローチをサポートし始めています。

現在の大手企業とベンチャー企業

IT企業の中でも、IBMとMicrosoft(マイクロソフト)はこれまでにもブロックチェーン関連ツールを提供し、企業がクラウドサービスを利用してデジタル元帳を手直しすることを担当してきました。

WinterGreen Researchによると、ブロックチェーン製品とサービスの市場は、昨年の7億1,600万ドル(約750億円)から、2024年には600億ドル(約6兆3,000億円)以上に増加する可能性があるとのことです。

Amazonは企業がブロックチェーンアプリケーションを構築するのをサポートしており、FacebookのMark Zuckerberg氏は、「暗号化通信」や「暗号化」の他にも「分散コンピューティングアプローチ」なども検討しています。

その一方では、多くのベンチャー企業がブロックチェーンを使用してGoogleのオンラインでの優位性に挑戦しようとしています。

「Brave(ブレイブ)」というウェブブラウザは、ターゲットを絞った広告を掲載する代わりにブロックチェーン技術を使用して、人々がウェブサイトで時間を過ごす時に支払うシステムを採用することで、Googleの「Chrome(クローム)」と競合しています。

「BitClave」を使用すると、ユーザーはオンラインで検索を実行し広告を見て報酬を得ることができます。

「Presearch」のホワイトペーパーからは、ブロックチェーンを使ってGoogleの検索エンジンと競合しようとしていることが伺えます。

GGV CapitalのマネージングパートナーであるJeff Richards(ジェフ・リチャーズ)氏は次のようにコメントしています。

「信じられないほどの研究開発費がそれに入ってくるのを見ています。誰もがインターネットやモバイルから待っている余裕がないことを学んだのです。」

(引用元:Bloomberg

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月24日〜30日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月24日〜30日

中国の政府機関がブロックチェーンプロジェクトを格付け

中国の政府機関がブロックチェーンプロジェクトを格付け

仮想通貨取引にLINE参入「LINE Financial」設立

仮想通貨取引にLINE参入「LINE Financial」設立

Googleが仮想通貨やICOなどの広告を規制することを発表

Googleが仮想通貨やICOなどの広告を規制することを発表

仮想通貨経済学を学べるオンラインコースを開始|ロンドン研究大学

仮想通貨経済学を学べるオンラインコースを開始|ロンドン研究大学

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

仮想通貨Pundi X(NPXS)がBinanceの人気投票で優勝!21日から取引開始

仮想通貨Pundi X(NPXS)がBinanceの人気投票で優勝!21日から取引開始

Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

仮想通貨取引のGMOコイン「千葉ロッテマリーンズ」のオフィシャルスポンサーに就任

仮想通貨取引のGMOコイン「千葉ロッテマリーンズ」のオフィシャルスポンサーに就任

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

企業のブロックチェーン実装をサポート|富士通(FUJITSU)

企業のブロックチェーン実装をサポート|富士通(FUJITSU)

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す